徳島で働き始めました。


by lulucchi

<   2009年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

練習試合雑感。

徳島商との練習試合と、そのあとのふれあいフェスを見てきました。
小雪がちらついて寒かったけど、最後は少し晴れ間もありました。
ミニゲームは面白かったよ。プロ選手と一緒にゲームできたのは素晴らしかったです。
きっと忘れられない印象を残すのではないでしょうか。

練習試合は3本で行われました。以下雑感。出場選手は目測確認なので、違っている可能性も。
1.ヴォルティス2-0徳島商(得点:片岡・羽地)
日野(三田・登尾・三木・藤田)(米田・青山)(片岡・倉貫・徳重)(羽地)
・攻撃がダイナミック。羽地にあてて、そこから展開することもあり、中盤で押し上げてゴールチャンスを奪うこともあり。
・右サイド藤田の攻撃はかなり奥深くまで切れ込んでいて良かった。
・左サイドの二人も上手くバランスを取りつつ決定機を演出した。
・1点めは流れの中で片岡が押し込む。こういう攻撃が見たかった。
・倉貫・徳重の連携はさすが。
・ボランチは危ないシーンを作らせず。欲を言えばもっと攻撃時に顔を出すところが見たい。
・守備も安定。

2.ヴォルティス1-0徳島商(得点:菅原)
高桑(筑城・安藤・スンジン・麦田)(小泉)(井上・六車)(菅原・林・佐藤)
・2本目は徳島商業のパスの組み立てが上手かったり。徳島は今ひとつどう組み立てるかというのが見えなかった。
・高桑のコーチングの安定感、スンジンのクリア力は高い。
・菅原のシュートへの積極性は◎。あとはシュートの威力が高まってくれば・・・。
・自由にやらせすぎの印象もあったけれど、結果的には決定的な場面は作らせなかった。

3.ヴォルティス4-0徳島商(得点:佐藤2・菅原・井上・麦田)
阿部(筑城・安藤・大原・石川)(小泉・六車)(井上・麦田)(佐藤・菅原)
・3本目は少し相手の技量が落ちた印象。
・佐藤の前線での強さが目立つ。体を張れるFWだ。
・中盤が一枚増えてゲームの支配力は増した。もっと積極的に飛び出して仕掛けが作れるようになると、もっと面白いチームに。
・井上や麦田ら、前線をサポートするメンバーがきっちり上がって技量を発揮していた。
・小泉と六車の役割分担もいい感じでできていた。

相手が高校生というのもあるけれど、まずはよいスタートをしたヴォルティス。少しづつ連携を高めて、全員一体となって素晴らしいチームができるコトを願っています。


[PR]
by lulucchi | 2009-01-24 21:00 | ヴォルティス

ライバルがまた一人。

今日の公式サイトの発表で、本間康貴選手の現役引退とサガン鳥栖GKコーチへの就任が発表されました。

『徳島のサポーターのみなさんには、徳島ヴォルティス・アマチュア時代よりアツイ声援をいただいて本当に感謝しています。現役を引退し、今後は指導者の道へ進むことになりました。新天地でも頑張ります。
徳島のみなさん、今まで本当にありがとうございました。』
というのがコメント。

本間選手といえば思いだすのは去年のセカンド時代のこと。チームの守備を引き締め全国大会に持っていってくれた安定感のある守備であったり、あと、ゴール裏で共に応援してくれたこともありました。

トップチームに移ってからはなかなかチャンスを与えられず日々練習していたけれども、こうして早くから指導者としての道を歩むのもよいことなのかもしれません。練習試合などを見るとGKとしては上背のない部分を色々カバーしようと努力していた部分も見受けられました。大分のシャムスカ監督も27歳で監督をはじめたり、これからは現役時代の実績だけでなく、若いうちからコーチとしての能力を磨かれた人材が大成してくるのかもしれません。岸野監督の下で指導を学びつつよいコーチになってほしいと思います。

今年また、ヴォルティスと戦うライバルが一人増えましたね。
[PR]
by lulucchi | 2009-01-23 19:04 | ヴォルティス

河野選手の引退。

一つ前のエントリで河野選手のコトを書いたのですが、チームから引退の発表が。

「ウズナチオ」と称された堅守の中心に彼がいたことは忘れられません。強く熱い気持ちでチームを引っ張る彼なら、もし現役を引退したとしても指導者としていてくれたら…などと考えたりもしてしまったのですが。例えば若年層にハートのある指導をすることで、お互いがよりよい境地に達することができたり…とか。

本当に残念ですが、きっとヴォルティスに与えてくれた喜びを次のステップでも与えてくれることだと思っています。
[PR]
by lulucchi | 2009-01-22 19:25 | ヴォルティス
名古屋から三木選手、青山選手が加入。本日は新入団選手の記者会見が行われました。

それにしても、うちの印象、草刈場だったんですね・・。呑んでかかられていた・・・というか。今年は逆に相手を呑む勢いで、取り組んでほしいと思います。

三木といえば思い出すのはトリニータ時代。岡中・サンドロと組んでいたゴール前のトライアングルは、おそらくリーグでも屈指の強固さでした。CBが二人いるときには上手さと強さで分担できているチームの守備は非常に魅力的に感じるのですが、まさにそれを体現していたような記憶があります。
ヴォルティスでは河野・西河時代がそれに近かったですが、三木と組むのは果たしてどの選手になるのか。フィジカルの強いペ・スンジンなのか、高さで評価のある登尾なのか、経験の三田か、はたまた大原や安藤や石川が新人ながら奪取するのか、そのあたり、目が離せません。

青山は一昨年のU20ワールドカップにも出場、ボランチとして期待されていた選手だ。グランパスやセレッソでは今ひとつ結果を残していなかったが、まずはどのポジションでもいいからチャレンジしてチャンスを掴み取ること。激しい競争の中で貪欲さを持って定位置を奪ってほしいと思います。出れば、必ず魅せることができる選手だと思うので期待しています。ボランチであれば米田との競争。攻撃力では青山にもチャンスがあると思います。

こうしてみると実際楽しみな陣容が揃いました。今は練習でも激しい争いが行われていることと思います。大事なのは、競争が円滑に行われること。これだけ層が厚ければ、どの選手にもチャンスがあり、練習やサテライトでそれを結果に結びつけた選手に機会を与えていくことが、更なるチーム内競争力の上昇を引き出すと思います。昨年終盤は練習で結果を残してもなかなかチャンスが…といったときもありましたが、今年は調子のいい選手をどんどん使ってよい結果を残してほしいと思います。
[PR]
by lulucchi | 2009-01-20 02:35 | ヴォルティス

初練習。

見に行ってきました。午前はランニングと体を動かすメニュー。午後はランニングと4グループくらいに分かれてボールを動かす練習を…。以下敬称略で雑文。

・新加入選手が多くて誰が誰やらわかりません。名鑑とか持っていった方がいいのかも。
・それでも高桑や徳重、三田や日野といった選手は何とかわかりました。あとはたぶんこの選手が…といった感じでした。ウワサの選手はまだ来ていなかったかも。でも、背番号から考えたらなぁ。
・契約未更改のヴォルティスの選手も全員参加。一番に出てきて準備する倉貫はさすが。若い選手も、ぜひ手本にしてほしいと思います。
・午前のペース走で目立っていたのは小泉。仕上がりのよさがあったように思います。今年はぜひ勝負してほしい選手です。

・コーチ陣の多さにびっくり。ただ、入れ代わった部分もあって練習のメニュー的にも変わった感じがしました。
・結果的にメニューからメニューへの移行がスムーズだったり、一つ一つの練習がメリハリがあるように感じたり。
・新しい選手の加入で今までの選手が危機感や刺激を受けたり、そういう土壌が今年は形成されていくのではないだろうか、そんな風に感じた練習でした。
[PR]
by lulucchi | 2009-01-16 09:32 | ヴォルティス

去り行く人と来る人と。

少し更新しないうちにいろいろな情報がやってきます。チーム発表ないな、もっと頻繁に更新してくれればいいのにと思っていたことが遠い日のようです。といっても、始動はもう今日なのですが。

チームからは新たに4選手の入団発表がありました。名古屋からは井上選手と筑城選手。京都からは上野選手。岐阜からは日野選手です。

名古屋の両選手は年末から噂になっていましたが、どちらもまだ若い選手。これまでは出場機会に恵まれていないようですが、チャンスは十二分にあると思います。まずはチーム・首脳陣のコンセプトを理解してその延長線上で結果を出していくこと。その上で自己主張をしていけば大きな成果を残すことができるのではないでしょうか。

上野選手は京都で平井選手とレギュラーを争った選手。また日野選手もガンバで松代・藤ヶ谷選手とレギュラーを争い、岐阜では正GKだった実力派の選手です。これで今季のキーパーは4人。J2の中でも最も層の厚いチームの一つになったといえるかもしれません。非常に楽しみです。

一方チームからの発表では、玉乃選手が草津に、柴村選手が鳥取に移籍すると発表がありました。草津は徳島のライバルチームですし、鳥取も最も昇格に近いJFLのチーム。二人とも今季は、ヴォルティスのために非常に努力してくれた選手だと思います。今後の活躍を期待し、また近いうちに鳴門で会う事を楽しみにしています。きっとブーイングはしてしまいますけど。

これは二人に限らず、他の選手にも言えること。やはり少しでもヴォルティスに在籍してくれた選手は、その後のことが気になります。今のヴォルティスがあるのは、あの時あの選手が頑張ってくれたからだ…それが直接目に見えなかったとしても、その気持ちは忘れず追っていきたいな…そのように思います。

さて、今日はTSVに新体制のチームを見に行こうと思うのですが…夜勤ばかりな現状、果たして明日早朝に起きられるか不安なのですが…頑張って見に行ってきます!
[PR]
by lulucchi | 2009-01-15 02:52 | ヴォルティス
長すぎたので分割しました。

DF 三田 光(←湘南) あとこの絵が激似。うまいなぁ。

 ヴォルティス昇格当初、もし4バックにするならこんな選手がいれば…と夢想していたのが三田選手でした。落ち着いた守備とチャンスに上がっていける力と…そういうところがいいなぁと思っていたのです。なので、移籍してきてくれるのは正直嬉しい。左右どちらのサイドバックもできて…という感じなので、藤田選手とどんな感じで使われていくのか楽しみです。それとも、ストッパーなのでしょうか?

  大原卓丈(←東海大)
  安藤寛明(←神奈川大)

 ヴォルティスのDFについては、現状何も決まっていないというのが実際のところなのでキャンプ次第でスタメンに食い込むことも可能なのでは?と思ってみたり。プレーを見たことがないので詳しくはいえないけれども、新人にとってはチャンス!ぜひ素晴らしいプレーを見てみたいです。

FW 羽地登志晃(←甲府)
  色々評価の分かれる羽地選手ですが、少なくとも得点に関しては現メンバーの中でも評価は高い選手です。甲府のサッカーとは明らかにあっていなかったけれども…。まずは競争に勝ち抜いて出場し、得点すること。それを積み重ねればサポーターの信頼を勝ち取って、またエースの座を取り戻す事が出来る…そのように思います。

  徳重隆明(←京都)
 セレッソの頼れる選手だったり、J2では京都の恐るべき選手だったり。チームには中心軸になる選手がいると思うのですが、徳重選手もその一人だと思います。得点もできるしチャンスメークもできる。ヴォルティスの前線にまた一人頼れる選手ができたように感じます。倉貫- 徳重ラインって、かなりなものだと思うのですが…楽しみです。

  佐藤晃大(←東海大)
 昨年菅原が一時期ブレイクしたように、大学リーグで得点を取っている…というのは得点感覚に優れていることの証左なのかも。まずはベンチ入りメンバーの一角に入って、出場できるチャンスを。色々な噂を聞くと、それも決して難しいことではないように感じます。

  大西孝次
 去年ヴォルティス・セカンドから昇格して目の覚めるような愛媛戦の得点を決めた大西選手。それは昇格選手の初得点であるとともに、セカンド自体の能力の高さを示すものでもあったように思います。今季はとにかく出場回数を増やして定着すること。もう一度あのプレーの再来をと願っています。
 
[PR]
by lulucchi | 2009-01-10 12:57 | ヴォルティス
年も明けて新加入する選手が続々と決まり、ようやくチームの全体像が明らかになってきました。毎年この時期は楽しみです。以下、獲得決定選手と個人的な印象。

GK 高桑大二朗(←横浜マリノス)
  まさかこの選手がうちに来てくれるとは!という思いでいっぱいです。ヴォルティスにとっては初めての日本代表経験者。鹿島の正キーパーだったころの印象や、あとなんと言ってもベガルタでのいいプレーが思い起こされます。キーパーはやはり経験がものをいうポジションなので、若手の手本としても、チーム全体をまとめるという意味でも大事なキーマンになるかもしれません。

  阿部一樹
 プルミエール出身で愛媛を経由し今季ついに正昇格した徳島の期待選手。昨年も一時期トップチームに合流したりサテライトに参加したり、非常に実力を評価されていました。コーチングなども声が出ていてよい選手だと思うので、とにかく練習してチャンスを掴み取ってほしい、そう思います。

DF 登尾顕徳
 京都からは登尾が完全移籍。恵まれた身長を生かして空中戦で競り負けることが少なくなったのは、この人の功績でもあるかもしれません。スピードのある選手へのフォローや守備のバランス感覚を磨けば、もっともっと良くなる選手だと思います。ベテラン選手からいろいろなものを吸収して、もっと頼れるストッパーにさらに成長する事を期待しています。

  ペ・スンジン(裵乗振)(←横浜FC<昨年はレンタルで草津>)
 強力な対個人マーク力で相手のキーマンを封じ込める実力を持った韓国年度別代表ディフェンダー。天皇杯柏戦ではボランチでフランサを抑えまくっていたとか。一方で副産物としてJ2・1のイエローカードの多さは心配だけれども、熱い選手なのではまれば徳島の守備に気合を注入してくれるかも知れません。噂の大物DF選手から色々学んでほしいなぁ。

  石川雅博
 ヴォルティスジュニアユースから鳴門高校といわば純粋培養でやってきたヴォルティスとしては久々の高校生ルーキー。シーズン終盤には練習にも参加していました。JFA選抜にも選ばれているだけに素質はあると思います。まずは体をつくって、プロの技術を学んで、鳴門の壁になれるように。期待しています。
[PR]
by lulucchi | 2009-01-10 12:13 | ヴォルティス
年末年始で、まずは阿部選手と岡本選手の移籍が決定しました。

阿部祐大朗選手は今季惜しくもJ2昇格を逃したガイナーレ鳥取へ。
かつて山陰に住んでいたことがあるのですが、なかなかプロスポーツが根付くのは難しいかな?と思っていましたが、なかなかどうして。来年にはヴォルティスのライバルになっている可能性が高いかもしれません。
阿部選手といえば思いだすのは今季初(そして唯一!)のアウェー勝利となった湘南戦を思い出します。先制されるも追いついて、逆転ゴールを決めたシーンは忘れられません。
TSVの練習試合ではしっかり決めたり、なにかあとちょっとあれば化けたのになぁ…という思いも持っています。
ガイナーレでしっかりエースの座を勝ち取って、またJに戻ってきてくれる事を期待しています。

岡本秀雄選手はお隣、カマタマーレ讃岐へ。そういえばトップ昇格のきっかけになったのも、一昨年の天王山、讃岐戦でのハットトリックでした。体はそれほど大きくなかったですが、セカンド時代のしっかりいるところにいて点を決めるスタイルは好きでした。
練習試合などではサイドで使われることも多かったですが、やっぱりゴール前にいてこそ生きる選手のようにも思います。そういえばファン感謝デーは、西河選手に肩車されて玉入れに奮闘していました^^一部、的になっていましたが・・^^
トップではなかなかチャンスに恵まれなかったり、積極的に仕掛けづらかったところもあったけれども…讃岐でしっかり結果を残してほしいです。
セカンドがあるから、積極的に応援しづらいけど、頑張ってね。


ところで、全く話は変わるのですがブログのコミュニケーションツールとして投票を使ってみようと思います。実際どれ位アクセスがあるのか、わからないのですが・・・
ヴォルティスやサッカーにまつわる設問をつくっていきますので、もしよろしければお気軽に投票していただけると幸いです。もちろんヴォルティスのサポじゃない方でも☆

第1回目のテーマは「’09年度のヴォルティス、あなたが最も期待するFW選手は?」です。
ここ2年エースがシーズン中移籍するという苦難の道を歩むヴォルティス。
二桁ゴールもここ2年生まれていません。でも、今年はやってくれそう!
そんな選手に、良かったら投票してください。よろしくお願いします。
投票する!    結果を見る!    コメントを見る!

[PR]
by lulucchi | 2009-01-06 20:26 | ヴォルティス
今日でお正月休みもおしまいです。本年もよろしくお願いします。

今年は、いろいろな人の話を聴いてみようと思います。
ヴォルティスに関して言えば、多くの選手が変わっていきました。
辛いことだけど、それならなおさら今年は頑張らなければ。そんな風に思っています。

応援に関しても、いろいろなことが出来ればいいな、と思っています。
せっかくオフシーズンなので、他のサッカーチームの応援など見てみたり。



応援を見ていて楽しいチームのひとつである、ザンクトパウリのゴール裏のもの。ハンブルグにある、今はドイツ2部のサッカーチームです。ハンブルガーSVより庶民的・・・。
昔神戸でめっちゃいかついドイツの人とお酒を飲む機会があったのですが、ハンブルグに住んでいるというのを聞いて「ハンブルグって、高原がいるチームですよね?」って聞いたところ
「そっちじゃないチームのファンなんだよ」と教えてもらった事を思い出します。
あの時ザンクトパウリを知っていればね。

それにしても応援、シンプルだけど躍動的だなぁ。


おそらくこちらはザンクトパウリのホームの映像。収容2万弱のスタジアムだから、ヴォルティスもこんなくらいの感じにしていけるといいね。

映像を見ていると選手とサポの距離が近い事を感じます。選手はサポの願いをもって戦っているし、サポは選手を信じている。羨ましいかも。そんな信頼関係を、ヴォルティスの応援でもつくっていきたいですね。
[PR]
by lulucchi | 2009-01-04 20:18 | サッカー