徳島で働き始めました。


by lulucchi

<   2009年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

前半半ばまで得点のとれない展開に当初不満を覚えていました。個々の技量は徳島の方が間違いなくあるように見えるけれども、攻めの起点を潰されて前に出ることが出来ない。前線の選手にスピード感が少ないため、なかなかダイナミックに攻撃がつながらない。この前まで大学生だったJリーグ的には無名の選手たちにスピードで競り負けている…脳裏に浮かんだのは、去年の国士舘大学戦でした。いやな思い出。

けれども、チャンスはやってきます。ファビオが倒されてPK。今日のファビオはやや性急過ぎるプレーもあったけれども、キーパーに対してプレッシャーを与え続けました。なかなか結果には結びつかないけれども、こういうチャレンジは重要だと思います。
そしてPKを徳重が決めて先制。きっちりゴールを決めるところは精神力のタフさというか、さすがです。

相手GKの退場については、相手の守備陣の呼吸が合わなかった部分を狙ったよいプレーであったように思います。監督も言っていますが、相手の経験の足りない面をついたよい攻撃だったのかも。崩したという美しさはないけれども、ある意味してやったりなのかもしれません。

そして2点目、3点目。相手GKのファンブルをきっちり押し込むシーン、羽地のごっつぁんゴールといってしまえば簡単だけれども…こういったシーンを去年見ることはほとんどできませんでした。された記憶はけっこうあるのだけれどね。それは選手が最後まで追えるようになった証左でもあるし、また闇雲に放り込むのではなく攻撃の完結として最後までやり遂げている、というチーム全体の証になるのかもしれません。FWが決めるともりあがりますね。
菅原のゴールにしても、コーナーキックからのセットプレーでの得点。ゲームを決める1点が欲しい所でCKから追加点を決める…こういったシーンを去年見ることは(ry。された記憶はものすごくあります。結果を残すことって、練習が間違っていない、チームのゲームコントロールが間違っていないと示すことでもあるから大事ですね。試合後も盛り上がれるだろうし。
あ、あとこの写真はなんか好きかも。

もちろん、課題もありました。一番の問題は後半一人少ない相手に対してゲームを支配されたこと、失点してしまったところ。守備の安定感…という点では格段に改善されたけれども、後半はセーフティに行くのか、それともさらに得点をとりに行くのか、そのあたりの統一感がないように感じました。これは前半に感じた部分にもつながっていくのですが、とにかく前線のメンバーにスピード感が少ない。今日の苦しい展開の時間帯は倉貫一人がハードワークしているように感じた部分もありました。あの時間帯、失うもののない岐阜の攻撃は鮮やかでした。徳重や六車、あるいは前線のFW二人に求められる役割はそこではないのはわかっているけれども…そこで時間を稼ぐ、相手の自由にさせないことでもっと精神的に優位にたつことが出来たのではないか、そのように感じました。交替した選手にもそのあたりは同様の感想を抱いています。プレーの中で緩急をつけることが有効なように、ゲーム展開でもそういうのがもっとあれば。途中、一本調子になってしまったこともあるのかもしれません。

時間の使い方といえば…昨年負けている時、ロスタイムあたりに相手にボールキープされていらいらする…ああいった大人のプレーというか時間の使い方…プレーとしては美しくないのかもしれないけれども、あんな落ち着きが徳島にも出てくるのでしょうか・・・。

最後失点してしまったけれど、結果を見ればよい勝利。結果が出ることで内容がついてくることもあります。次節は昇格組の富山と対戦。アウェーだけれども、ぜひ連勝を見たいですね。
[PR]
by lulucchi | 2009-03-30 00:04 | ヴォルティス
正直、前半が終わった時にはこれは手も足も出ないのでは…と思わせる展開だったのです。
得点の匂いがするのは前半終了間際のファビオのヘッドくらいで。
立ち上がりから20分頃まではサイドからの攻撃で優位に立っていたのですが、前半中頃くらいから…特に失点前後くらいから足が止まってしまい、どのように攻めるのかという意思統一が見られない展開が続いたからです。そしてセレッソの攻撃はシュートを多くの確率で枠内に収めてくる。プレッシャーや状況もありますが、それでも実力の片鱗を見せ付けられました。

これまでの傾向からすると交代は疲れた選手をリフレッシュさせるという目的が多いヴォルティスの選手交代でしたが、この日は違いました。後半開始から石田に代えて登尾を投入。「顕徳サイドバック?それは…」と思ったのもつかの間、そこに描かれた陣形は麦田・筑城を中盤にあげた3バックのシステムでした。
そもそもここ1~2年のJ2においては3バックは主として上位チームの取る戦術。昨年の広島しかり、今年のセレッソ然り、個の技術の高さをベースに中盤でのポゼッション率を高め、圧倒的な攻撃力により相手チームの戦意を喪失させるやり方でした。ヴォルティスも一時期採用していたけれど結果が・・・。

しかし昨日に関してはこの采配がぴたりと当てはまります。サイドの二人があがれるようになり、結果的に攻撃に厚みが増して後半は互角の展開に持ち込む。支配領域が増えることで2列目からの攻撃も冴え、徳重の反撃となるゴールを生み出す。その後も押せ押せ。羽地の惜しいシュートや菅原のポスト直撃のシュート…
あとちょっとだったんだけれど…。それでも、あくまで攻撃的にいくといった監督の意志を選手が感じ、攻撃につなげたこと、そして最後まであきらめず勝利を求めたことは、非常にこれからを占う意味で重要だったのではないかと感じています。

それにしても、セレッソは強かった。クロスバー直撃のシュートを浴びたり、セレッソGKの身体能力のすごさに驚いたり。乾の丁寧なシュートといい、首位のチームの強さを感じました。けれど、どうにもならないという感じではなかった。だから、あとちょっとで手が届かなかったコトが、なおさら悔しいですね。
次の岐阜戦では、この悔しさを晴らす快勝を期待しています。


全然話は変わりますが、長居の忘れ物、弾幕を預かっています。岐阜戦もって行くので、よろしくお願いします。
[PR]
by lulucchi | 2009-03-26 10:29 | ヴォルティス
長居の試合、水曜日のチケットを買ってきました。ローソンのオンラインの画面、水6チケットっていうのがあったので、家で検索してみたら…
えー、なんじゃこれー!!!アウェイの洗礼?!アウェイ自由席だけ通常価格ってどうなの?
とっても納得がいきません。SとAは視座が違うから、座席が違うから、そういうのはわかるのですが、AホームとAアウェイで価格が違うって…。ま、高くなるわけじゃないから、仕方ないけれど・・・。


気を取り直して。私はアウェイに遠征する時に、所属する団体のタオルマフラーとチームのタオルマフラー、両方持っていくようにしています。あわてて忘れることも多々あるのですが。
それは、昔にこういうこと(今もそうだけれども)があったから。

初めて見に行ったJリーグの試合は万博でのガンバvsジェフ市原(現千葉・市原ですね)戦だったのですが、当時好きな選手が市原にいたのでアウェイ側に。何でも揃っているガンバ側とは違って、ジェフ側の売店には申し訳程度に応援グッズが。ほしいと思っていたユニはなく、とりあえずタオルマフラーを購入しました。
それから数年後。J2にも興味の出だした私は、西京極に京都vs横浜FCの試合を観戦に行くことに。向かったのはアウェイゴール裏。
当然あるのかな…と思っていたグッズ売店は、そんなものは当然なく。結局、応援したいけどなぁ、どうしようかなぁという中途半端な位置で観戦することになりました…という記憶が。

それ以来、なるべくかばんに余裕があるときにはタオルマフラーを余分に入れて、手持ちぶさたな人とか応援したいけど何ももってなくて…な人に使ってもらえるようにしています。
で、今回熊本戦のゴール裏で、前にタオマフを貸した人がまたアウェイにきてくれるという話を聞いて嬉しくなったり。私自身にとっては、すごく嬉しい話でした。

アウェイ側に見に来る人って、ちょっと応援してみようかなって思っていてもなかなか入りづらかったり。ホームで見るよりサポーターの団結が強いように感じる分、その輪に入りづらいのかな?と感じることもありました。
例えば応援するためのグッズって、そういう心の障壁を取り除くちょっとしたきっかけになるかなって思ったりするのですよね。そういう人と次の遠征で出会ったり、またホームに来てくれたり。そういうつながりが、応援を強くしていくように思います。
[PR]
by lulucchi | 2009-03-24 00:02 | ヴォルティス
勝ちましたね!熊本に3-0。麦田と倉貫と徳重のゴール。言うことないですね!
色々な言葉を重ねても、勝利の喜びの大きさにかなうものはありません。

それにしても、本当に面白い試合でした。
前節に比べて好転した理由は色々あると思うのですが、ひとつは麦田・大島という初スタメン選手の頑張りにあったように思います。序盤から常に前に出る意識をチームに植え付けたからこそ、麦田の開始すぐの得点に結びついたのではないか。あの得点が入ることで、チームもサポもぐっと気持ちが楽になったように感じます。

チームに前の意識が出てくることで、羽地・ファビオの両トップも持ち味が生かされてきたように感じます。
ファビオの体幹の強さであったり、羽地のキープ力であったりという面がクローズアップされたかと。
羽地はゴール裏から見るとあと一歩で得点できなかったり、色々歯がゆい思いをさせてくれる選手ではあるのですが…VTRで見返してみると、何人かのマークを受けながらもひきつけて2アシストを演出していました。例えばあれが若手選手のプレーだったらよく頑張ってるとなるのでしょうが…ストライカーは辛いね。
ファビオのオーバーヘッド(今はバイシクルって言うんでしたっけ?)はとりあえず素晴らしかったです。
あとは二人とも得点が入れば、こちらももっと乗って来るのではないでしょうか。

熱心に応援するサポーターからすれば、そういう意味では気持ちの強さを見せてくれる選手が感情移入しやすいわけで、ここのところの活躍で言えばそれは倉貫や米田のプレーのようなあきらめず走りぬくこと、競り負けず戦うようなメンタルの強さを見せる選手に共感を覚えるのかもしれません。そういう点では筑城のプレーなども、前を向く意志を強く持ったプレーでハートをつかんでいるように感じます。今日は上がった選手のフォローもありつつ難しい舵取りでしたが、CBの選手と合わせてよく守れていました。

CBといえば三木とスンジン。ここまで一失点でいられるのはひとえに彼らの活躍があってこそ。スンジンの相手を自由にさせない強さと前線へのフィード力は攻守両面に効いていますし、三木のカバー力と、何よりチーム全体に落ち着きをもたらす存在感はこのチームに欠けていたものを補って余りあるものであるように感じます。以前はゴール前での不用意なファールとセットプレーの脆弱さがチームの弱さになっていましたが、今年は心を強くして見ることができます。とにかく怪我だけしないでほしい・・・。

セットプレーの強さといえばGK上野の活躍も見逃すことは出来ません。キャッチングの数が増えたことで安定感が増し、また前線への強烈なフィードは反攻の起点として力強い足がかりとなっています。全力を出しすぎるからかおお?という飛び出しもあったりしますがそれもご愛嬌。ヴォルティスとしては久々に見る攻撃的GKであり、見ていて楽しいです。こういう積極さも、後ろにベテランの高桑選手がいるコトから来るのかもしれません。

ベテランといえば昨日は何度も攻撃で顔を出した徳重選手の働きも忘れてはいけないです。今日は正直消化不良なプレーも見られましたが、悪い時には悪いなりに1得点、結果を残したことはやはり上手さがあるんだなぁと感じました。プレーに華を感じる選手なので、もっともっと仕掛けていってサポーターを魅了してほしいですね。魅了するプレーで言えば石田選手も。2点目の起点となった落としのプレーであったり、ゴールにはつながらなかったけれど菅原の惜しいシュートにつながった折り返しも最後まであきらめない気持ちとテクニックが一体になった素晴らしいプレーでした。菅原のいい場所にいる嗅覚は天性のものですね。あと試合後はあなたがMIPです^^

熊本は…以前のフィジカルの強いサッカーから色々変わろうとしているのでしょうか…。藤田選手を中心に、今は変革中なのかもしれません。

こういう試合が続けば、みんなが幸せになれるように感じます。次はセレッソ。強い相手だけど、今日のようなサッカーで果敢に挑んでいきたいと思います。
[PR]
by lulucchi | 2009-03-22 12:56 | ヴォルティス
せっかく書いた記事が更新されていないと凹みますね。

大森が新日本に来場 かつての盟友・中西と握手=新日本プロレス

帰ってきた大森さん。去年不透明な諸事情でゼロワンを退団して隠遁してから、もう半年くらいたっただろうか。そのあたりの事情はよくわからないけれども、こうしてリングに戻ってきて、そして中西とタッグを組むかもしれない…これほど夢のあるニュースは早々なかったように感じます。

中西・大森の越境タッグ…二人の破天荒ぶりからワイルド・チャイルドとチーム名を名づけられたり、好事家からは「ホーフィアー」と呼ばれたり、いろいろな意味で話題のあるタッグでした。いや、実際このタッグには夢がありました。

186cm・125kgの中西さん。190cm・110kgの大森さん。
二人が並んだリング上は、並みの選手を寄せ付けない威容を保っていました。

普通のよいタッグチームは、両者の技巧がかみ合わさってより高い連携を保つのですが
お世辞にも試合の組み立てがうまいとはいえない二人のタッグは、ふだんはぎこちないものの
時々奇跡的にかみ合ってものすごいパワーを生み出しました。

二人の得意技、マッケンローとアックスボンバーが一人の選手に同時に放たれる必殺技は
相手を保護する必要があるほど強力なことから「ワシントン条約」と呼ばれていました。
一説にはプロレス界でも珍しい二人を保護する意味もあったそうですが・・・

私は京都で二人が佐藤耕平・佐々木義人と戦うのを見たことがあるのですが、
とりあえずすさまじかった、強かったという印象だけがひたすらに心に残っています

今の新日本、飯塚&天山コンビとか真壁&矢野組とか、二人の関係を光らせるのに長けているから…
今後はどうなるのかわからないけれど、今のところ最大級の期待をしています。
この二人なら、TNAのチーム3DからIWGPタッグを取り返せるんじゃないか、と夢想してみたり。
とりあえず二人のPV希望ですね。
[PR]
by lulucchi | 2009-03-19 21:25 | プロレス。
忙しかったり、体調を崩していたりで、なかなか更新のペースをあげることが出来ません。
もっと色々出来るかなと思うんだけど、健康にも気をつけないとですね。

最近のヴォルティスの・・・運営について思うことなのですが、以前に比べて経営判断のスピードが上がったように感じます。こうしたらいいんじゃない?というコトを考え、迅速に行動すること。とってもいいことだと思います。開幕戦のポスター掲示率も非常に高かったですし、ホームページなどでもメディアへの露出を積極的に行っています。
そして、個人的に気にいっているのがこんな感じでどんな感じの出演だったのか報告していること。これって、県外の人にもわかりやすいし、県内の人にも見てみようかな…と思わせるよいレポートだと思います。出演した選手の感想等もあるともっと楽しいかもしれません。

あとはこれ!身近にプロの選手と触れ合える機会なんて、なかなかないから羨ましいです。自分が小学生だったら参加するのにね。もちろん、TSVで受講するといいですよ~という宣伝でもあるとは思うのですが。


チームからの告知といえば、ホームゲームでのチーム通算100ゴールを決める選手を予想するイベントが行われます。
ヴォルティスの記録を丁寧にまとめていただいている方(先日はお世話になりました)のサイトによれば、ホーム50ゴールは挽地選手、通算50ゴールは鎌田選手、100ゴールはジョルジーニョ選手、150ゴールはドゥンビア選手。
このあたりから推定すると・・・米田選手かファビオ選手が狙い目?倍率考えたら、米田さんかなぁと思ったり。

こういうイベントはチームに関心を持たせるとともに、チームの歩んできた歴史を見つめるよい機会になるので、私は好きです。どうしても新興チームほど、かえって過去を振り返らないことがあるから…。ただ懐古するのではなく、それを大事なものとして胸の中に抱きながら常に新しい一手を考えていく、そういう方向にチームがシフトしているように感じているので、楽しみです。
[PR]
by lulucchi | 2009-03-18 16:53 | ヴォルティス
家のスカパーでお友達と一緒に観戦していたのですが、不甲斐ない内容に悔しい思いをしてしまいました。
平松やパクチュホのいなくなった水戸には攻撃陣もかなり機能するかと思ったのだけれど…つながらず敗戦。
どこかに、ある程度やれるんじゃないかという慢心があったのかもしれません。
私もちょっとどこかにそれがあったので反省。それでも米田・倉貫・上野・三木・スンジンあたりの働きは良かったように思います。組織力でもいいし、個人技でもいいので、前線はもっと頑張ってほしい。

荒田を中心に現実に即したサッカーを行った水戸に対して、徳島はどのようなサッカーをするのかが今ひとつ見えなかったように思います。うまくいかなかったときに修整する柔軟性はサッカーのような状況のめまぐるしく変わるスポーツにおいては重要なように感じますが、この試合ではそれが機能していたように見えず、徒にあせることで消耗して行ったのではないかと。菅原や石田の投入を生かせなかったのも、そのあたりに減員があったように見てて思いました。
青山の退場など、微妙な判定もあってネガティブになっていたのかもしれませんが。
あまりよろしくない出だしにはなってしまいましたが、昨シーズンの順位から、ここから巻き返せるチームだと思って応援して行こうと思います。次節のメンバーはどのように変わってくるのでしょうか?



あと、、開幕前にチラシ配りをしていたときにサポーターズソングを携帯にダウンロードできないか、という問い合わせをいただいていたのですが・・・返事が遅くなった上にここで書いても伝わるかどうかはわかりませんが。
いろいろ話を聴いてみてサイトを作ってみようと思っていたのですが・・・。上手くできませんでした。携帯でダウンロードするとものすごい時間パケット通信してしまうのです…。どなたかそういうの、上手に作れる人、いらっしゃいませんか?

とりあえず個人でダウンロードなさるのであれば、PC上にダウンロードしたりしてその上で3GPとかを利用していただくのがよいのではないかと思います。一曲づつ変換するのがめんどうですが、ソフトバンクではきちんと変換できました。
よろしければご参考までに。
[PR]
by lulucchi | 2009-03-16 15:47 | ヴォルティス
開幕戦を見たあと実家に帰ったりお寺を見に行ったりボランティアしたり確定申告したりしてたら
もう明日は水戸戦でした。早すぎ。これが51試合か・・・。

明日は天候が荒れ模様の予想。強風の中の戦いというと2年前の草津でのアウェーゲームを思い出します。
広告の看板が飛び重石も飛び上がるようなゲームだったあの試合では、正確なボールコントロールを望むべくもなく風上に立った方が優位に立つような大味な展開でした。
明日も厳しい環境やイレギュラーな状況に悩まされるとは思いますが、状況に合わせつつも目指すサッカーを貫いてほしいと思っています。

明日はスカパーの前から声援を送ることになると思うけれども、シーズン初勝利、期待しています。
[PR]
by lulucchi | 2009-03-13 20:02 | ヴォルティス

いよいよ明日ですね。

明日はいよいよ開幕戦。職場の人にも、ヴォルティス開幕なんでしょ?今年はどうなの?と聞かれたり。
今年はやりますよ、と胸を張って答えておきました…頼むよ。

そんな今日は久しぶりに練習を見に行ってきました。既に重要なことは昨日のミニゲームで決まっているのか、雰囲気は明るく今日は調整中心と思しきメニュー。ウォーミングアップしたり、ミニゲームを行ったり…組み分け、色々アイデアがあるのだなぁと思ってみていました。

各メディアの方も来られていたようで、練習終了後には選手に報道陣が群がる場面も。一つ一つ丁寧に答えていた選手には好感を持ちました。

チームとしての実力はきっとアップしたはず。あとは結果を残すだけ。そのために、今年も声援で支えて生きたいと思います。どんな選手が桧舞台で輝くのか。明日は晴れそうですし、楽しみですね!
[PR]
by lulucchi | 2009-03-06 20:30 | ヴォルティス
前項の続きです。
<充実したボランチ、サイド陣>
一方でサイド攻撃ではこの年は左サイドで片岡と冨士(現NW北九州)、右サイドでは大場と金位漫(引退)が定位置を争った。特にレギュラーであった片岡(5得点)、大場(6得点)両名の攻め上がりには多くのファンが喝采と声援を送った。また、下部組織であるカバロス(現徳島ヴォルティスセカンド)からは松浦(引退)が昇格。トップチームのフィールドでもプレーした。

そしてこの年は何よりボランチの充実を上げることができる。今期から移籍してきた秋葉を中心に、新潟でもチームメイトだった筒井(引退)、2004年JFL新人王の鎌田(元B神戸)、元マリノスの原田(現USL2クリスタルパレス)など多くの選手が鎬を削った。(先週のダイジェストの原田の記事、とってもよかったね。いいレポートを読みました。徳島の図書館にもあるよ!)

この年のイメージは果敢に挑むチャレンジャー。色々欠点もあったけれども、12チーム中9位と昇格チームとしては非常に充実したシーズンとなった。
[PR]
by lulucchi | 2009-03-04 22:29 | ヴォルティス