徳島で働き始めました。


by lulucchi

<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

善き人のためのソナタ(公式)」がアカデミー外国語映画賞を撮ったみたいで、とても嬉しい!
自分としては、久々に打ちのめされる映画だったので・・・・。自分のベスト5に入るよ。

それ以来レビューを書こう書こうと思いつつも、自分の中では色々なモチーフが浮かんでは消え、うまく文章にすることができませんでした。文才のない自分がダメだ・・。
とはいえ、書きたい気持ちだけは募るばかり。とりあえず書けることを書いてみます。

「DAS LEBEN DER ANDEREN」・・原題は「他者の人生」
冷戦下の東ドイツ。物語は一人のシュタージ(国家保安局員)と二人の芸術家を軸に進む。シュタージの仕事は反政府的言動を取り締まること。任務を至上のものとし、国家を疑わない彼は、それが政府高官による恣意的なものであることを知りながら劇作家と女優の暮らしを盗聴・監視し続けます。パーティに現れた人の発言、夫婦の会話からセックスまで。国を代表する芸術家として恵まれた環境にある二人も、悩みを抱えながら妥協点と接点を求めてゆく。けれども、ある時を境に3人の生活には変化が訪れます。3人ともが、それぞれの自由と信念を持って。そして、物語は終末へ。

で、まず主人公のシュタージたるヴィースラー大尉の存在感に圧倒される。彼は決して悪人ではない。けれども、国家のために与えられたことを普通にこなす。それが48時間の尋問であっても、盗聴を見られた一般人への脅迫であっても。実に淡々と。それが彼の国家に対する仕事だからだ。
けれども彼の内面は彼を取り巻く風景と同じく寒々しく、味気ない食事や、あるいは娼婦と時間を過ごす事、それさえも彼を満たしているとは思えない。そもそも、妻がいつ密告者になるかもしれないような社会で、シュタージがおちおち結婚できるはずもない。

そして彼を取り巻く世界の何といびつなことか。PKディックのような悪夢的統制社会が、実にリアルな形で迫ってくる。そりゃ実際に使われてた建物で、実際にシュタージに監視されてた人がやるんだから。ホーネッカー議長の小噺をしたことをうかつにも聞き咎められ、名前と所属を聞かれる局員。誰も国家体制を信じていないのに、そこに従わざるを得ないという奇妙。

だからこそ後半、ブレヒトを読み自由を知り、変わっていく彼は見るものの心を解き放つ。エレベーターで一緒になった子供にも優しい眼差しを向けるヴィースラー。けれども、国家からの命令の前では、彼はただの1役人に過ぎない。自由を自分なりの手段で守ろうとするヴィースラー。危険すぎる。それがまた見る者に不安感を与えていく。

ヴィースラーに監視される劇作家ドライマンと女優マリアの存在も素晴らしい。「革新的」作家でありながら国家の許可の下でしか作品を発表できない矛盾に悩むドライマン、自己への自信のなさから薬に頼り、女優像と自分の葛藤に苦しむマリア。彼女はまた、政府高官からの庇護要求にも苦しんでいる。そして彼らの仲間の死(仲間は政府により芸術的活動を禁止されて、そして死んだのだ)から、本当の自由を求め始める。それは自然な心が求めるものであったが、少なくとも東ドイツにあっては危険な活動だった。

そしてドライマンは自由の為に、マリアは自らが女優であるために、ヴィースラーは自らが耳にしていた世界を守るために行動を起こす。3つの望みは同時にはかなわない。そこが涙を誘う。
・・・ベルリンの壁が崩壊した後、亡くなってしまった3人のいた世界。けれども生き残った二人に起こるドラマを、ぜひ見てほしい。
[PR]
by lulucchi | 2007-02-28 00:56 | 映画
大国・趙に攻められた4千人の梁の町。敵は10万、降伏するしかない・・・が。
守城の達人、墨家からやってきた革離ならやってくれる!・・・たった一人でも。


墨攻(公式サイト)」見てきました。元々学生時代授業をサボって中国史の本を読みふけったり、酒見賢一の原作(これはユニークで素晴らしい。オススメ)も持っていたので期待して見に行きました。

えーと。
確かに、映画化としては正しい。エンタメとしてのツボを押さえているので、非常に楽しめました。特に戦闘シーンは素晴らしい。敵方である巷奄中将軍の最後の攻めなんて、原作を超えて圧巻だったしね。ロケ地も素晴らしかった。

ただ、主人公の墨者・革離の設定付けが、残念ながら弱かった。アンディ・ラウを非情の人にしたくなかったからかもしれないが・・・。
そもそも墨家思想を信奉する人間は実利重視、効率性を重んじると言われている。酒見氏の原作であったような、宮女までも戦力として扱う様や命令違反者への厳しい処分は、乏しい戦力で戦うための主義、必要悪として描かれるべき部分であったように思う。
が、映画での革離はそんなこともせず、策が次々当たる超絶的な技術を持った人でしかない。そりゃ民衆もヒロインもついていきますがな。そして戦争がそのようにヌルく描かれるほど、敵方の将軍は間抜けに見え話が弛緩していくという・・・。もしこの映画の終盤が、革離の心に芽生えた「戦う意味」あるいは「愛情」を描くためにあったのなら、序盤もっと彼を目的の為には手段を選ばない硬骨の士として描くべきだったのではないかな・・とおもう。TVでやるなら家族と喜んで見るだろうが、まぁ、そんな感じの映画でありました。

(追記)蒼き狼の予告、「天と地と」かよ!・・・と思ってみたら角川春樹事務所かよ!この人の一念はこれはこれで尊敬するなぁ。
[PR]
by lulucchi | 2007-02-27 20:23 | 映画

そろそろ開幕に向けて。

「サカーブログちゃうんかったの?」と言われつつ好きなこと書いてる日常ですが、そろそろサッカーのことも考えないとね・・・と思っております。

今年考えているのは「先入観を持たず、常に新鮮な気持ちで応援する」と言うこと。去年、おととしと「あの選手が軸だ」とか「こうすればいいんじゃないか」とか考えていたのですが、中心となる選手が入れ代わった今、もう一度1から見直してみてもいいんじゃないかと考えるところであります。監督もそういう感じで見ているようだしね。

あと(備忘録のための)参戦予定。%は応援にいけそうな確率です。
3/3  vs愛媛 鳴門 14:00  99%
3/11 vs草津 群馬 13:00  10%→70%(勤務作成担当T様、多謝!)
3/17 vs札幌 鳴門 14:00  90%
3/21 vs京都 西京 13:00  50%
3/25 vs鳥栖 鳥栖 13:00  10%
4/01 vs水戸 鳴門 13:00  20%
4/08 vs湘南 平塚 13:00  60%
4/11 vs仙台 鳴門 19:00  95%
4/21 vs山形 鳴門 13:00  50%
4/25 vs東京 味素 19:00  80%
4/29 vs福岡 鳴門 13:00  40%
5/03 vs大阪 長居 16:00  40%
[PR]
by lulucchi | 2007-02-16 21:18 | ヴォルティス
行ってきました。

1.不動・浪口・夢路vsGa-Cha-Ping・コスモソルジャー(華☆激)・高西
Gachapingは190cmの巨漢外人。黄緑のタイツ。マスクはたれ目。アレか。アレなのか。
そして試合は20歳の後輩・高西に連敗中で後のない浪口が意地を見せるもGachapingに圧殺。でも浪口もよく頑張っていた。もっとなりふりかまわず行けば、もっと化けるはず。

2.神風・車冬次郎csSIGERU(NWD)・スペル・パンDo(DEP)
車冬次郎は男はつらいよのテーマに乗って登場。あの格好。アレか。アレなのか。
試合も一人でおいしいところを持っていく。
・「男はつらいよ」のテーマを歌うも鳴ったのはゴング1つ。
・もちろんリングコスはステテコに腹巻。
・手につばつけて挑むも相手はドン引き。
・対戦相手は「タコ社長」、パートナーは「青年」と呼び続ける。
・控えているときはリングサイドの観客に酒?を振舞う。
・必殺技は葛飾柴又固めに帝釈天落とし。下町のナポレオンを口に含んで目潰し攻撃(勿論反則です)も得意。
・試合後は観客の女の子を口説くももちろん撃沈。素晴らしい。

3.山田道場提供試合 太田vs人見
パンクラスルール(3カウントなし・ギブアップ・KO10カウントのみ)。面白かったが、もしあれが10分あったら難しかったかもしれない。

4.SUN提供試合 高橋奈苗・夏樹たいようvsHikaru・前村早紀・・今日のベスト2.
・動きが早くて携帯カメラではついていけない。とてもいいこと。
・前村のコスチュームがセーラー服ぽいものに。器用な選手だし、コス路線はいいかも。
・終盤への盛り上がりが素晴らしい。こういう試合が増えると女子プロもいいのに。

5.大谷vs藤田ミノル
・藤田が大谷を奇襲。一気に攻めるが形勢逆転後は大谷の怒りが爆発。
・反撃するミノル。最後はつぶされたが、大谷越え目指して頑張ってほしい。

6.BJWタッグ選手権 <王者>佐々木義人・関本大介(大日本)vs佐藤耕平・横井宏考・・ベスト
キャリアでは王者を上回るROWDY(耕平・横井)が王者を仕留めるのか。それとも大型チームを連覇する王者組が返り討ちにするのか。関本vs耕平のジャーマン対決も見もの。
・後から入場する王者に奇襲するものの序盤は王者が優勢。関本は耕平をいすの山にブレーンバスター、義人は横井に机貫通プランチャ。
・が、ROWDYも反撃。いすを持つ関本をいすごとパンチで吹っ飛ばす横井。強烈なミドルキックで悶絶させる耕平。関本が戦線離脱し義人が捕まる。横井の膝攻撃はキツイ・・。
・傷めている義人の腕を集中攻撃。呻く義人。もう無理か・・・。それでも反撃、何とか交代。
・終盤は関本の眉山(同時二人投げジャーマン)、義人のアルゼンチン、耕平のジャーマン、横井の強力なパンチといい攻撃が連続。最後はサポーターを外して2連発ラリアットで義人が王座を防衛。どちらのタッグも素晴らしかった。もっともっとこういう試合を見てみたい。

7.大森・高岩(GHCjr王者)vs崔・日高(AWAjr王者)
・Wタイトルマッチの前哨戦。実力者・高岩に日高が挑む形。
・大森さんとハイタッチしちゃったよ。いい人だ・・・・。
・コーナーでもファンに向けアピールする大森さん、いい人だ・・。おかげで反則してもいまいちヒールっぽくないところはアレだが。マッチメークって難しいね。
・が、崔・日高が奮戦、日高はアイル・ビー・バックも決め高岩から3カウントを奪取。これでタイトル戦がわからなくなってきたよ!

最近「テーマのある戦いこそが大事だ」ということを感じているのだが、それをよく見せるいい興行だったと思います。
[PR]
by lulucchi | 2007-02-13 13:45 | 雑記

明日へのチケット

映画館でのアンケートで、”2006年ベスト5を投票してください”というのがあり投票してきたことがあったのですが(ちなみに1.プロデューサーズ、2.ゆれる、3.サンキュー・スモーキング、4.クラッシュ、5.ラジニカーント・チャンドラムキ)他に「特定の人に向けてオススメの作品が」という項目がありました。

で、そこで「スポーツ系サポへ」と書いたのが表題の映画。世間的にはちっとも話題にならなかったけれども、見てほしい作品でした。

「明日へのチケット」(公式)は3部作形式の作品。3人の監督がスイスからイタリアへ向かう一つの列車の中で起こる出来事をそれぞれ描くものでしたが、老教授の追想・・という趣きの1部、やたら横暴な将軍の未亡人に青年兵士が振り回される2部には正直乗れませんでした。

が、3部はそれらを凌駕して有り余るほど素晴らしい内容でした。主人公は3人のセルティック・サポーター。普段はスーパーで働く彼ら3人は節約してスコットランドから普通列車を乗り継ぎつつ、ローマとのアウェー戦に向かいます。陽気な彼らは車内でベッカムTを着たアルバニア人の少年にサンドウィッチをおごってやったり、隣のイタリア人の女の子たちに話しかけたりしています。
・・・・が、ここで緊急事態が。3人のうちのローマまでの切符がありません。余分なお金もなく、車掌も容赦してくれません。たぶんさっきの男の子が・・と怪しむ一人。疑っちゃだめだよとなだめる一人、どうしようと悩む一人。ついに怪しむ彼が激高し、そしてアルバニア人の家族に詰め寄ると・・
確かに無くなったチケットは彼らの元にありました。彼らは難民でローマにいる父の元に向かっていたが、どうしても資金的にチケットが1枚足りなかったと。その為取ってしまったと涙ながらに訴えます。それは困ると憤る3人でしたが、怒っていた彼がチケットを渡し、自分が捕まる覚悟を固めたのでした。
そして、ローマ駅。混雑する駅では、なかなか公安官も来てくれません。その隙を突いて3人は逃げ出します。修道女の集団を突っ切り、乗客を振り切り逃げる彼ら。が、追っ手は迫ってきます。絶体絶命。そこに・・・・現れたのは対戦相手であるローマのサポーター。ただならぬ気配を察したローマのサポーターは、迫り来る公安官をブロックし彼らの逃亡を助けます。そして無事改札を突破したセルティックサポとローマサポの間では、延々エールの交換が行われたのでした・・・・。

といういい話。でもこれ、やっぱりどこかのチームのサポでないとこの感覚ってつかめないかかなぁ・・・。
[PR]
by lulucchi | 2007-02-11 21:32 | 映画
基本的にアマゾンで衝動買いとかはしないように極力努力しているのだが、そんな自分が一瞬にして予約してしまったDVDがやってきました。去年MusicAirでやっていたんだが、DVDではさらに高画質になって大満足。自分の洋楽遍歴の50%はこの人に関連するといっても過言ではないのです。

しかもDVD、ジュークボックス機能がついてて好きな順に再生できるとかフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド(「リラックス」しか知らん言われてますな)の再結成ドキュメントが入ってたり(今まで何をしていたのやら・・・)お値打ち・・と思っているのですが。

トレヴァー・ホーンの音楽歴25周年記念ライヴがDVD化!ゲスト多数参加

個人的には一夜限りの復活を遂げたバグルス「ラジオスターの悲劇」、生でやってるの初めて見たアート・オブ・ノイズ、妖しいサウンド健在なプロパガンダ「Dr.マブセ」、やっぱり貫禄あるイエス「ロンリーハート」、マーティン・フライはある意味カッコええABC「ルック・オブ・ラブ」、御大に囲まれおとなしめtATu「オールザシングス・シーセッド」、一人本格派ぽい雰囲気漂うシール、本当にどこに行っていたのかわからないフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド「リラックス」「プレジャードーム」・・・・こうして並べてみると、自分の趣味、アレだな・・・。とはいえ、ホントに大事なDVDになることは間違いなさそうですよ。
[PR]
by lulucchi | 2007-02-07 20:52 | 無人島へ持っていく10枚