徳島で働き始めました。


by lulucchi

<   2005年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ドイツDFB杯(天皇杯みたいなもんですな)決勝。奇しくもバイエルン・ミュンヘンvsシャルケ04というブンデスリーガ1位と2位のガチンコ対決となった。バイエルンは優勝したものの直接対決は今季シャルケの2勝という互角の戦い。

試合は開始早々バイエルンの猛攻から始まる。どの位置からでも素晴らしいシュートが打てるマカーイが1分、4分に足で、ヘッドでとゴールに襲いかかる。ゴールポストは惜しくも外れたものの浮き足立つシャルケは動揺をおさえることが出来ない。
そのチームを立てなおし前を向かせたのはシャルケのリンコウン。中盤に君臨し素晴らしいキックを放つ彼が中盤で打開し、チームを鼓舞する。バイエルンはリンコウンを止めるために心技両面から攻めたてる。彼へのタックルだけでなく、13分には突き飛ばされた(フリをするw)サニョールをみて猛然と突進、まるで中学の体育教師のようにリンコウンに説教するオリー・カーンとか。あんなのに詰め寄られたら、泣くよな・・・。

それでも中央からのチャレンジを続けるシャルケ。アイウトン・アサモアも速攻から抜け出してバイエルンゴールを目指す・・・・もののきっちり守備を固められ突き進むことが出来ない。一方のバイエルンの攻撃には相変わらず後手を踏んでしまいベルマン・リンコウンと連続でイエローカードをもらってしまう。
何度も決定的なシーンをつくるバイエルン。23分にはエリア外からのバラックの強烈なシュート!これはなんとか弾き出す。顔を押さえて倒れこむシャルケDFのベルマン。でも、リプレイではきっちり伸ばした手に当たっていた・・・(汗。でもこの結果にはおとがめなし。当然もめる両チーム。まぁ、どこぞのリーグでも似たようなプレーはありましたな・・・・。
ドイツ精神とはかけ離れたところで進むゲーム。激しい攻防が続くが全般としてはバイエルン優勢は動かない。シャルケではDFのボルトンが必死のディフェンス。飛び込んでくるバラックにも1歩も引かずコースを絞ってくる。
が、試合の流れには逆らえない。42分。バラックからあげられたクロスをサニョールがきっちり繋ぐ。ゼ・カルロスのシュートはポストに弾かれる!戻ってきたところにマカーイのシュート!これはDFのボルトンが弾きかえす!そのこぼれ球をもう一度シュート!必死にジャンプしたボルトンの頭上を越えてゴールに突き刺さる。バイエルン先制!
しかし歯車は逆回転する。その1分後、シャルケの攻撃。アイウトンがエリア内で倒されたプレーにPKの判定。PKとるほどのプレーではないような気もするが・・・これをリンコウンが決めてシャルケ同点!試合は1-1のまま、ハーフタイムを迎える。

後半に入ると試合はやや膠着した展開に。シャルケはバイエルンの中心でもあるバラックに激しいチャージ。「バラックの闘志を萎えさせる作戦ですね」「絶対無理でしょうね」「でしょうね」という一連の流れには笑った。私もそう思う。イングランドにおけるジェラードのように、本当にバラックはドイツを体現した選手なのだなぁと思うしね。
審判の微妙な判定とともに今日はスタジアムも微妙な感じ。60分すぎにはなぜかグランドのあちこちから水まきの水が噴出し始める(汗どうなってるんだ・・・。水を飲むアサモアw。元栓締めて事無きを得るが、それでも大量に撒かれた水は若干ボールタッチに影響を与えたようで、試合も少し落ちつき始める。疲れも見えるのか、選手交代も両チームに見られる。
そして75分のバイエルン。シュバインシュタイガーに代わって入ったサリハミジッチがマカーイからのシュートをきちんと流しこんで勝ち越しのゴールを決める!これもどう見てもオフサイドなのだが・・・ま、これまでやたらバイエルンに厳しい判定が多かったので、これでおあいこ、都いうことかもしれない。それにしても前線に抜けたマカーイもフリー、ゴール前のサリハミジッチもDF3人いたのにどフリーという、真空地帯が発生していた・・・。
シャルケはここから決死の反撃。ロドリゲスをいれたりボルトンが前線に上がってパワープレーを展開するなど懸命にゴールを狙う・・・ものの、カーンを中心にしたバイエルンDF陣は鉄壁。ゴールを奪えない。そして試合は終了。バイエルンのマイスターシャーレに続く2冠が決まった。

喜びに沸くバイエルン選手たちの横で、力尽きていつまでも立ちあがる事のリンコウンが印象的な試合だった。いろいろあった試合だけれども、ブンデスリーガ優勝の力をバイエルンは見せつけた試合だったし、シャルケへの運命の微笑みも、それだけでは足りなかった・・・と言うことなのだろうか・・。
[PR]
by lulucchi | 2005-05-31 16:39 | サッカー
結果はニュースで確認していたので録画放送を見るのは大変気が重いのだけれども、それでも何かいいことがないかと見ることにした。

・・・・いや、よく研究されているわ。これほどの大敗になったのはバレーの力と、ヴォルティスの集中の欠如だったのかもしれないけれども、ただ、狙われている要素というのは的確であったように思う。

まずはDFの裏に抜けるボールへの対処。3バックを志向するチーム自体には共通の課題だけれども、その場合のGKとDFとのバランスは改善すべきところなのだろう。そしてボランチへの激しいプレッシャー。中盤での激しい寄せで、タイミングを変えることが出来ない。個人的にはサイドに張り出すDFとボランチ、サイドハーフ間でもっと緊密なトライアングルを作って攻めあがってほしい・・・と思うのだが。でも、そうすると今まで以上に裏を狙われてしまうか・・・。

他方攻撃では、ゴールこそ奪うことは出来なかったが、惜しいシュートもいくつかあった。前半決めていれば、もう少し膠着する展開に持ちこめたかもしれないが・・・それでも、大島(怪我、だいじょうぶかな・・・)がDFをひきつけ、羽地が競り勝ってボールを落とすような形であったり、伊藤がひきつけたまま金へのラストパスを出したり、そういった素晴らしい形は出来ているのだけれどもなぁ。

今日の結果は0-5という辛い敗戦だけれども、3-0で仙台を破った時のようにそれほど彼我の実力に差があるわけではない。ただ、落ちこんではいけない。これからリスタートだと思って進んでいこうよ。
今週末はヴォルティスに力をつけにいくよ・・・。
[PR]
by lulucchi | 2005-05-29 12:44 | ヴォルティス
スタメン発表。

   大島   羽地
      伊藤
 富士        金
    秋葉  筒井
 谷池  谷奥  挽地
      高橋

サブ:古田・鎌田・松浦・片岡・小林
新加入の松浦初登録と片岡の復帰が!後半から・・というような感じだろうか。楽しみだ。
[PR]
by lulucchi | 2005-05-28 12:41 | ヴォルティス

徳島みやげ、何がいい?

試験直前にCL決勝なんて、なんて意地悪なスケジュールなんですか。・・どっちも手につかない可能性大。こうやって雑記更新してるしさ。トマソン、でるかな・・?

ところで、鳴門に行くたびにこつこつ土産を買って帰るのですが、ヴォルティスロールにも入ってるように、徳島って芋が名産なのね。で、個人的に一押しなのがうず芋羊羹。
「鳴門金時うず芋羊羹」って名前のこれ、うず芋の甘さが羊羹になって濃縮された感じで非常にいい感じ。はじめはバックスタンド裏のお土産コーナーで買ったのですが、甘党な人ならもちもち感と合わせて堪能できるかと。定番としては銘菓の なると金時もいいけど、この羊羹、アウェイサポさんもおためし下され。ところで、他にもオススメのお土産って、何かあります・・・?a0000243_2382565.jpg
[PR]
by lulucchi | 2005-05-26 02:35 | 雑記

オシムの語録を・・・

まとめた本が出るの?・・・とあっけなく これにダマされた。注文できないなぁ・・・とか思いつつ。
というか、出してください。監督本人は嫌がりそうだがだが、ジェフ自身のサッカーへのビジョンを示すことができる素晴らしい機会だと思うのだが・・・。ぜひ現実になるのを待っておりまっすよ。
[PR]
by lulucchi | 2005-05-25 21:23 | サッカー

16 挽地 祐哉(鹿児島・鹿児島城西)
02-03 ジュビロ磐田/04 湘南ベルマーレ
J26試合・0得点/昨期6試合・0得点

チーム最年少。ジュビロ王国だった湘南から徳島へ。ボランチ・サイドハーフ・CBとこなせる器用さをもっている。相手FWをしっかりマーク、前線へ安定したボールを供給する。テクニック、スピードでは相手に対応できているだけに、あとは当たり負けしない安定感がついてくるともっといい感じになるんじゃないかと。これから頼むよ。

20 大森 健作(愛媛・南宇和)
94-96 横浜マリノス/97鹿島アントラーズ/98-99 京都パープルサンガ
00-04 コンサドーレ札幌/04 セレッソ大阪
J194試合・0得点/J265試合・1得点

95ワールドユースにも出場したことがあり、昨年までコンサドーレの中心選手として活躍してきた。(おそらく)チーム唯一のサイドバック本職選手・・・だけど左ストッパーもOK。かつて札幌戦を見た感想としては、けっこうサイドからずがががっとクロスを上げてた感じ。復帰も近そうだし、また積極的な攻め上がりをみてみたい。あと、コラボTがあったり、オシャレでもありますな。
[PR]
by lulucchi | 2005-05-24 04:18

vs水戸ホーリーホック。

ロングボールと守備の集中と言うタスクをきっちりこなした水戸。その点、ヴォルティスはどうだったか?という試合。

結論から言えば、やることはやってるんだと思うんだけど・・・。考えがまとまらない。後で追記します。
[PR]
by lulucchi | 2005-05-23 03:45 | ヴォルティス

背中に番号入れてみた

a0000243_0155893.jpg

だってほら、同い年だし。頑張ってる姿見ると自分も頑張ろうって気になるんだよ。
[PR]
by lulucchi | 2005-05-23 00:15 | ヴォルティス

前向いて行こう。

ヴォルティス、負けちゃったのか・・。データみると、やるだけのタスクはやってる印象だけれども、2スレやらなんやらでは厳しい評価。この後CSやるし、試合を見て考えます。

私事になるけれども、この週末はよくないことが多かった。いや、これからが大変と言うべきか・・・。仕事の売れ行きが今一つだったり、目前に厳しい試験予定があったり(毎年言ってるんだが・・)、棚卸があったり、そんな中で新人と2人で仕事だったり・・で希望の休みが取れず。
上手くいかないときって、次々こんな出来事が起こりますな・・・。

大抵こういうときはネガティブしてしまうのだけれども、それではどうしようもないのでなんとか前向きになれるように考えてみる。そういうときに思い出すのが、大学時代を思い出す。先輩に言われた事があるのだ。

素人からスタートした合唱団生活。最初はでかい声出せばいいやと思っていたのが徐々にハモることの快感にハマる・・・とここまではよくあること。が、この後壁と言うか厳しい局面にぶち当たる。それは「今までハモってたって思っていたものが実は微妙にずれていて、それが気になって楽しめない」というもの。が、わかっていても上手くいかないんだよね・・・それが余計にイライラを募らせて楽しくない・・の悪循環。殺伐とする団員たち。ひょっとして、そんな厳しい感覚知らないほうが楽しかったんじゃ・・・・?もうちょっとヌルいレベルでもいいんじゃ・・・悩んだ末に、先輩(アレンジャーにしてトロンボーン吹き)にそんなことを質問。
そしたら、言われたよ。今でも覚えている。

「お前もそういうことを言うようになったんやなぁ。今のレベルで楽しむのもええけど、今まで見えなかったものが見えてきて、それを乗り越えた所にもっとすごい音楽があるんや。そりゃすごいで。それ・・・体験して見たいやろ?」もちろん、答えは決まってる。

結局そのすごい音楽に辿りつけたかはなんとも言えないのだが・・・・・ただね、多少困難があっても、前を向くようにという原動力にはなっているよ。そもそも困難な状況だってわかることだけでも、自分が前に進んでいるってことではあるからね。

多少調子が悪くても、やることやっていくだけ。今が厳しいのは、その先にイイコトがあるはずだからだよ。
[PR]
by lulucchi | 2005-05-22 23:56 | 雑記

今日は水戸戦。

今日は鳴門で水戸戦。見に行きたいところだが、仕事で動けない・・・・。

離れた地から携帯の速報見つつ、こっそり応援しておきますよ。
[PR]
by lulucchi | 2005-05-21 09:25 | ヴォルティス