徳島で働き始めました。


by lulucchi

<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

いささか旧聞になってしまいますが、先週末は所用しつつ鳴門に行っていました。
ほぼ3か月ぶりの試合。そう考えると長いものですね。


公式戦ではないとはいえ、相手は格上の浦和。
ポイントは、新戦力がフィットするのか、攻撃のパターンは通用するのか、以上の2点に絞られていたように感じます。

結果的にはよいものも、現時点では未成熟なものもありました。

・FWの収穫
津田・平繁で攻撃のメドが立ったのが第一の点でしょう。
特に津田は裏に抜ける動きが早く、これまでのヴォルティスになかった攻撃パターンを提供してくれるように感じました。最後までスタミナが切れずやり遂げてくれた面も素晴らしい。最後のゴールには鳥肌が立ちました。
平繁も突破力があり、今後を期待できる選手だと思います。

羽地を中心としていた昨年までのヴォルティスの攻撃は、羽地がキープしつつ徳重や柿谷、石田らアタッカータイプの選手が飛び込むいう形が多かったですが、一方でFWが後ろを向いてボールを受けることも多くスピード感に欠ける部分もありました。

より上位を狙う今季では今回の試合のようなカウンター戦術を狙う機会も増えるでしょうし、逆に走りこんだFWを使うプレーが増えるのであれば津田のスピードはフィットするのではないか?と非常に感じました。本来であれば佐藤・菅原・大西もこういう使われ方をされる選手なのかもしれません。

・アタッカーの豊穣とそれを支えるボランチ
アタッカー陣で最も目を引いたのは島田です。草津・鳥栖時代なんてイヤな敵なんだと思っていたのですが、味方になればこれほど心強い選手もいません。まず何より素晴らしいのは視野が広いところ。そしてキックの精度。的確なボールをよい場所に供給することでヴォルティスの攻撃に鋭さをもたせます。個人的に意外だったのは言われている以上に運動量があったこと。

ただ、島田をもっと有効に生かすのであればそれを支えるボランチの活躍が必要なのではないか?とも感じました。草津時代であれば松下・秋葉・熊林(懐かしい…)鳥栖であれば高地・高橋ら運動量の多い選手のフォローでより生きるように見えたので。
その点では青山・濱田の起用が今後どのようになっていくのかは興味深いところです。今の組み合わせでは最も攻撃的な感じですね。

セレッソから直輸入のコンビであった柿谷・濱田は良いプレーもあったものの、大きく試合の流れを変える、といったところまでは至らないように感じました。速い浦和の寄せに戸惑っている、という感じ。とはいえ、濱田のボールをキープする力などは比肩するものでもあったし、あとはフィールドをもっと生かせるような視野の広さと判断の速さが向上すれば、もっともっと良化するのでは?と思わせる期待感を漂わせていました。

徳重はさすが。入ることで雰囲気を変えられる選手、というのはなかなかいません。PKも落ち着いていましたね。

・DFの強さ・うまさと課題
何よりまず三木の素晴らしさを称えなければいけません。体の入れ方、よいポジションをとらせない競り方、相手の反攻を断ち切るカバー、ファウルなどとにかく真似してほしいと感じました。
相手の拙攻もあったとはいえ、攻撃を1点に抑えたのは素晴らしい。日野も久々の出場だったけれどもまずまずよい動きを見せていました。スンジン・登尾もCBとしてのプレーは良かったように思います。
懸案だったサイドバックでは輪湖の動きがよかったように感じました。昨年一年で守備の安定にはある程度目算が立っただけに、今度は攻撃のオプションが必要になると思われます。その点では前述の輪湖や平島、あるいは三田・橋内などがどこまで攻撃の存在感を際立たせるかにかかっていると言えるのではないでしょうか。

それにしても浦和は強かった。寄せの速さ、サイドチェンジの強さと正確さ、ライン際でもボールを失わない体幹の強さなど、強いチームの要素を肌で感じることができました。2008年に広島とやった時も強さを感じたのですが、それとはまた異質の感じでしたね。もしJ1に行ったらいろんな種類のああいうチームと毎試合か…。
今はまだ夢ですが、その日が楽しみです。
[PR]
by lulucchi | 2010-02-25 00:32 | ヴォルティス

遺恨試合(その1)

今年のJ2で最も楽しみなテーマの一つと言えば鳥栖vs横浜FC。
これに尽きます。

まずは「引き抜いた側」横浜FCの主なIN&OUTと今季の顔ぶれを見てみましょう。
なお、参考資料としてサッカーダイジェスト2月16日号を使用しています。

IN
FW 大黒将志(←東京V)39試合21得点
FW サーレス(←仙台)12試合2得点
MF 寺田紳一(←G大阪)5試合1得点
MF シウビーニョ(元新潟)
MF 高地系治(←鳥栖)41試合8得点
MF 武岡優斗(←鳥栖)40試合3得点
DF 柳沢将之(←鳥栖)46試合2得点
DF 渡邊将基(←鳥栖)40試合2得点
DF キム・ユジン(元鳥栖)
GK シュナイダー潤之助(鳥取)

OUT
FW 池元友紀(→北九州)40試合4得点
FW アン・ヒョヨン 18試合3得点
FW 御給 匠 8試合1得点
MF チョン・ヨンデ 39試合1得点
MF 須藤右介(→松本山雅)29試合
MF 加藤大志 13試合
DF 吉本岳史 23試合
DF 八田康介(→徳島)26試合2得点
DF 吉田正樹(→東京V)42試合
GK 小山健二(引退)1試合

予想されるスタメン
FW 大黒・難波(サーレス・久木野)
MF 寺田・武岡・高地・シウビーニョ(三浦淳・小野・八角)
DF 片山・キム・早川・柳沢(渡邊・戸川)
GK 大久保(岩丸)

スタメンクラスの選手を大幅に入れ替え、勝負をかけてきたシーズンといえるでしょう。
鳥栖から岸野監督を迎え、その上レギュラーの4選手を引き抜いてきました。
そのうち二人はルーキーながらポジションを確保した1年目の選手…。

昨年の横浜FCの課題は明確でした。とにかくFWが点を取れない。
昨年FW登録された選手は8人いたが、最多得点は難波の8得点。
大黒柱になるFWを見いだせなかったことが、
DFの消耗を強いて負の連鎖を導いたように感じました。
動けるFWはいただけに、ヴォルティスでいえば羽地のように起点になれるような選手がいれば
また結果は違っていたかもしれないと思うのですが・・・

その点では寺田・大黒の獲得は脅威に思えます。決定力のあるFW。2列目からでも仕事のできる選手。
戦力的にいえば、ヴォルティスとほぼ同じくらいの戦闘力を持っているといえるのではないでしょうか。

守備陣については鳥栖のそれをそのまま持ってきた・・・ということで、ある意味連携については一定の保証ができるような気もします。あとは昨年の鳥栖でいう島田→ハーフナーラインを前述のコンビが再現できるのか。
守備陣に比べ混沌とした集合体を感じさせる中盤をどのように整備していくのか、そのあたりが見所になってくるように感じられます。

鳥栖については、次のエントリにて記述したいと思います。
[PR]
by lulucchi | 2010-02-04 02:48 | サッカー

ガンバの子たち。

気持ち的なものとかで、なかなか更新ができなくてすみません。
今年のJ2のプレビューをしたいのですが、追い付かず。
「書かないといけないんじゃないか?」なことでなく
書きたいことを書こうと思います。
興味がある方は、読んで頂けると幸いです。

ガンバの寺田が横浜FCに移籍するというニュースを見て、
今年の横浜FCは侮れないな…という印象をもちました。
自分の中で強烈な記憶として残っているのが一昨年のサテライトでの試合
強烈なシュートが突き刺さったのを記憶しています。
ヴォルティスの選手も持てる力を駆使して立ち向かったのですが、
なんというかエンジンに差があるような、そんな感じが。

彼らが今、どうなっているのだろうと思い調べてみました。
当時のスタメンと、現在の所属です。
GK 木村敦志(←Gユース)/(G大阪)0試合
DF 安田理大(←Gユース)/(G大阪)0試合
DF 福元洋平(←大分)/(千葉)17試合
DF 植田龍仁朗(←Gユース)/(岡山)31試合
DF 菅沼駿也(←Gユース)/(G大阪)0試合
MF 武井拓也(←流経大)/(G大阪)5試合
MF 倉田 秋(←Gユース)/(G大阪→千葉)3試合
MF 寺田紳一(←Gユース)/(G大阪→横浜FC)5試合1得点
FW 星原健太(←Gユース)/(G大阪)0試合
FW 平井将生(←Gユース)/(G大阪)1試合
FW 岡本英也(←Gユース)/(福岡)35試合5得点

…ガンバってどんだけ層が厚いんだ。そしてこれほどユースに人材がいるのか。
この中で今季J2でヴォルティスのライバルとして闘うのは
福元・植田・倉田・寺田・岡本の5選手。
注目すべきなのはほとんどスタメンが入れ替わりそうな横浜FCでの寺田と
降格したのにより茶野やら鎌田やら獲得して以前より強固なディフェンスになったような
千葉の福元だと思います。倉田は…中後に佐藤勇人に山口がいる中盤だと…チャンスがほしいところ。

ガンバに残った選手も今年が勝負の年になる選手が多いだけに、楽しみに見ようと思います。
[PR]
by lulucchi | 2010-02-02 23:30 | サッカー