徳島で働き始めました。


by lulucchi

<   2007年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

期末進行。

いや、超絶繁忙な一週間が終わりましたよ。会社、決算は今月じゃないんだけどこの時期は世間の波に飲まれて色々忙しいんですよね・・・。そしてよく考えると去年に比べて25%減の戦力。いやもう、いっぱいいっぱいです。

うちの会社は、人が休みのときに働く会社なのですが。ところが人員削減の結果として平日これ以上人を減らせない→土日休暇の増加ってサイクルになってきてるのは(休み的には)嬉しい反面、複雑な心境です。・・・サッカーとかプロレスとかコンサートとか好きな学生さんは、アレですよ。ぜひ土日が休みの仕事を選んで心行くまで楽しんでください・・・と思ったけど、そういう仕事してたときは忙しすぎて土日力尽き寝ていたなぁ。駒場まで30分だったのに。

そんなわけでなぜか明日は休み!全くもって事前の情報とかないんですが、とりあえず行って来ますよ!
[PR]
by lulucchi | 2007-03-31 21:18 | 雑記
サッカーを追いかけている人には激しくオススメだがそれ以外の人には全くといっていいほど勧められない「僕のプレミア・ライフ」(N・ホーンビィ著・新潮文庫)を読む。自伝的内容の小説は、主人公がいかにしてアーセナルファンとなり、そして25年にわたってアーセナルに人生を捧げ続けているかを淡々と語る作品だ。この頃のアーセナルがまた、ここ一番で勝てないんだ・・・。

あれ?その名前、どこかで聞いたことある・・・という人はたぶん映画ファン。「アバウト・ア・ボーイ」とか「ハイ・フィデリティ」とか、これまた好悪が分かれる(僕はどっちも大好きだ)作品も書いてる小説家だ。

ホームでの観戦は欠かさず、仕事も観戦の都合がつく仕事を選び、熱意が高じてスタジアム横に住居を構えて住むようになった主人公。長年見続けていれば選手も監督も変わっていくけれども、変わらず応援を続けていられるのは、実はチーム(もっと言えばスタジアムであり、その地域ですな)という場所への、帰属意識の表れに他ならない。話としては何しろ失意のシーズンがしばらく続くのだから、決して盛り上がるような内容ではない。けれどもチームを愛し・・いや、一体化し見続ける主人公の姿には、非常に共感したってことですよ。
[PR]
by lulucchi | 2007-03-27 22:34 | サッカー
1-0。数字ほど負けてる試合ではなかったんだけどね・・。高地のシュートは、あれは相手を称えるべきシュートだしね。

あえて言うならば、チームとして攻勢に出る時間帯を作れなかったこと。序盤はヴォルティスの方が優位な場面も見られたが、パスの出し手への素早く厳しいチェックに苦しんだ。さらに鳥栖は羽地に対してこれまでの高さに頼るディフェンス狙いから内間・村主二人がかりでケアを行う切り替えをみせた。結果的に競り勝ってもセカンドボールを拾えないというようなケースが頻発し、攻め込んだが決定的なシーンを作ることができない消耗戦へと引きずりこまれた。
後半ヴォルティスは岡本、挽地を投入して中盤から前線にかけての運動量を増やしたが、残念ながら有効打とはならなかった。本来はもっとここで攻撃的な手法を用いてほしかった気もする。うーん・・。バランスを保ったからこそ大量失点せずゲームとして成立したようにも思うが、もし、今日勝ちに行くべきならば、攻めての枚数を増やしてバランスを崩しても攻勢をかけるべきだったようにも思うし・・・複雑な心境だ。

ともあれ、次のホームではもっと主導権を握って戦ってほしいところだ。
[PR]
by lulucchi | 2007-03-26 16:00 | ヴォルティス

vs鳥栖展望。

明日はスカパーの録画を見ることになりそう。アウェイではまだ未勝利のはずだけれど、前節のようなサッカーができればいいんじゃないでしょうか。

(相手チーム)
・鳥栖はチーム育成の立役者・松本監督が退任。エースの新居が千葉へ、GKのシュナイダーが仙台へ移籍と激動。今季はここまで勝利なしといいところがないように見えるが、前節初得点&引分と回復基調にはある。
・加えてケガから吉田が復帰という話も。これまでのような前後の揺さぶりに弱いイメージから脱却できるようになるか。
・GKの赤星はルーキー。ルーキーで先発というのはすごいが、ここまでは戸惑っている印象。それでもセービングとかはなかなかのもの。
・攻撃陣はここまで見るべき成果を残していないが、アンデルソン(昨季水戸。17得点)など攻撃的な選手もいる。連携が改善すれば侮れない。

・鳥栖守備陣は180cmを越えるDFが田中1人のみ。羽地や康剛のようなターゲットになる選手を生かせそう。
・同じ4-4-2のフォーメーション。片岡や小山の突破がチャンスを生みやすくする。
・DFは相手ポストになる藤田をどこまで抑えられるか。狙いは似ているチームだけに、先制したほうがそのまま押し切りそうだ。

実力が勝ち点に反映される・・・という見方もありますが、世間一般には勝ち点が実力を反映すると見られたりすることもあります。勝っておけば(早すぎるけれども、いわゆる)昇格圏。春休みへ向けたアピールとしては絶好です。
前節が自分たちの狙いを徹底し、消耗戦の中で勝利を狙ったゲームならば、今節は勝ちに行くために主導権を握ることが必要なゲームとなる・・と思います。応援に行かれる方、頼みます。
[PR]
by lulucchi | 2007-03-24 12:25 | ヴォルティス
1-1。いや、勝てる試合だった。ヴォルティスの思惑通りに進んでいた試合だっただけになぁ・・。
あと一点、欲しかったですね。サマリーはJ'sgoalさんのを見て。以下感想。

・京都サンガFC(今期からチーム名変わりました)のマスコット(パーサ君・鳥)がアウェイにもやってくる。いいやつだ。それなのに売店で焼き鳥売るのはどうなのか。
・ヴォルティスは前節と同じメンバー。相手2トップをどう封じ込めるか。過去の対戦では押してることも多いのに、個人技でやられるというのが多かったしね・・。
・サンガはDFの軸、チアゴが怪我で欠場。代わりは秋田。角田秋田手島森岡て、すごいDFラインだ。
・立ち上がりは今ひとつ。呼吸が合っていないというか、中盤でキープできず相手主導の展開に。大きくサイドを変え攻め込まれるがラインを保ち崩されずに耐える。これが今年のいいところだ。
・とはいえ攻撃面では見るべき部分・・はあまりなく。今日こそ頼むよ。

・後半になってヴォルティスが押し始める。低い位置から両サイドの裏へとボールを入れるような戦術に代わった?前半は競り負けることも多かったが小山らが競り、ボールに大島や羽地が絡むようになる。この攻勢は見ていていい感じ。
・そして羽地の先制ヘッド!西京極初得点ですよ!高さを生かしました。盛り上がる徳島サポ。
・あせる京都は森岡が2枚目のイエローで退場。守備を欠いたまま攻めざるを得なくなる。
・ここからお互い打ち合いのような展開。京都の攻撃も島津を中心に耐え忍ぶ。
・攻撃面ではダ・シルバの果敢な走り、テクニックが随所に。いや、面白いわ。
・得点後片岡に代えて挽地・大島に代えてクレベルソン。二人ともよく走り回ってました。
・サンガの渡辺はすごい選手という噂だったが、ちょっと見る余裕ありませんでした。ただ、交代辺りから攻められる度合いは増えたかも知れないです。
・逃げ切れるかと思った終盤、ゴール前の混戦の中でPK判定。うーん・・どうなんだろうね。
・最後、小山の惜しいシュートもあったもののそのまま終了。京都から初めて勝ち点奪取。よくやった。あと少しで勝てていたから、悔しいけどね。少なくとも、今年の徳島は簡単に負けるようなチームではない・・ということを見せつけることはできたんじゃないかな。
[PR]
by lulucchi | 2007-03-21 20:53 | ヴォルティス

西京極に


向かっている途中、事故で電車がとまる。うーむ。ま、のんびりいきますかね・・
[PR]
by lulucchi | 2007-03-21 11:16 | ヴォルティス
0-3。いや、完敗でした。点差ほどの実力差は感じなかったけど、得点できるイメージがね・・。ゲーム結果はJ’sGoalに載ってるとおりとして、目指すサッカーを相手にやられちゃった感じかなぁ。以下感想。

・スタメンは前節と同じ。サブに天羽が登場。練習試合で3得点のクレベルソンにも期待だ。
・前半はスペースにボールを持ち込みスピードで抜け出そうとする札幌に苦戦。ダヴィ、速いじゃないか・・。とはいえ、何度かあった1vs1のピンチも島津がしっかりセービング。頼れるなぁ。
・一方攻撃面ではサイドから持ち出しチャンスを作るもののDF陣に阻まれる。1対1で勝てないとなぁ。徳島FWと札幌DFて、どうして相性が悪いのか・・。
・サンウは守備面でやっぱりこれからの部分もあるがFKや攻め上がりで非凡なところを見せる。チームでその長所を生かしていきたいですね。

・後半大島に代えてクレベルソン投入。札幌みたくスペースとスピード生かす狙いかな?片鱗見せたけどチームの意識としてその特長を狙うまでには行かなかったように思います。
・失点はいずれもカウンターをサイドから持っていかれて。守備面でもそうだったけど、一瞬のスピードに戸惑っていました。西谷か・・・・。
・今井監督の選手交代は(今のところ)同じポジションでの交代のみ。おそらく、今の陣形を徹底させていくことが狙いなんだと思うんだけど、終盤にかけて選手が攻め手を失っているようにも感じました。ただ、現時点ではこれは間違っていないように思います。小手先の戦術変更を狙うよりも、今は自分たちのプレーに磨きをかけ選択肢を増やしていくことが必要なのでしょう。特別なことはいらない。まずは普通のプレーを徹底できるようになること。今いる選手が強くなって、ヴォルティスが成長していくのを待っていますよ。

(追記)録画見ました。60分くらいまではいい勝負してたんだなぁ・・。
[PR]
by lulucchi | 2007-03-17 21:41 | ヴォルティス

札幌戦の記憶。

9月のことは、もう忘れました。

札幌、雪で大変やらブルーノがインフルエンザやら大変そうだが。「四国は鬼門」とか言っているが何の事はない、徳島だってホーム札幌戦に勝てていない。札幌というと曽田を中心とした堅い(あと大きい)DF陣・・というイメージだったが、今年はヴォルティスも体格負けしていない選手が多く、セットプレーからもやってくれそうな気がします。頼むよ。

あと「メガネ男子」ってなんだかなぁ。こういうのがスポーツ紙クオリティなんかな。
[PR]
by lulucchi | 2007-03-16 23:00 | ヴォルティス
試合の前後に高崎市美術館・タワー美術館にいってきました。今回は2館合同の企画展として「日本近代洋画への道」が。江戸から近代にかけてどのように西洋画が受容されていったのか・・を見る展覧会、なのかなぁ。
とにかく出てくる画家さんが平賀源内とか司馬江漢とかビゴーとか黒田清輝とか教科書でおなじみな人から、ほとんど不詳の人までいろんな作品が見られる、というのが新鮮でありました。

正直この辺りの美術史、全然わからんのですが「日本の習俗を描く外国人」と「西洋の文化を吸収して書かれた日本人の西洋画」という対比はちょっと気になる感じ。とはいえ、日本人の描く絵、どことなく日本ぽい感じが残っているのはご愛嬌かも。

明治以降だと描く対象が神社仏閣だったり、あるいは戦争(旅順攻略とか、軍艦とか)というのも興味深かったり。静物画として描かれている多様な果物も、よく考えればこの時代には貴重なものではないの?と考えたり。絵を描くとき当たり前のように感じているけれども、写実的に描く、ってのはそれはすごい発見だったのだろうか。有名な「鮭図」とかもそうなんかな。


あと、高崎市美術館のショップにあったポストカードがとてもよいデザインだったので購入。作ってるのは芦村さんという人らしい。色使いがよいなぁ。
[PR]
by lulucchi | 2007-03-14 02:36 | 雑記
群馬、行ってきました。試合結果はスコアレスドロー。以下雑感。

・スタジアムはゴール裏締切、バックスタンドにサポーターが陣取る。観衆はホーム開幕にしては少なめだったが年々強化される草津サポーターはちょっといい感じ。あと、応援にピンポンのサントラのアレとか使ってるセンスとかもいいね。
・ヴォルティスは前節と比べアンドレ→ダ・シルバ、挽地→小山への変更。
・草津は秋葉がスタメンの4-4-2。話を聞くと、やはりザスパでもいい兄貴分らしい。秋葉と元神戸の本多には愛あるブーイング。本多は北島町出身らしい(笑
・試合は、とにかく風がシャレにならない。ゴールキックは真っ直ぐ飛ばず、風に正面向けば砂埃が目に入り、コーナーのボールでさえ何もせず動き出す始末。
・とはいえ風上からロングボールで攻め立てる草津に対し最終ラインでがっちりクリア。全般に草津FWには恐さを感じなかったなぁ。それだけ今年のヴォルティスDF陣に安定感があるということか。
・攻めては中盤を制圧はするのだが細かいコントロールが効きづらくゴール前を固めるDFラインを縫うようなボールを供給できない。あと、ダ・シルバは初戦がこの試合でかわいそうだった。こ、こんなひどい環境のゲームはそうそうないからね・・・。
・終盤の相手コーナーキックにはヒヤヒヤ。ボールが風に乗ってゴールへと捲いてくるので気が抜けない。
・後半は前半と逆のパターン。コーナーから惜しいシーンもあるもシュートは左ポストを叩く。あれが決まってれば・・・。・終盤はやや息切れ。足が止まっていたかもしれません。それでも、あの環境でよくやれていたと思いますよ。


その他のこと。
・敷島スタの弁当がだんだん増えてきている。確か前はとりめしと後一つくらいだったのに、今回はソースカツ・幕の内など4種。あなどれない・・。
・スタへのバスは高崎・前橋・草津など5~6箇所への複数時間運行。素晴らしい。徳島でもやってください。ホントお願いしますm(ーー)m
・帰り、草津サポの方にお話を伺う。練習ではとにかく走りこんでるそうだ。確かに、運動量では前節含め落ちてなかったよなぁ。その辺り聞いて、チームとしては少しづつ進化してるんだろうな・・などと思いました。
・あとサポの方に温泉饅頭いただきました!ありがとうございました!
[PR]
by lulucchi | 2007-03-12 11:46 | ヴォルティス