徳島で働き始めました。


by lulucchi

<   2008年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

5-0で勝利。何度見ても飽きないね。

1点目が入った時に、はじめは誰が決めたのかわからなかったのだけれども、石田が決めたのを知って嬉しくなりました。挽地と麦田が右サイドから絡むようになって、サイドの攻撃に厚みがでたように感じました。でも、まだ油断は出来ませんでした。

前半半ば、相手をフリーにしてシュートを打たれてしまったとき、島津が体に当てて止めたのを見て、今日はいけるんじゃないか、少しだけど、そう感じました。

前半が終わった時に、観客の入りを見て嬉しくなりました。
ヴォルティスを応援する前、東京に住んでいたことがありました。たまにあった休日に適当な試合を国立や味スタに見に行ったりしていました。土曜の試合のスタンド、決してJ1や代表のスタンドに遜色なかったよ。なんだかそう思って、切ない気持ちに。

2点目は麦田がとってくれました。勝負してほしいところで勝負してくれた。チーム個々人がやるべきタスクを理解して必死にやってくれている。一体感を感じたのは、このころからだったように思います。

3点目は菅原がやりました。前線からチェイスするのは大変だったけれども、あきらめず取り組んでくれた。それが嬉しかったです。

4点目が入った時かな、石田や玉乃たちがゴール裏に走りこんできた時に、とても熱いものがこみ上げてきました。ただひたすら選手の名前をずっと呼び続けていました。
玉乃があんなに熱い選手だとは思わなかった。あれだけ激しくプレッシャーをかけ続ける、昨日のプレーは、今まで見た中で最高のプレーだったように思います。

そして5点目。テレビで見るとすごいシュートだったんだと、改めて気づきました。ファーストタッチから決めた、大西のゴール、美しかった。

そして中盤の選手も、守備の選手も最後まで集中を切らさなかった。倉貫・米田・玉乃の3人がうまく役割を分担しながら中盤を支配していたところが、愛媛を自由にさせなかった要所であったし、藤田や大島の突破も有効だった。西河・登尾の守備は安定感があった。ダシルバは最後まで追ってくれた。

最後は、涙が止まらなかった。

たぶん、誰もがやるべきコトをやったから、あのように勝てたんだと思う。あとはそれを続けていくだけ。

チームも、スタンドも、ここからまた新しい一歩を踏み出せると信じています。
[PR]
by lulucchi | 2008-09-29 04:51 | ヴォルティス

ダービー。

a0000243_1815107.jpg

サポーターやっててよかった‥。
[PR]
by lulucchi | 2008-09-27 18:15 | ヴォルティス

次こそ・・・。

中二日のアウェイ。0-2で敗戦。見終わってとても辛い気持ちになったけれども、きっとこの悔しさはダービーで晴らしてくれるはず。

今日のプレーでは、攻撃のアイディアに面白く感じるところが多かったように感じます。倉貫→玉乃のプレーや麦田・片岡の攻め上がりなどね。石田のシュートも惜しかった。
しかし、ヴォルティスのシュートはキーパーにがっちりセーブされてしまうね・・・。周りがキーパーの気を引くプレーをすれば、集中力もそがれるとか、そういうのなんかな・・・?攻めていたにもかかわらず、逆にゴールを許してしまったのは残念。これがなければ、拮抗した状態からもっと違う展開になっていたかも。

次こそ、クリアできるところは大きくクリアして、決めるところはきっちり決めてほしい。
ダービーは、勝つしかないね。後押ししましょう!
[PR]
by lulucchi | 2008-09-23 15:53 | ヴォルティス
入田のヴォルティス・2nd戦を見てから鳴門に連れて行っていただきました。
ありがとうございました。

入田ではカマタマーレ讃岐と。試合は前半は押せ押せで2-0。実力的なものもあるけれども、セットプレーから得点できているのが素晴らしいかな。コーナーキックで得点の予感がするのは、クロスの精度と鋭さがあるからなのだと思います。久しぶりに胸のすくようなサッカーを見ました。
とはいえ、後半は10人の讃岐に追い詰められ少し冷や汗。
讃岐では尾上が頑張っているのも確認。岩舘もいいね。

鳴門には試合開始直後に到着。試合は0-0の引き分けだったんだけれど、今日見た感じを答えると、徳島は交代で先発した選手が非常に活躍していたような印象。センターバックの穴を埋めた柴村、前線にしばしば顔を出してプレスをかけた片岡など、ここのところ外れていた選手の必死さが伝わってきたような気がしました。

とはいえ、後半。ジャーンの退場(何で?)で得た数的優位を生かしきれなかったのも悔しい事実。状況は優位なんだけれども、そこからどう仕掛けるのか・・とかどういうプレーで相手を釣りだすのか・・といったイメージが共有されていないのか、攻めあぐねるシーンが目立ちました。
一方で開き直った湘南は原竜太に代えて永田、加藤望に代えて三田光と守備を固めてカウンター、セットプレーと思い切りよい形を作って備えていました。

今の徳島に足りなかったのは、試合中の緩急であったり、攻撃の緩急であったり、そういった変化なのかなぁって感じます。それがチームのコンセンサスによるものなのか、各個人間の連携にあるのかはわからないのだけれども、そういった部分がもっと出てくるといいのに・・と終盤は悔しく思っていました。もうちょっとなんだけどね。

とはいえ、島津を中心に守備は0点に抑えたのは素晴らしい。水戸戦をはさんで、いよいよ来週。頑張らないとね。
[PR]
by lulucchi | 2008-09-20 21:09 | ヴォルティス
最近お友達とお茶するコトがあって、その時映画の話になったのだけれど、そういえば最近映画を見てないなぁと痛感。県内に常設の映画館がシネコンひとつってどうなの?と環境を嘆きつつ、DVDでも借りてくるかなと思って近所まで行ってきました。レンタル、苦手なんだけどね。

それで、今日は借りてきた映画の話。(以下ネタバレを微妙に隠してあるので注意)




「10万マルクを20分以内に用意しないと俺は殺されてしまう」と彼氏から泣きの電話。必死でベルリンの町を駆け抜けるヒロイン・ローラ。様々な障害を抜けてお金を調達し彼氏の下へ・・・という話。彼氏のダメっぷりにはちょっと引いちゃうけど。切羽詰ってるからかな?

そこでは彼女であったり彼女に触れる周囲の人々のそれからがスライドであらわれるのだけれども、そこで知ることは「人の運命は様々な要因によって容易に変化する」ということ。そのほとんどは予想もしなかった偶然であり、運命は偶然によって支配されている・・・ということ。些細な偶然によって命を落したり、幸運に恵まれることもあるのだなぁ・・・と。

映画の冒頭で示される言葉は「ボールは丸く、時間は90分。事実はそれだけ。あとは推測に過ぎない」(ちなみにこの言葉は1954年ワールドカップ、「ベルンの奇蹟」のハンガリー代表監督の言葉。)
こうすれば、こうだったんじゃないの?とかここはどうだったんだろう?とか、でも一方で事実は厳然と存在する。頑張っても、努力しても報われないこともあるし、意外に何が幸いするかわからないのも事実だけど・・・

でも、何が幸いするかわからないからこそ、今できることを頑張ってやるしかないのかな?って思ったりします。結果は見えなくても、人生は一度しかなくて、やり直せないからね。とはいえ、この映画では彼女は3回やり直して、幸せを手に入れたけど(汗

全編に疾走感あふれる音楽がかかるドイツ映画なので、ローラの目力に圧倒されたい人はぜひ。
[PR]
by lulucchi | 2008-09-18 17:11 | 映画
頭がボーっとしています。色々弱気になってしまいますが、休息時間だと思って。
うまくいかないときほど、脳を休めて切り替えないといけないのかも・・・。

仕事とバランスをとりながら、頑張ろうと思います。
[PR]
by lulucchi | 2008-09-16 02:09 | 雑記
勝ち点じゃなくて、最後の得点だったけど。でもそれが、ヴォルティスの意地なのだと信じたい。

久々の丹羽に決められても、ハーフナーに決められても、それでも個々の選手はできるレベルで頑張っているようには見えた。ただ、それが繋がっていかない。それがパスミスであったり、セットプレーでのマークミスであったり、そういったことに結びついたように感じます。

アウェーに応援に行ったサポーターの方には、今はただ、おつかれさまでしたと言いたいです。

連続試合未勝利は続いているけれども、甲府にも鳥栖にももっと辛い時期がありました。今は徳島が規範にすべき両チームでも、それを耐え忍んだ時期があるのだから、自分にも耐え忍べないはずはない・・・と言い聞かせています。

でも、次は勝とう。次の90分は自分も必死になって応援しようと思います。

でも、西河選手が2試合出られないのは痛すぎる・・。
[PR]
by lulucchi | 2008-09-13 22:13 | ヴォルティス
1-2。悔しいです。勝てる流れもあっただけにね。とはいえ、ここのところこんな感じばかりなのですが・・・。

試合前のウォーミングアップで松本選手が負傷、急遽大島選手を入れて4バックの体制に。守備自体は大きな破綻もなく行われていたようにも感じるのですが、前半も後半も流れの中で失点。横浜FCは、攻撃のスピードはそれほど脅威に感じなかったのだけれども、シーンごとにいい場所にクロスを放り込んできたり、テクニックを感じました。ヴォルティスも負けているようには感じないのですが、特に終盤攻勢をかけたときにパスやクロスの精度では物足りない部分を感じてしまいます・・。調子のいいときはすばらしいんだけどね。

とはいえ、サイドからの攻撃はよかったように感じます。麦田選手だったり、藤田選手だったりね。ソウザ選手やアンドレジーニョ選手と絡んでいくと、もっともっとよくなるかも。

ちなみに試合はお客さんを4000人以上集め(カズ効果なのかな?)、ここで勝ってれば完璧だったんだけど・・・ちょっと気になることも。後でスカパーを見直さないとはっきりいえないんだけれども、前半の間接FKになったシーン、審判はどうして止めちゃったの?あれはアドバンテージをとるのが普通だと思ったんだけど・・・。もちろんチームの贔屓もあるからあまり言えないけれども、そばに座っていたおじさんに「どうしてあれは得点にならないの?」と聞かれて困ってしまいました。
サッカーって本当はルールのわかりやすいスポーツのはずなのに、そういうのがあると一見さんを遠ざけちゃう遠因になってしまうような気がして、残念だったかもです。

次は20日。次こそ勝って、27日のダービーにつなげましょう!
[PR]
by lulucchi | 2008-09-08 09:21 | ヴォルティス

山登りしてきました

a0000243_1784258.jpg


バスで入田の球技場まで。
途中雨に降られたりお遍路小屋で休息したり山を登ったりでなんとか登頂。のどかでした。
セカンドの試合は3-0で快勝。セットプレーがよく決まっていました。
この調子でJFLまで行ってほしいなぁ。
[PR]
by lulucchi | 2008-09-07 17:08 | ヴォルティス