徳島で働き始めました。


by lulucchi

<   2008年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

寝坊しました。

今日は大阪に行こうかなと思っていたら…昼前におきてしまいました。

仕方がないので、スカパーで鳥栖vs仙台と愛媛vs山形を観戦。
鳥栖は強かったね。あのチームに勝てたんだから、ヴォルティスはもっと自信を持っていいはず。仙台は…なんだかやりなれないことをしようとしている雰囲気がありました。あれがプレッシャーなのだろうか?それでもゴール前への寄せは良かったんだけどね。

そして山形。最後に逆転するとはね。これでJ1への切符…羨ましいなぁ。
1シーズンを費やす中で、どうせならあんな濃密な時間を過ごしてみたい。そう思いました。
いつかたどり着けるはずだからね。

それからJFLの昇格レースは何とか岡山が三つ目の枠を。富山・栃木・岡山に来年は行くことになるのかもしれません。こっそり鳥取も気になっていたんだけど…5位か…。




<おまけ>
自分用備忘録
J2    勝点 得失点差 次節相手 3位条件
仙台   67  +14   H草津  勝ち・・条件なし 負け・・大阪負け+湘南引き分け以下 
      〇〇△△×          引き分け・・大阪引き分け以下+湘南引き分け以下
大阪   66  +20   H愛媛  勝ち・・仙台引き分け以下
      〇×〇〇〇          引き分け・・仙台負け+湘南引き分け以下
湘南   65  +22   A福岡  勝ち・・仙台引き分け以下+大阪引き分け以下
      ××〇×〇

色々な雰囲気を見るとなんとなく…セレッソが入れ替えにいってしまいそうな気がするんだケド・・。皆さんはどう思われますか?
[PR]
by lulucchi | 2008-11-30 16:55 | サッカー
サブの選手の最終戦かも…と思っていったらレギュラーメンバーによる試合でした。
明日のサテライトに行くのね。
高知大はすごいレトロなバスで来ていたのと、あと背番号が84とか51とかそんな番号の人がいっぱいいました。アメフト?

試合は3-2で勝利したんだけど、なんだかいろいろな情報が錯綜してその洪水に押し流されそうです。なんだろうね、いろいろなことを知りたくて、でも知れば知るほどつらい気持ちになるっていうのは、よくないかもしれない。そのせいだかわからないけれど、なんだか熱っぽいです。明日、サテライトにいけるだろうか・・・。

ちなみに練習生っぽい人も試合に参加していましたよ。これは明るいニュースかも。
[PR]
by lulucchi | 2008-11-29 18:40 | ヴォルティス

この時期思うことなど。

四国リーグの愛媛しまなみFCが愛媛FCの傘下になるらしい。
残念ながら石垣島にいけなかったカマタマーレと共に、ヴォルティスセカンドの新たなライバルになります。今季セカンドが勝ち抜けなかった理由の一つは、しまなみFCに引き分けと思わぬ足をすくわれたため。トップチームの去就も気になりますが、同様にセカンドチームの今後にも期待を持って注視したいと思います。

それにしても、この時期はそわそわします。誰もが希望するチームでプレーできればいいけれども、来る人がいれば去る人も。仕方のないことだけれども…でも、自分の好きなチームに所属して尽力してくれた人に、私は敬意と感謝をもって接していたいと考えています。
[PR]
by lulucchi | 2008-11-27 23:30 | 雑記

鳥栖戦@スカパー。

やっとスカパー中継を見ました。
落ち着いてみてみると、けっこう危ないシーンもあったのだけれども…。
それでも、これまでにはない良い場面がいくつもありました。

攻撃面がまずよかった。これまでは攻撃は右サイドに偏っていたけれども、挽地にしても、塩川にしてもよく攻撃に絡んでいました。特に挽地は積極的に上下動を繰り返していて、これまで見た中でのべストマッチの一つといえると思います。元々スタミナはある選手だと思うので、あんな形の攻撃が見られれば素晴らしいかも。

関連して石田とソウザの攻撃も向上していたように思います。悪い時のヴォルティスはFWが前線でただ孤立するだけだったけれども、他の選手が二人を追い越すときにはソウザがキープしたり、石田がサイドに展開する時は中央にもう一人攻撃の選手が絡んだり、スピードを上げてフィールドを広く使うコトで、ヴォルティスの攻撃面のよさを引き出していました。オフサイドになったけど、あのプレーなんかしびれるよね。

それから、中盤の形が変わったのかな?とも思いました。これまでは中盤は各自が奮闘するような苦しさを感じていたのですが、前線からボールにチェイスする玉乃、ゲームメークをする倉貫、底でボールを散らす米田と役割があったように感じ、結果的に相手の焦りからかインターセプトを多く取れたように感じました。もちろん、その影には塩川・挽地・藤田の精力的なカバーがあったようにも思いますが。

それから…守備。綻びをみせる時もあったけれども、とにかく最後まで西河や登尾が引っ付いていた。やっぱり鳥栖のFWは怖かったね。相手のシュートミスに助けられた部分もあるけれども、それは最後まであきらめずプレッシャーをかけ続けたからだと思います。後半序盤に苦しい展開もあったけれども、みんなで守りきったのが大きかった。あそこで同点にされたら、ずるずる行きそうだったから・・。島津もかなりいいセーブを見せていましたね。

そして、何より一番大きかったのは、みんなで勝ちに行こうという姿勢だったのかな…と。阿部もソウザの後をしっかり埋めたし、そして林!河野!練習試合では姿を見ていたけれども、やっぱりずっと待っていたから心を動かされました。現場で見られたら、どれほど幸せだっただろう・・・。

なんかね、もう遅いかもしれないけれども、ここでやっとチームが結実した気がします。でも、今年にはもう遅いかもしれないけど、来年にはまだまだ早いのだから…このチームをベースに、もっともっと強いチームにヴォルティスがなっていってほしい、録画を見てそう感じました。
次は広島。チャレンジャーとして戦うしかないですね。応援に行きますよ。
[PR]
by lulucchi | 2008-11-25 23:34 | ヴォルティス
昨日の素晴らしい試合を見逃してしまい、かつ録画にも失敗してしまった私には
現状紙媒体(新聞)とネットとお友達からの喜びの声でしか状況を把握できません。
嬉しい悩みというか・・・。まさに情報格差。次の中継は25日みたい。遠いなぁ。
どなたか、今回の試合の素晴らしさを私にぜひ教えてください。
[PR]
by lulucchi | 2008-11-23 22:54 | 雑記
明日の鳥栖戦は所用があって行くことができません。ホーム最終戦なのにね・・・。
大阪の方に行くのですが、これが来週ならサテライトとか色々辻褄が合って非常によいのですが。なかなかうまくはいきませんね。

鳥栖はかろうじて3位を狙える位置にいて、勝利が絶対条件。当然、前節の山形戦のように序盤から飛ばしてくることが予想されます。最近の試合での守備力ではそれほど大差がないとも思うのですが、点の取り合いになったときに藤田・廣瀬と明確な攻撃パターンを持つ鳥栖に対して劣勢を強いられる可能性は高いかもしれません。

けれども、それを凌ぐことができれば精神的な圧力はむしろ「勝たなければならない」鳥栖の方に出てくるわけで、それをヴォルティスの有利にすることができれば、勝機も出てくるのでは…などと想像しています。前半同点なら、相当前掛りで来るでしょうし。

徳島新聞の予想スタメンを見ると、1トップ阿部、後方に倉貫・ジーニョ。この前の日本代表の試合ではないけれども、塩川・石田を含めてどんどん勝負して、チャンスを作ってほしいと思います。さっき書いたことと矛盾してしまうけれども、ホーム最終戦だからやっぱり攻めてほしい気持ちもある。”こういう攻撃が見たかったんだよ”と思えるようなサッカーを見せてほしいと思います。明日は単なるホーム最後の試合ではなく、これからの期待を予見させる最初のいい試合になることを希望します。
[PR]
by lulucchi | 2008-11-21 23:31 | ヴォルティス
3-0。久しぶりに日本代表の面白い試合を見たように思います。

玉田・田中達也・大久保の3トップ気味の展開って、すごく気になります。前線に大きな選手がいなくても、3人の機動力でチャンスを作れるところ。こういうサッカーはいいなぁ。
代表チームだからそれほど練習ができるわけじゃないけれども、でも、その影にはきちんとした
お約束があるように思います。

一つは、フィールドをワイドに使い、周りの選手を良く見ていること。どの選手が空いているか見ることのできる落ち着きがあったように思います。
二つ目は強いボールを出していること。早いボールは相手チームの選手の戻りよりも早く、相手のスタミナを消耗させます。でも、そんなボールを使いこなすのは普段からの練習、トラップが大事なのかも。うまかったなぁ。
三つ目はいけると思ったら勝負すること。ためらいがないのが、1・2点目に結びついたような。
四つ目は、最後まであきらめず走り続けること。昔中村俊輔を見たときに、今こんなにフィールドを走り回るプレイヤーになると思わなかった。この人は欠かすことのできない選手になったんだなぁと思います。もちろん、今日の中盤の選手はみんな良かった。長谷部も、遠藤も、交代で入った松井も持ち味を出していたように感じます。

やっぱり、どういうサッカーがしたい!ってチームのコンセプトを考えることは、大事なんだなぁ。
もうちょっと代表の試合も注視しようと、そんな気持ちです。
[PR]
by lulucchi | 2008-11-20 20:49 | サッカー

サテライト@TSV。

a0000243_19294155.jpg

見てきました。暖かくしていったつもりでしたが、それにも増して寒かった・・・。
ひざ掛けと手袋・帽子必須かも。秋春?無理ですって。

試合は1-4で負けてしまったけれど、見に行ってよかったと思える試合でした。
もっと言うなら、最後までプレーをやりきる選手が、もっと必要ですよ。

スタメンは
島津(→古田)・柴村・河野・石川・挽地(→入船)・高橋(→林)・小泉・石原・片岡・六車・菅原。
4-2-3-1で菅原が1トップな感じでした。
ガンバは木村・安田・福元・植田・菅沼(Y)・武井・倉田・寺田・星原・岡本・平井。
話題の宇佐見は後半登場。徳島県出身の平井には弾幕も出ていました。

以下個人的な感想。

・これまでの試合に比べフィールド全体を使ったプレーが多く、ガンバに影響されたのかも知れませんが良いボール回しが見られました。
・序盤は片岡が右サイドから突破する展開が多くチャンスが多い。
・菅原のシュートはいいコースをつくが相手GKがシュートコースをけしてよくセーブする。
・広いスペースを使えると六車はいい攻撃。もっと貪欲に最後までいってほしいかも
・前半半ばの六車シュート→ポストの跳ね返りを菅原あわせる・・・こういう攻撃はいい!
・石原・柴村の左サイドも後半攻撃の起点になっていた。石原の積極性はとても大事。
・小泉・高橋も、中盤でボールを拾い続けていました。良さが出たと思います。
・後半最初ガンバがプレス圧力を高めた時に全般にばたばたしてしまったのが惜しまれる・・。
1点目、2点目とも崩されてしまう。こういうとき落ち着かせるにはどうしたらいいの・・?
・寺田のボレー、アレなんですか・・・上手すぎ。
・林と菅原のコンビ、はじめてみたけどいいかも。最近の3トップよりも好き。
・林はしっかり競れていたし、待望のゴールも決めた!いい位置にいました。
・セットプレイ時の河野は安心して見れる。攻撃時でも。スライディングは怖かった・・・。
・宇佐見、視野広いね・・・。末恐ろしいとはこのこと。
・古田、1対1は相変わらず強い。PKは仕方ないけど・・・そもそもなんでPKだったの?
・ガンバはクリアやヘディングでの競り合いから次へのプレーが正確で、かつ早かった。サテライトのメンバーとはいえ、やはりアジア王者のメンタリティは素晴らしいなぁと感じました。

点を取られてしまうとシュンとするところはあったけれども、それでもヴォルティスの攻撃にも見所が多く、楽しめる試合でした。
最近の試合は、練習試合も含めなんだか縮こまっているような感じがしましたが、今日は相手も良かったのかピッチを広く使える試合で、本当に良かったと思います。これがヴォルティス自身が仕掛けて、こういう展開に持っていければ。もっともっと前向きに試合してほしい、そう思います。
[PR]
by lulucchi | 2008-11-19 19:29 | ヴォルティス
鳥栖が神戸に勝った。5-2と完勝で。

W杯前後からJリーグを見始めた人間としては、あの鳥栖が…という思いでいっぱいです。

当時見ていたsagantinocafeさんのサイトとかを見ても、当時の鳥栖がいかに危機的な状態にあったかが思い出されます。そもそもチームとしての体をなしていなかったもの。何やってるかわからないフロント、飾りの監督(当時コーチがライセンスを持っていなかった)、とにかく勝てなかった。17節以降、一勝もできず、シーズンで3勝だけ。そもそも、チームが存続するかどうかさえ明らかでない状態。それが当時の鳥栖でした。

けれども、そこから鳥栖は一歩ずつ登り続けました。松本監督を呼び、信頼できる人間がフロントに座り、若い自前の選手を呼んできて育て、そして走りきれるチームを作り上げた。全てが崖っぷちだった組織が、5年でここまで変われるんです。今ヴォルティスは当時の鳥栖よりゴールに近いスタートラインに立っています。鳥栖の躍進は正直羨ましいけれども、それを明日のヴォルティスに照らし合わせるようになれば。
[PR]
by lulucchi | 2008-11-15 22:56 | サッカー
サッカーの大原卓丈選手がJ2の徳島入りへ

東海大・佐藤、大原が加入…徳島

東海大(関東大学リーグ2部)の大原選手と佐藤選手が来年のヴォルティスに入団するとのこと。契約第1号ということになるのかな?東海大学は今季関東大学リーグ2部で2位になり、来年から1部リーグに昇格することが決まっています。チームは得点数はリーグ1位、失点数もリーグ内2位で、攻撃力と堅守を誇っているようですから期待です。

大原選手自身はニュースにもあるように福島県出身、U18東北代表にも選ばれています。この時のチームメイトには現ジュビロの萬代宏樹やソニー仙台で活躍する大久保剛志らがいて、当時のU-18日本代表とも戦っています。こちらの記事にもあるように、ぜひ一年目からチームを支える選手になってほしいと思います。

佐藤選手はリーグで得点2位。19試合で14ゴールをあげてチームの得点王、リーグでも2位の結果を残しています。184センチと大型の選手で、ポストプレーもできるということなので、こちらも期待しています。

それと、練習試合を見てきました。3トップにしても、背の高い選手二人にしても、もう少しコンビネーションができれば、よくなっていくのかもしれません。もっとアピールして、チャンスをつかんでほしいと思いますね。セカンド佐藤選手のシュートは、いいシュートでした。


(21:49追加)
神奈川大の安藤選手が第1号でしたね。ゴメンなさい・・・。
[PR]
by lulucchi | 2008-11-14 18:33 | ヴォルティス