徳島で働き始めました。


by lulucchi

<   2010年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

昨日の代表戦は面白い試合でした。
結局は、自分たちの持っている武器をどう生かすか、ということだと思うのです。
これまでは中村や本田や遠藤や…そういった個の話ばかりで、それをどう連動して生かすかという話がなかったように思います。
長谷部や阿部がサポートし、大久保が足りない部分を埋める。
チームでは彼らが主役の一人だと思うけれども、代表における自分の必要な役割を果たしてエッセンスを加えるプレーは非常に楽しいものでした。あと、川島は称えなければいけませんね。
正直言えば、このままスタメンで彼を使ってほしい。今の状況も、4年後も含めて。


昨日はスカパーで福岡戦を見ていました。0-1で敗戦。
福岡はいいサッカーをしていましたね。中町はともかく、永里がこんなにいい選手だとは思いませんでした。あと、中払はよく見てるなぁ。
ヴォルティスも今年タレントが増えました。島田や柿谷、濱田に徳重、青山に倉貫と中盤の豪華さはJ2でもかなりのものだと思います。ただ、不振に陥ってからはそれが有効に生かされているとは思えない戦いが続いています。

福岡戦でも、長所を生かせず押し込まれる展開を見ました。もちろん反撃もしていたけれども…それは散発的で、ちょっと無理なプレーな感じも。
でも、動けていないわけではないと思うのですよ。
以前であれば、明らかにスタミナ的な問題で運動量が落ちるチームもあった。でも今年のチームではそういう感じではない。どちらかというと、リスクを恐れていたり、プレーへの共通認識が醸成されていず足が動けていない、そういう感じがしました。

昨年であれば攻撃は徳重・羽地を軸に石田・倉貫・柿谷らが絡む。そういった感じがありました。
ベテランの選手がいるから、若い選手も思い切ってプレーできる。守備でも同様な効果がありスンジンや登尾が成長したのは記憶に新しいところです。
今年はそこに迷いが見られます。守備はラインを上げられず、中盤は誰を軸にしているのか分からず、若い選手は責任に焦りと戸惑いを見せている。

個人的なことを言えば、今年のメンバーはもっと上の順位を、あわよくば・・・と考えられるような選手層だと思います。でも、結果が出なくてもそれはそれ。やりたいことを懸命に努力していく姿が
大事なのではないかと。脂の乗ったベテランと勢いのある若手が融合していられる年数を考慮して、どういうチームを作り、どう組み立てるか、そのあたりはチームの状況次第なのだと思います。

なんだかプレッシャーが多すぎてあまりよくない感じではないのでしょうか。
とりあえず頭をリフレッシュして、もっと話し合ってこういうサッカーをやっていこうと、そういう方向に進んでいくといいように思います。
[PR]
by lulucchi | 2010-05-31 10:12 | ヴォルティス

極端な言葉の中で。

日韓戦、見逃してしまってようやっと見たのですが。
まぁ、普通に悪い試合でしたよね…。

ただ、ある種狂乱ともいえる世間の反応は、どうなのかなと思ったりもします。
そもそも、どの部分に対して怒っているのかわからない。
いや、怒りたくなる部分というのは、いろいろあるとは思うのですよ。

実力伯仲のアジアのライバルである韓国に負けたこと(それも、いいサッカーをされて)なのか、
監督が自信を持って選考した中心選手がまるで動けなかったことなのか、
世界に通用する日本代表としての戦術が機能しなかったことなのか、
選手や監督の、試合後のある種無責任とも取れる発言なのか、
そもそも、前回大会の敗戦から何を学び、どう戦うかをデザインしてこなかった部分なのか…。

よく見ると、いい所がほとんどないのが辛いところですが、それでもそれらは分けて考えていかなければならないと思います。


それにしても気になるのは、前回の大会後「日本の特質にあったサッカーをやる」という話だったのがいつの間にか「ベスト4を狙う」という話にすりかわっていったこと。
なんというか、メディア的にわかりやすい言葉に置き換えられたような気がしてなりません。
監督が変わったということもあるのでしょうが、あのあたりからベスト4ありきみたいな話になっていって、日本的なサッカーということはほとんど語られなくなってしまった。非常に残念です。
ワールドカップは、ある種見本市というか、各国がそれぞれのトレンドを自国の風土と組み合わせながらやっていく面白さがあるようにあると思います。極端な攻撃思考だったり、守備重視だったり、カウンター一辺倒だったり・・・。

ここは悪い膿を出しつくしたと思って、今回の敗戦を糧に望むしかないのでしょうね。
最後まであきらめず、代表には誇りを持って勝負していってほしいと思います。
[PR]
by lulucchi | 2010-05-26 08:07
札幌との試合は0-0。
いつも札幌とやると、こんなスコアな気がします。
とはいえ、昔からの札幌に抱いていたイメージは怖い外人と硬い守備陣だったけれど、なんだか昔と比べると小粒化しているような気がしました。自分たちが強くなった?それとも…?

それにしても前半のビッグチャンス、すばらしい攻撃でしたね。後半の羽地のヘッドがバーをたたいたのとか、平繁のシュートとか、攻め方は間違っていないと思うのですよ。後はそういうチャンスをどれだけ作れるか。数が多ければ余裕も出てくるし、攻撃もより大胆になれる。
なかなか出場できていない選手もより早く試合になじむことができると思うのですよね。

守備は…危なげなかったけれども、正直相手の攻撃が単発であったのにも助けられたような気がします。柏のときはマシンガンというか、こちらのクリアが相手の再攻撃の起点になるようなそんな感じでしたが、今日はそこそこつなげていたような状態で。とはいえ、終盤の二度のピンチ、あれはいけません。
でも、それを除けばラインもいい感じでできていたように思います。

順位を落としているのだし、ここからは必勝の気持ちでいきたいところですね…。



ところで、昨日の試合はバックスタンド、芝生で観戦しました。ものすごく久しぶり。
応援の場所が変わったのは2006年頭でしたっけ?中ごろでしたっけ?それ以来です。

意外に思われるかもしれませんが、ポカスタってかなり異質なスタジアムです。
その象徴だと思うのが、芝生席。
愛媛とか、草津とかほかのスタジアムでも芝生席自体はあるのですが、正直見づらい場所、というのが正直な印象です。富山はあったけど、上下分断されているし。

ところが、徳島の芝生席はやたら見やすい。それも、立ってみるのではなく、いよいよ座って弁当でも食べながら…というような環境下で。ただ、傾斜はないのでいよいよ試合全体を俯瞰するのではなく、サイドの攻防を見ながら全体を追う、見たいな感じになりがちです。
こういうスタジアム、J1では見たことがない…。
そこから見る風景はどこかのどかで、一生懸命にプレーする選手も熱く応援するゴール裏も、どこか遠い風景のように見えていました。ここで見ている人が、楽しんで試合を見ていたり、集中してみていたり、どういったスタンスで見ているのだろう、と思いをはせたり。
バックスタンドでの観戦は、テレビ画面ともまた異なる視野で楽しむものなのかなぁ、と思ったり。

対称的な光景といえば…先週日立台に行ったけれども、彼らの場所はスタンドそのものから黄色く染まっていて、一般の客でさえ黄色い服を着用し、応援するもの、しないものにかかわらず圧力を与えていました。これはこれであるべき理想の姿。

どちらが正しい、というのではなくて、どう作っていくか、ということなのだと思います。
私自身は、いつか専用スタジアムができるなら小さい場所でもいいから日立台のような場所ができればいいなぁとおもいますが。
柏の葉で行うように、人数が見込まれる試合は何試合かポカスタですればいいと思うのですよ。


とはいえ、今のポカスタも悪くない場所。スポーツを観戦する場所でもあり、熱く応援できる場所でもあり、のんびりおしゃべりしながら見ることのできる場所でもある。選択の自由と多様性を持ち合わせている場所であるともいえます。それがいいかどうか決めるのは、主催者であり観衆自身。青いスタジアムにしたければ青服割引やポンチョやらをつけてみる手もあるし、手はいろいろです。
理念も大事ですが、それを実行に移す言動がすべてを決めるのだと思います。

私自身?懐かしかったけれど、芝生はもういいかな。
[PR]
by lulucchi | 2010-05-23 11:51 | ヴォルティス
意外と柏で負けたこと、引きずってはいないのですよ。
確かに点差はひどかったけれども、結局モチベーションを維持できていたかどうかの問題だと思うのと、
あと、現地で見ていた気分としては、選手も、サポーターも一様に悔しそうだった。
なんか、ある意味気持ちのシンクロニシティが取れていた気がするのですよね。

過去はなかったことにはならないけれども、次努力することで塗り替えることはできる。
練習試合もレベルの差があるとはいえ、大勝を収めたようですし…
この状況を吹き飛ばすため、俺がやってやるって選手もいるでしょう。
なので、札幌戦は楽しみです。


徳島に来て結構なるのですが、こちらではあまり言われないんだけどえ~?それってびっくり!
ということも結構あります。

たとえば、雑誌の発売日。
月曜販売の漫画雑誌が徳島ではなぜか土曜日に売られています。しかも、結構な範囲で。
一度土曜日徳島で購入して、その後仕事で月曜日大阪に行ったときに気づきました。(買ったのよ…)
なので、ワンピースやらバンビーノやらをやたら早く見ることができるのです。

友人に普通のつもりで話したらネタバレをひどく怒られました…。
でも、普通の雑誌は地方に良くある一日遅れです。

あと、タクシーの料金。
私が前に勤めていたところではどの会社も初乗りが660円(それもどうなんだと思うけれど…)でしたが。
徳島ではまちまちです。500円台とか切るところとかあったり、あと340円というところも。
そういうところは接客に当たりはずれがあるみたいですが。
ある種自由を感じます。

高いけれども、いいというものもあります。
鳴門にある大塚国際美術館とか。3150円か…。
まぁ、最初は正直甘く見ていたんですよ。陶版画って、レプリカでしょ?とか。
でも、1000点あるんです。
朝から行かないと大変です。でも、夕方までしっかり見られます。というか、時間が足りません。

今度書くときには、食生活のこととか、書いてみようと思います。
[PR]
by lulucchi | 2010-05-20 10:07 | 雑記
ようよう帰ってきました。
まぁ、なんというか・・・厳しいゲームでした。
でも、本来ならば0-6になるゲームではなかったと思うのですよ。
スコアが問題なのではなくて、一番問題なのはゲームマネジメントを放棄したことではないかと思うのです。


以前にもこんなゲームを見たことがあります。あの時はアンドレが退場して中盤でまったくつなげなくなり、ゲームが崩壊していました。監督も気持ちが切れていたし…。
今日の試合、美濃部監督はどう見ていたのでしょうか。いっぱい語ってくれているけれど、正直よくわからないのですよ。


今回の試合をシーン毎で見るのならば、まずは両サイドを徹底的に狙われたということ。その結果ラインが下がってしまいよいときに見られたときのようなコンパクトなサッカーが指向できなかったという問題。

先制点を早めに与えてしまったことにより、気持ちに焦りが生まれ、またラインが下がってしまったことで(運にも左右された部分はありますが)ファウルがPKを与えることになるなど致命傷になってしまったこと。

前線と最終ラインが大きく広がってしまったため中盤に大きく穴ができ、青山や濱田が必要以上に走らされ終盤にかけて疲弊してしまったこと。フォローも少なかったし、狙われていましたね。

決定機の少ないことへの焦りから決定機に臆病になったり、無理なシュートを狙ってしまっていたこと。

スンジンの交代は仕方ないことだったけれども、あの局面で徳重や六車を入れたことはどうだったのだろう?と思っていたりもします。

勝ちに行くサッカーが見たいけれども、でも、それが厳しいのなら最後まであきらめないサッカーが見たい。
相手に嫌がられるサッカーが見たい。
戦力差があるのなら、それを相殺できるようなそういう真剣勝負が見たいと思います。
[PR]
by lulucchi | 2010-05-17 10:13 | ヴォルティス

こてんぱん。

0-6。四年ぶり。
またこんなスコアを目の前にするとは思わなかった。昇格を狙うチームで。

正直、あらゆる面で柏に負けていた。

でも、負けて本当に悔しがっていた選手もいた。

今はその選手の目を信じたい。

あとは徳島に戻ってから書きます。
[PR]
by lulucchi | 2010-05-16 20:10 | ヴォルティス

柏戦に向けて。

最近忙しくしておりまして、なかなか更新ができませんでした。
いろいろ準備があるのですよ。

甲府との試合は録画で見たのですが、負けたとはいえ面白い試合でした。
ただ、得点が入らなかったけれどもチャレンジはしていた。
後ちょっとだったんだけどね…。

大事なのは、やりたいゲームがあってどこまでそこに迫れたか、ということだと思うのです。


例えば日本代表の23人が選ばれたけれども、監督のやりたいサッカーをどれだけ果たすことができるか?そういう意味でなら、私はあれでいいんじゃないかと。もっとこの選手のほうが実力あるだろ!とか、そういう意見ももちろん真っ当なのですが、おそらく基準はそこにはないのだと思います。
だから、この数年の集大成という意味でのメンバー編成ならあれでOKではないでしょうか。

とはいえ、日本サッカー10年、20年のビジョンをどう示していくのか、という問いにはここのところサッカー全体でまったく答えが見出せていないのも事実ですが…ACL、ベスト16で全敗ってえらい事だよね・・・



ヴォルティスに話を戻すと柏戦、これはえらい強敵です。
監督のやりたいサッカーに合った選手を使い育ててここまで持ってきた。
おそらく、昨年の柏より充実したチームではないでしょうか。

だからこそやりがいがある。
現実的な部分で言えば中盤で互角に持ち込んでスペースを生かす、あるいはセットプレー、そのあたりが点を取るための目標だとは思いますが、コンセプトを持ったチームに挑む試合は楽しみです。もちろん今まで以上に必死さも必要。その上で津田や柿谷、平繁らにゴールが生まれればこれ以上の喜びはありません。

明日は関東に行きます。
好試合を。そして、勝利を望んでいます。
[PR]
by lulucchi | 2010-05-15 10:30 | ヴォルティス
5日に行われた岐阜戦は終わってみれば4-0の大勝。気持ちよかったですね。
とはいえ、前半が終わった時点ではこの結果はなかなか予想できませんでした。
倉貫からの絶妙なパスにうまく反応した平島のシュート、あれがいろんな靄を吹き飛ばした感があります。
津田のバースデーゴール、濱田のミドル、徳重のだめ押し。そこから全てがうまく機能していましたね。

一方で好調だった岐阜を無失点に抑えた守備陣。
こちらのほうはいくらか危ないシーンもあったけれども、それでもこれはいけるんじゃないか、という予感を前半からもたらしていました。個人的にポイントとしてあげたいのはスタメンに戻った青山の守備。彼がヴォルティスの守備に落ち着きをもたらしたように感じます。わたしがライターなら彼をMOMに挙げます。
そう特筆すべき点は2点ありました。
まず第1には相手がボールを持った場合での寄せとブロック。攻撃時のボールの展開能力、大きなパスだしでは六車に一歩譲る感のある青山ですが、その代わりに相手がボールを奪取した時点での激しい寄せと潰しは大きな魅力です。実際のところ、こういうプレーで青山の代わりができる選手は今のヴォルティスにはなかなかいないような気がします。昔でいえば秋葉・鎌田・ダシルバがそういうキャラクターに近かったでしょうか。
寄せが外れても相手の攻撃は多くの場合遅延され、鋭さを失った攻撃は三木・登尾の網にからめとられていました。
第2にサイドバックが上がった後のフォロー。ここのところの失点パターンの多くに、上がりきった状態でのカウンターで最終ラインが3人しかおらず、マークがあいまいになったり振り切られたりというものがありました。
結果的にサイドが上がれずさらに攻撃できない悪循環に。
ところが今回の試合では、三田が上がった後のポジションに青山が入ったり…ポジションの相互補完が頻繁になされていました。これはシーズン序盤、ヴォルティスがよかったころにもよく見られていた事象のように感じます。
そういえば三田選手も今回は非常によいプレーを見せていました。ベテランらしい落ち着きが売りの選手だと思っていましたが、今回では勝負どころでは緩急のついたプレーとよいクロスを披露。輪湖のような上がりを見せるシーンもありました。自分らしさとチームコンセプトをうまく融合させたプレー、というのでしょうか。

サッカーのよいところは誰がどのポジションをする…という部分にとどまるのではなくて、ゲームの中で各自がお互い補完しあいながら数的優位を形成していく部分にあると思います。「彼にしかできないプレー」というのももちろん大事なのだけれども、それはチームの強化ではなくてあくまでも個人の強化。
先制点を取った平島選手も含め今日いいなと思った選手も強烈な個、というよりも全体の中で生きてくるタイプの選手。でも、それは決して「誰かの代わり」なのではなくて、全体の状況の中で、その部署で生きる自分の持ち味を遺憾なく発揮することでなしえた殊勲だったのではないか、と思ったりもします。

シーズンを通して長い変動の中、うまくいかない時期もあるとは思うのだけれども…なかなか正しい答え、というものがすぐに見つかるわけでもないし、それはそんなに簡単なものであるとも思えないように感じます。
けれども、その中で今ある環境で足りない部分をどう埋めていくのか努力する人。今あるものに接木しながら少しづつでもよい状況を作り出そうとする人に非常に感動させられた一戦でした。
本当にありがとう。
[PR]
by lulucchi | 2010-05-07 17:25 | ヴォルティス
もう明日岐阜戦じゃないですか…。すっかり今年の(ry
この二日間出稼ぎしてたので、結構バテバテです。
とはいえ、これからもがんばるしか。

しんどい時期だけど、時間中は前向きにがんばるのはどんなことでも同じ。
自分にとっても今日はいろいろ勝負どころなコトとかあるので、
しっかり応援して、チームも勝利で、元気をもらおうと思っています。

とにかく、やるしかないね。
[PR]
by lulucchi | 2010-05-05 09:19 | ヴォルティス

岡山戦付記。

もう明日栃木戦じゃないですか…。すっかり今年のリズムに慣れてしまっていました。
今回はPVにでも行ってみようかと思います。お仕事が入らなければですが…

岡山戦、スカパーで見直してみたんですが、前半いい形ができていますね。
ただ、得点を取ったあたりから攻撃が単調になりがちな気がしました。
強いチームはそうやって時間をかけさせるのも一つの手ですが、もう少し揺さぶったり、相手の心理的疲労を狙う必要性があったのかもしれません。

後半は、結果論になってしまうかもしれませんが交代に難があったように思います。
得に同点にされた後半20分以降は、明らかに劣勢に立たされるシーンも目立ちました。
体力的なコンディションの限界にある選手や、精神的に気負っている選手も見かけられました。
「常に戦うんだ!」という意思表示も、格上のチームに対しては大事なことです。それは間違いない。たとえば去年のアウェーセレッソ戦などは、それが功を奏した最大のものであると思います。
しかし昨日の試合に限っては、実力なら負けないんだという落ち着きをもたらし、フレッシュな選手を入れるのもひとつの戦略ではないかと思ったりもしました。陣容の豊富さが、戦略のバラエティに結びつく…そういったチームであってほしいと願います。


それにしても、岡山の応援はすばらしいものでした。
徳島のゴール裏で応援するものとしては、素直に賞賛したい。ああいった一体感のある応援を、いつか徳島でもできればいいと思います。タオマフ回しはいいなぁ。オリックスの応援のとき、やってたのを思い出しました。
ただ、岡山のはあくまでも「理想の形のひとつ」。
応援はチームから「こうだから」と強制されるものでなければ、答えがひとつしかないものでもないと思います。
大事なのは、すべての人が自分たちの応援したい気持ちをピッチにぶつけ、試合中はベクトルをひとつにして大きなうねりにするための方法。スタジアムは、その舞台装置であると思っています。


ところで…今回チームは岡山に販促に行ったそうなのですが、それはどうなのでしょうか?
もちろん来ていただけるのはありがたい話です。でも…
正直なところ、その部分の評価については迷っています。ぶっちゃけあまり前例がない。
理由は簡単で、応援の数が力になるのなら、それは普通に利敵行為になるんじゃないの?と思ってみたり。
ただ、一方で有料入場者数を増やすことで、チームの力とする、という考え方もできると思います。

近いイメージは…販売業においては「荒利ミックス」という考えがあったりします。特売の商品を一定数売る、プレゼント商品を用意する…代わりに本来売れているある程度利益が見込める商品もきっちり販売して計画を達成する、という考え方です。
1000円以上購入者卵99円とかそうですよね。ジャパネットとかの、液晶テレビによーわからんテレビ台をつけたりデジカメにアレな熱転写プリンタをつけたりするのも、形は違うけどその一種です。

話を戻すと、ダービーなどで無料入場者が増えた分、どこかでそれを取り戻すこと、そのこと自体は経営手法として間違っていないことだと思います。サッカー観戦の新規客を増やすのにスタジアムで勧誘する、これもすごく理にかなっている。
でも、どこか違っていない?そんな気もするのです。
簡単に言えば、もっと徳島サポを増やす販促するほうが先じゃないの?ということ。
たとえば今回のはな・はるフェスタ。ブースはあったけれども選手の参加という話は聞きませんでした。なので、結局私は見に行かず…もし参加していたらごめんなさい。でも、そういうところで地道にファン・サポーターを増やす、そういった取り組みのほうがもっと重要ではないのでしょうか。
ま、岡山に行ったのも選手ではないそうですが。

新規ファンを増やすのは大変なことです。それがサポーターになっていくのも尚更。
でも、そうやって少しづつでもずっと支えて行こう、と思える人たちを増やすのが、今は大事なことなんじゃないのかな、と思ったりします。
[PR]
by lulucchi | 2010-05-01 10:44 | ヴォルティス