徳島で働き始めました。


by lulucchi
先制されるも佐藤のシュートで追い付き1-1の引き分け。よく戦ったと思います。

2か月前柏で大敗を喫したときに、スタジアムから駅へと戻る途上で「若さ爆発 工藤だ茨田だ」という号外をもらってかなり凹んだのですが、今だったら胸を張って言えますよ。
「うちのチームにも佐藤や柿谷や輪湖といった若さ爆発の選手がいますよ」って。

ところで、後半戦の日程が発表になりましたね。
個人的には、今の6時半っていう開始時間、とっても気に行っていたのですけれども…
帰りの時間にも余裕があるし、アウェイサポにも優しい。少し足を延ばせば、徳島に戻って次の日観光することもできる。今季の日程だと有給がいるかもだけれども…。
逆の立場から言えば、アウェイに行くことってけっこう冒険だと思うのですよ。相手のチームを地名という言葉で測るだけではなくって、風土だったり名所だったりそういったものと共に受け止める。行って、サッカー見て、帰るだけも楽しいけれども、プラス何か一つあるだけで、よりその遠征が実り多いものになるような気がします。そういったところも、配慮していただけるとすごくいいかもしれませんが…。

もちろん、放映時間とかそういった都合もあるのでしょうが、若い選手の成長、ベテラン選手の沈着さ、ゲームの興奮、そういったものはもちろんテレビで見られるけれども、でもスタジアムで見る生の息づかいにはかなわないようにも思うのですよね。

今回の日程を見て、いろんな人がより見やすく楽しめる時間でサッカーができると、とてもいいなぁと思いましたね。最終戦は何があっても行かないといけない成績になっていてほしいなぁ。
[PR]
# by lulucchi | 2010-08-03 21:50 | ヴォルティス

Jプレミア化を考える。

チェアマンが変わって、最近話題に上ったのがJリーグにプレミアリーグを作るという構想。
正直この記事、こんなのしたいなぁ…という感じをそのまま記事にしちゃったっていう感じですが…。

ただ、個人的には意外にもそういうのはありかも、と思ってしまったりもします。
でも、この記事のままでは間違いなくダメ。
いろんな格差があるのは仕方ないけれども、機会の均等だけは守るべきだと思うのです。それが多様なチーム作りと戦術の多彩さを生み出していくと思ったり。

イングランドのプレミアはチームの利害が協会を飛び越してああいった構造を作り出しました。
もし、協会主導でやるのなら、目先の視聴率ではなく将来の日本代表の強化も見越して考えるべきだと思うのです。

もし、プレミアリーグを作るのであれば、次のような条件があるとよいと思います。
リーグ設定は14~16チームくらいで…。
1.外国人枠の撤廃…色々な国の選手を見ることができるようにします。でも、出場枠は必要。3~5人くらいなのかなぁ?
2.ユース出身、あるいは若手選手の一定数の雇用…若年層の強化に努めます。できれば、出場枠もつくってみたり。
3.あくまでもリーグ参加の認定基準は成績。年俸総量の格差はあるけれども、それがすべてにならないリーグづくりを。
4.入れ替え戦の増加、16チームなら13~14位が入れ替え戦で15・16位が降格とか。11~14位で上位チームホームのプレーオフとかも楽しそう。ヒトゴトならね…。

下部リーグは既存の設定を利用します。それから、ナビスコとかのようなカップ戦でどんどん下部リーグと上部リーグが当たるチャレンジマッチを組んで行けば。

こんなリーグ改革なら、いいなぁと思ったりします。
[PR]
# by lulucchi | 2010-07-30 20:32 | サッカー

柏に勝ちたいな。

先にお仕事の連絡だけ。
今週末の営業予定ですが、金曜・土曜日は19時前から営業します。岡山札幌とか鹿島神戸or横浜名古屋とか見るつもり。日曜日は22時30分から営業します。ポカスタから戻ってきて、そのまま頑張ります。
ホームページを作ったので、よかったら見てくださいね。


さて、日曜日はいよいよ柏戦。日立台ではヒドイ目にあったので、ここは何とか借りを返したいところです…。
ヴェルディとの戦いを見て思ったのは、もっと緩急がほしいなぁと感じたり。守備を考える、あるいは攻撃にシフトする…といった考え方はあったりもするけれども、この時間帯に注力するといった部分があまり見受けられなかったような気がしました。あるいはそういう時間帯があっても、そこでミスが出てしまったり。

それはヴェルディにも言えることで…開幕当初の不振は影をひそめて、とてもクレバーなチームに変貌していたのにはびっくりしたのだけれども(川勝監督がこんなチームを作ってくるとは!)、でも、あと一歩が足りなかったり。平本のシュートなんて、とてもおしかったけど…。

たとえばこの時間帯はパワープレーをする、とか、もっと押し上げる、とか。強いチームはそういう時間帯の集中力がすごくしっかりしていて、普段はほどほどで相手のほころびを探しつつ、行けると見るや集団で一気にいく、そういう変化が素晴らしいなぁと思ったり。そうでないと90分持たないしね…。この前柏と戦った時は、若い編成だからなのかそういう駆け引きをせずガンガン攻めてこられて、ヴォルティスが対応しきれなかったような、そんなイメージもありました。厳しい戦いかも。

とはいえ、チャンスとなる部分もあります。1日の試合では柏の守護神・菅野が警告で出場できず。06年ごろからあまり相性の良いGKでなかっただけに、ここには突破口となる望みがあるように思います。前節初出場の桐畑か、ロアッソから来た稲田か…キーパーは重要なポジションでしょうから、ゆさぶりをかけていきたいものです。

大事なのは格上だからと委縮せずに落ち着いて戦うこと。ここまで無敗のレイソルに、是非土をつけたいですね。
[PR]
# by lulucchi | 2010-07-29 20:49 | ヴォルティス
2-1。理想的な展開には持ち込めなかったけれど、きっちり勝利はもぎ取りました。

考えてみれば苦しい試合ではありました。先制を許したりサイドで押し込まれる展開。逆転の立役者を故障で欠き予期せぬ選手交代を強いられたりPKを決めきれなかったり。いわゆる「強い勝ち方」というものではありませんでした。

それでも事なきを得たのは(相手の決定力にも助けられた部分もあるのだけれど)意志の統一ができていたのと、カウンターから前線への飛び出しという約束事が徹底できていたことではないか、と思ったりもします。
津田・佐藤・羽地の3人ともそのタスクをこなしていました。結果には結びつかないこともあったけれども、それが相手の攻勢をくじく一因にもなっていたように感じます。

大抵ヴォルティスが勝つときというのは、勝つべくして勝ったり負けるべくして負けたり…ということが多かったのですが、鳥栖戦ではそういった因子をもたなくてもしのぎ切れる、そういう精神的なタフさを随所に感じたり。千葉が負けたこともあって3位との勝ち点差は5。当面ヴェルディや柏、甲府と難敵が続きます。中でも甲府や柏はアウェイで悔しい敗戦をした相手。きっちりホームでお返しをする必要があります。今日の勝利はそのための入場券。これからの試合が楽しみになってきました。
[PR]
# by lulucchi | 2010-07-21 00:18 | ヴォルティス

、いよいよ鳥栖戦。

いよいよ鳥栖戦!長い中断期間の後で、待ちに待った気分です。楽しみですね。
今日はポカスタでヴォルティスを応援して、勝利して、そのあと超特急で秋田町まで戻ってきて10時からお店をする予定。今てんやわんやしてます。
中断期間の練習の成果や新戦力…どんなヴォルティスになるのか、なんか遠足前みたいな気分です…。

それはそうと昨日はガンバvsレッズと、そのあとジェフvsコンサの後半をTVで見ていたのですが、どちらもいろいろと考えさせられる試合でした。どちらの試合も今の状況を考えて、どんな選択をするのか、そういったことが最後まで徹底できるかが勝敗を分けたような気もします。その差は紙一重でもありましたが。

ガンバとレッズの試合では遠藤のプレーが印象的でした。土壇場で追い付かれてもあきらめず、最後のワンプレーであれができるメンタリティと技術って素晴らしいな…と思ったり。すごい試合でした。一方でジェフとコンサでは最後に集中が切れてしまった差が出たような感じ。3‐0の差はなかったように思うけれど…。こんな報道が出たりすることは、それが本当ならやっぱり残念なことだったりするのです。チームのために頑張った選手は大事にしてほしいもの。そういう些細なことが勝敗のモメンタムを決定づけたりすることってあると思うのですよ…。

意欲と言えば、ヴォルティスは今10位だけれども…この試合に勝てば3位との勝ち点差はわずか5.これって大きいことだと思うのです。後半戦を闘う上で昇格も狙える位置で闘うのとそうでないのとでは大きな違い。選手にとってもサポにとっても、得られる経験値は大幅に違うように思うのです。勝てば流れが変わる。今日の試合は後半戦の趨勢を占う、ビッグゲームになるような気がします。
だからこそ今日は大胆かつ細心に闘ってほしい。悔いなく応援して盛り上げたい。少しでも上を向いて戦えるように、力になれるよう後押ししたいと思っています。
[PR]
# by lulucchi | 2010-07-19 12:33 | ヴォルティス
最近ケーブルで海外ドラマを見ることが多くあるのですが、その中でも気に入っている番組に「ヘルズ・キッチン2」という番組があります。
優勝者はラスベガスのレストランのオーナーシェフになれる、その権利を目指して12人の料理人が毎週サバイバルを繰り広げる…という番組なのですが。
料理人なので当然料理を作る能力も求められますが、味だけではなくてスピードだったり、他の料理人とのコミュニケーションだったり、統率力も求められたりします。調子が悪いと司会者でもあり三ツ星シェフでもあるラムゼイさんがぶち切れ。ハラハラします。

で、その番組がいよいよ最終回を迎えるのですが…
一人は実力があってコツコツやってきたシェフ:ヘザー。もう一人は実力は少し劣るんだけれど感性に優れたシェフ・ヴァージニア。2人がこれまで敗退してきた料理人を使って最終決戦に挑みます。

ところが…前回の放送ではヴァージニアが大ポカ。実力に劣ると思われる料理人(その代わりに自分に反感は持っていない)を選んだのはともかく、それを彼らの前で行ってしまった。リアリティショーとはいえ、士気が落ちる瞬間を見てしまいました。言葉って大事だね。結局自分に帰ってくるから。

一方のヘザーは自分が信頼のおける料理人を選び、そこを中心にチームを作る作戦。好感が持てます。
もうすぐ最終回、始まるんだけれど、とっても楽しみです。
[PR]
# by lulucchi | 2010-07-16 22:56 | 雑記
いよいよ今週末からJ2リーグ戦が再開。楽しみです。
お店、いつも8時からしてるんですが来週の月曜日は10時からにしようと思います。
見に行きたいので…。


今日は時間もあるので、勝手に後半戦を楽しむためのポイントを列挙してみようと思います。
適当ですけど…。

1.前線のFWは一体誰が務めるのか/ドゥグラスの実力はどうなのか
 新外国人を楽しみに日曜日はTSVに行ったのですが、姿を見ることはできませんでした…。
もう試されたらしいという話も。いまだヴェールに包まれる実力はどんなものなのでしょうか。
また、チームとのフィットという点も気になります。
一般にブラジルの選手、暑い時期の方が力を発揮することが多いと聞いたりしますが…。
一方で誰がスタメンになるのか、という点も気になります。
練習試合での羽地・米田の前半早々、たたみかける攻撃は迫力あるものがありました。
一方で絶好の決定機になかなか決めきれないことも…。決めればいろいろ楽になったのになぁ。
後半もドンソプや岡のシュートなど、若手FWが積極的に攻撃参加していました。
今の戦術にあった選手をどう組み合わせていくのか、楽しみです。

2.中盤の組み合わせはどうなるのか/青山の穴をどう埋めるのか
 青山選手が疲労骨折。復帰までの時期が心配です。
ヴォルティスが好調だった時期の中盤の底を締めていた選手だけに、離脱は痛いものがあります。
それと同様に、迷走してから中盤の4枚を固定できなかったのも前半の誤算だったと言えます。
修正策として倉貫をボランチのポジションに入れるのか、攻撃的に六車・濱田の2枚でいくのか。
米田・濱田でバランスをとったり、挽地の登用もあります。
一方で攻撃面はどうするのか。柿谷と倉貫でいくのか、アタッカーの徳重や麦田、あるいは中盤を支配するために島田を入れるのか。

3.前半苦しんだ選手の復調はあるか/島田・上野・羽地の巻き返しを期待する
 チームの中心として獲得しながらここまで定位置を奪取するまでに至っていない島田選手。
ボールの変更などもあるのかもしれませんが、前半戦は惜しいシーンが続きました。
それでも前半最後の熊本戦のゴールなど、目の覚めるような素晴らしいプレーも随所に見せてくれました。
同様に怪我などで前半レギュラーを奪うに至らなかった上野、ここまであまり出場機会に恵まれなかった羽地の両選手もスタメンを奪回することができるのか、彼らが出ることでヴォルティスはさらに一段上のレベルで競うことができるような気がします。

4.生え抜き選手の躍進はあるか/若手の台頭はあるのか
 練習試合を見に行ったときに感じたのが若手選手が後の本数で出てくること。かつてはスクランブル態勢になってしまい全員出られるような状況もありましたが、今は層が厚いこともあって、なかなか生え抜きの若手選手には出場の機会がありません。特に守備の選手にはそういったことも多く…。何とか機会を作って出場を果たし、レギュラー選手の牙城を脅かしてほしいです。同様に平島・三田と中堅選手で安定しているSBラインにも輪湖・橋内・安藤らのチャレンジを期待しています。

5.後半戦をどのように闘うのか/昇格を目指すための体力をどのようにつけるのか
前半戦を終わって8位。もっとやれたはず、という思いとまだ上位からそれほど離されてはいない、という思いの両方が交錯する結果となりました。4連勝した時は、今年はいけるかも、と思ったんだけど…。
とはいえ、いろいろな点で昇格する体力が付いていないのも事実。選手層もそうだし、観客動員や運営でも、J1を目指すために必要なものは多くあるように思います。とはいえ、昇格を目指さないのもつまらない話。
選手は成長するとともに成熟していきます。ワールドカップでベスト4を目指すことが「そこから自分たちがそこにたどり着けるための実力をつける」ことを想起させるものだったように、実現可能なものだけでなく目指すべき高い目標を掲げる必要もあるのではないか、と思ったりもします。

いずれにしても1週間後が楽しみ。いよいよですね!
[PR]
# by lulucchi | 2010-07-12 23:09 | ヴォルティス
(タイトル間違えました。すみません・・・)

ヴォルティスに期限付き移籍でブラジル人選手が入ってきました。ドゥグラス選手。
楽しみですね。まだ見ていないので何とも言えないのですが…

そういえばチーム帯同の通訳さんがいたのは昨年だったでしょうか?
かつて仕事で外国人の人と話したりする機会があったのですが、
一番難しいのはその人がリラックスする環境を作れること。
母国語で喋れたり、落ち着ける空間や能力を発揮できる環境があると、頑張れたりします。

ただ、一方で進取の気性も欲しいところ。
簡単な会話は(それが大変なのですが)スピードアップにつながります。
よく、日本で何年も活躍する外国人選手は日本語も話せる、といったことがありますが、そういうハングリーさも必要な気がします。

ドゥグラス選手も初めての海外でいろいろ大変でしょうから、TSVなどで気さくに話しかけていくのもいいように思いますね。
[PR]
# by lulucchi | 2010-07-07 11:00 | サッカー

日本代表。

共に闘える日本代表。
だから素直に応援できたし、これからも見ていこうと思えた。
そんな気がします。


いつのころからか、代表をどこか醒めた目で見るようなことが多くなっていました。
日本でワールドカップが行われていたころは、あれほど一生懸命応援していたのに。
それは、自分に応援するチームができたことももちろんあるんですが、
どう言ったらいいのでしょうか…自分たちの代表ではないような、
いつのころからか、そう感じていたような。


でも、南アフリカでの代表の振る舞いは明らかに代表としてのそれだった。
選手は個人ではなく、Jリーグや日本のいろいろなチームの代表として振舞っていたし、
何よりもチームとしての結束があった。
チームは肩を組み、仲間のため歌い、勝利を祈った。
そして破れてなお、仲間を気づかい、そして長谷部は胸を張っていた。
こういうのを待っていたんだよ。


ごく最近知ったのですが、岡田監督のインタビュー記事
これ、もちろんここまで来れたから「ああ、なるほどな」って思える部分もあるのですが、
監督なりの哲学というか、苦闘が述べられていて本当に興味深かった。
だからこそバッシングの中でも平然としていられたし、いろいろ物議をかもした言葉の意味もわかったような気がします。

そういう人間が腹をくくっていたからこそ、今回の素晴らしい結果があった。
そう思います。


闘い方で言えば、確かに華やかさとは無縁の部分も多くあったように思います。
世界の潮流のスタンダードになるとか、そういうものではない。
けれども、今回の闘いを見てサッカーっていいなぁとか、世界の中で日本が素晴らしい戦いをしたとか、
誇れる部分がいっぱいあったじゃないかとか。

本当によかった。
[PR]
# by lulucchi | 2010-06-30 15:41 | ヴォルティス
日本代表がグループリーグを突破しました。
本当に素晴らしい。

突破したチームの顔ぶれを見渡してみれば、チームとしてよくまとまっているところが勝ち残り、不協和音を抱えたままのチームは脱落していくように見受けられます。
それとも、負けるから不協和音がでてくるのか。

あれだけ練習試合で負けながら、それでも勝利の道を模索し、団結心を失わなかった日本代表は素晴らしいチームだと思います。
[PR]
# by lulucchi | 2010-06-25 06:25 | サッカー