徳島で働き始めました。


by lulucchi

カテゴリ:雑記( 94 )

仙台戦?いい試合やってたと思うよ。勝てなかったけど・・。しばらく目先のことに一喜一憂するのはやめようと思って・・・・・



なんて言えるかー!ただ、狙いは間違っちゃいないけど・・。長谷川のゴールもよかったし、前半はきっちり抑え切れていたんだがなぁ。後半、持久力と瞬発力の差が出てたよね・・。

でも、ホントに強くなっていくのを見守らんといかんとは思う。今のチーム、選手は一丸になっているのかな?そこさえ出来てれば、そんな心配はないと思うよ。
[PR]
by lulucchi | 2007-08-13 20:47 | 雑記
普段の1.5倍働いて予算も抑えて難しい案件も処理して5時上がりを目指していた。
5時に上がれば鳴門に20分遅れで着くのだ。
けど、修理品のトラブルがあるとはなぁ・・。ま、しょうがないかね。

今日は試合、スカパーで楽しみます。とにかく勝たなくては。
[PR]
by lulucchi | 2007-06-10 18:54 | 雑記
4輪モータースポーツにおける3大レースといえばルマン24時間・インディ500・F1モナコGPだと思うのだが、その内の二つを同日(モナコGP22:55~0:30/インディ1:30~6:00)にやるってどうなの?NASCARオールスターも同じ時間にやってるし。ね、眠れない・・・・。

いつか一度は、サーキットに行ってみたいね。
[PR]
by lulucchi | 2007-05-27 21:47 | 雑記
a0000243_117766.jpg


この前岡山に行ってきたときに食べたカツ丼。「やまと」さんって、けっこう有名なお店らしい。岡山ってカツ丼といえばデミソースなん?
ここで食べたラーメンもダシがラーメンラーメンしてなくて良かったかな。
[PR]
by lulucchi | 2007-05-21 11:20 | 雑記

日々のこと。

ごぶさたしてます。更新アレなん?とかメルもらったので、ようよう更新。

とりあえず本業多忙でして、慣れない季節物取り扱い&新入社員指導(あと、上司も変わるかもしれんらしい・・どうなっとるんだ)でハードワークしております。ので、なかなか希望日に休みが取れない現実。来月、月曜ばっかり休みだよ・・。
あと、24日に試験入れられたので、試験会場&時間を勘案するとどう考えても山形から間に合いません。試験の結果は正直どうでもいいのですがね・・・。シクシク・・・冷やしラーメン・・・。

ヴォルティスの試合観戦は10日の鳴門からになりそうです。それまでにアマチュアか他所の試合見に行くかな・・。

近況報告するからには今日のことなど。うちの会社にはなぜかtotoの端末などがありまして、普段は閑古鳥状態なのですが今日は朝から行列。みんなBIG買ってるようです。で、何かあると呼ばれるのは自分。サッカーはスキだがtotoは別にそんな興味ないんですけど・・。とはいえ、その都度1・0・2の意味とか(そこからかよ!)何時まで買えるのかとか、どこで結果を見ればいいのかとか、ランダムチャンスって何なのか(普通のほうですけどね)とか、説明していました。全然違う部署なんだが・・・・。

え、私?もちろん懲りずに買っておきましたよ。福岡vs鳥栖の結果が全て引き分けにマークされていたのには泣きましたが。しかし、鳥栖2-1福岡とはね・・。とりあえずサガン、やったね。これから要注意なんかな。

そして明日は仙台戦。正直ここ3節の試合は論ずるに厳しいレベルの試合だっただけに、まずは意志の貫徹を。こんなプレビューを覆す、魅力ある試合になれば・・。
[PR]
by lulucchi | 2007-05-19 21:38 | 雑記

腹式呼吸の・・

腹式呼吸に関するいい記事を見る機会が。面白いね。腹から声を出すって、なかなかイメージではやりにくいよね・・(遠い目。

そういえば学生時代やっていた、腹式呼吸を無理やり出させるトレーニングっていうのがありまして・・・それは、V字腹筋状態で歌を歌うこと。これは泣きます。今久しぶりにやってみて辛い思いしましたから。頭と足と15cmくらい上げてやってみると効果があります。色々思い出すな・・・持続性を鍛えるため1回を15秒くらいかけてやる腹筋とか、思い出すたびブルーに・・。

その成果かどうかはさておき、呼吸(=はく息の量)をコントロールできるようになって、声を遠くへ、大きく届かせることができるようになったかなぁ・・と思ったりもしています。

ちなみに、自分でチャント中に気をつけていることは下の5つ。

1.肩の力を抜く・・肩に力が入ると、連鎖的に首にも力が入って声が響かなく・・なるはず。
2.あごをあげない・・上がってきた声はその方が引っかからないように思います。ひきすぎてもダメだけどね。
3.おしりはしめる・・跳んでもいいし、好きな姿勢で歌うのもあり。でも、腹筋使うなら腰辺りは芯が通っていたほうが声は出ます。
4.声は口から出すと言うより、目とか額から出るようなイメージを持ちます。いや、実際は口から出るんだけどね。響きがそっちから抜けていくと言うか。
5.当然一番向こうまで声を届かせる・・と思ってみる。ピッチに届かなけりゃ意味がない。だからなるべく向こう、相手ゴールを見据えて歌ってます。

人により好きな声の出し方は千差万別だけど、自分のベストを見つけられるといいよね。
そして精一杯叫び飛び跳ねよう!

            
[PR]
by lulucchi | 2007-05-11 02:13 | 雑記
ホームゲームの試合開始直前、スタンドにビッグフラッグがあがり第九のコールが起こる、あの瞬間が好きだ。
これから始まる出来事への、期待感と高揚感。

第九が徳島で初演されたというのを知ったのは徳島のサポーターになってからだった。何でも第1次大戦で虜囚になったドイツ兵と鳴門のお隣・板野で交流があったらしい。それがゆえか試合前にはサポーターによる第九のコールが行われている。私の知る限り、あの歌やってるのはヴォルティスだけだ。

かつて合唱をやっていた私は、第九も演ったことがあった。普通の一般参加だけどね。ただ、練習でドイツ語をそのままカタカナで覚えさせるのにうんざりだった。あれじゃ歌詞の意味、わかんないじゃないか・・・。
そう思うのは、第九の歌詞がそれほど素晴らしい・・と私が思うからだ。クラシックの曲だからって別に高尚なことじゃなく、普通に響く言葉。素晴らしいサイトがあったので、以下に引用させていただく。たぶんユニゾンで歌うところ、ここのはず。後段は繰り返し。

Freude, schöner Götterfunken,(喜びよ、美しい神々の閃光よ)
Tochter aus Elysium,(楽園の世界の娘よ)
Wir betreten feuertrunken,(私たちは足を踏み入れる、炎に酔いしれつつ)
Himmlische, dein Heiligtum!(天なるものよ、あなたの聖所へと)

Deine Zauber binden wieder,(あなたの魔法の力は再び結びつける)
Was die Mode streng geteilt,(世の中の時流が厳しく分け隔てていたものを)
Alle Menschen werden Brüder,(全てのひとは兄弟になるのだ)
Wo dein sanfter Flügel weilt.(あなたのその柔らかな翼が憩うところで)



サポータやってて思うのは、当たり前だが様々な主義や志向を持ってみんな観戦しに来ていると気づくことだ。みんなの主張を同一にして・・とか、分かり合えるはず・・とか、そう考えるほど私は夢想家ではない。けれども応援するチームの勝利のために同じベクトルに向きを定めることは、誰もが、どの立場の人もできることだ。

試合前に歌う第九が、なんかそういうのを想起させるのって言うのがいいなぁって話。

いろんな人がいる。あちこちいける人もいれば、ホームで頑張れる人もいるし、声出す人もゲーフラあげる人も片付け頑張る人もいる。自分にできることをやって、他のことで頑張る周りの人を尊重して、いい環境をつくっていきたいね。



そういいつつ明日は長居に参加できない自分が残念なのだが・・・・。
応援いく人、よろしく頼みます。

J2:第13節 C大阪 vs 徳島 プレビュー】C大阪と徳島、前線からの激しい守備が持ち味のチーム同士が激突、初対決に勝つのはどちらか? [ J's GOAL ]
[PR]
by lulucchi | 2007-05-02 23:25 | 雑記
a0000243_23514442.jpg
もう一つ行きたかった展覧会を見に行くために、一路銀座へ。とはいえ東京の地下鉄、相変わらずさっぱりわからんよ・・。一日乗車券(東京メトロだけで十分でした。710円)もっててよかったです。

銀座・・・。敷居が高いよなぁ。就職した直後に一度行ったことがあるだけで右も左もわからん状態だった記憶しかない。あと、憧れてた先輩に連れてきてもらったので余計にってのもあったはずだが。

そんな過去を振り払うように銀座を進みつつ目標の写真展へ。好きな写真家・・というのは多くはいないのだが、エリオットは別。展覧会の表紙にもなっているこれが一番有名だけど、何がすごいって人物写真から動物写真からユーモアから美しいものまで何でもいけるのだ。特に犬関係とユーモアに関しては、追随を許すものがいないと個人的には思うのだが。公式サイトでもスライドに映される写真をずっと見てしまう。

場所がシャネルの4階って所がアレだ。こういう所、苦手なんですよ・・。でも入場無料なんて、さすがだなぁ・・・と思いつつ。4階へ上がるエレベーターのボタン配置がブランドマークだったのもさすがだなぁ・・と思いつつ。そして来店者には各界の著名人が選んだアーウィットのの図録(赤・白・黒の3つから!)を渡される。さすがだなぁ・・と思いつつ見はじめました。

いや、これはすごい。素晴らしすぎる。普通の風景を切り取っているのに、それがありえない瞬間だったりする。例えば、犬と飼い主が同じポーズをとっていたり。あるいは、飼い主が棒を投げたのだが、それが池に消えていってそれを寂しそうに見送る犬の写真の連写とか。

人物の写真も然り。なんと言うか、写真が語りかけてくるような感じなのだ。温かみと寂しさの入り混じったような不思議な感覚。昨今は「写真を自然に撮る」という風潮があるけれども、彼の作品は(もちろん”作って”はいるのだろうけど)普通だけど普通じゃないというか、今を逃したらもう撮れない写真、見れない瞬間。そこが記録としての写真と芸術としての写真を分けるところなんじゃないかなぁと。そしてその写真から考えさせられるのも、やはり写真(あるいは写真家)の力量だと思う。

展覧会は5月6日まで。超オススメ・・だと思います。

(付記)エリオット・アーウィットの写真を初めて知ったきっかけはフェアーグラウンド・アトラクションのアルバムなんだが、他の人のブログを見るとみんながこのアルバムのこと書いててびっくり。やっぱみんなそうだよなぁ・・。
[PR]
by lulucchi | 2007-04-27 23:58 | 雑記
今回の東京行きには個人的なテーマがありまして、それは「なるべくお金をかけずに行ってみる」ということでした。なので行きも帰りもバスで。そしてイベントも入場無料なものを。ま、行きたいイベントがそうだったから、というわけでもあるのですが。それにしても東京、2年半もかかわっていたのにいったことない場所が多すぎるよ・・。

で、一つ目に行ったのが江東区・清澄白河駅から歩いて10分くらいのところにある東京都現代美術館。白河を出ると深川のいかにもな下町の通りを抜け、しばらく歩くとたどり着きます。
ここで開催中の「Show Me Thai~みてみ☆タイ~」という美術展が気になっていたのです。

名前がね。

・・・ま、名前だけじゃなくて、もともとはウィスット・ポンニミットっていう漫画家さんの絵がすごく好きで、それがきっかけというところもあるのですが。三宮に留学してたらしいのですよ。

で、見てきました感想としては、これは楽しいなぁと。日本とタイとの交流の初めからデザインの美しいもの、やったら前衛的なものから不思議なものまでありました。ちなみにやたら現代的なほうはこんな感じ。「喜びの重み」、トライしてみたけど途中で断念したよ・・。あと「ナヴィン党」のテーマがGoWestなのにちょっと親近感を覚えたり。盛り上がる曲なんかな。

気に入った作品は日本のMTVにタイの俳優をあてたり映像内に超怪しいチョコが出てきて違和感を誘うビデオとか、廃物で仏画を作成したものとか。一方で貧困をテーマにした布像とかもあって、考えさせられたりとか。色々考える作品は、やはり面白いね。5月20日までやっているので、タイに興味のある方ならどうぞ。
[PR]
by lulucchi | 2007-04-27 22:45 | 雑記
ベルギーといえばワッフル。チョコレート。あとヴィルモッツ。そんなヨーロッパの中でも地味目なベルギーの美術館展(リンクは東京でやってたときの)に行ってきました。金曜日だったので程よい入り。いい感じです。

さて、この美術展の見所は「何でもあり」なところ。17世紀から20世紀まで、カトリック期の絵画からシュルレアリズムまでって幅が広すぎます。が、昔の絵だからと言ってぬるい絵かと思って見ていると痛い目に。
例えばルーベンスの「聖ベネディクトゥスの奇跡」。聖人が偽の王を見破る構図なのですが天上で見守る天使、救いを求めて群がる病人たちとやりすぎです。圧倒されます。そりゃドラクロワも模写するわ。
ヨルダーンスの「飲む王様」もインパクトではかなりのもの。豆の入ったケーキを得た人が”王様”となって騒ぐ(まさに王様ゲームですな)構図だが、嘔吐する人はいるわ酒はこぼすわ子供の尻を拭くわ、わけわからんことになってます。これまた圧倒されました。

近現代のほうは一転して美しかったり、不思議だったり。ルイ・ガレの「芸術と自由」がかっこよかったりアンドールの「燻製ニシン・・」で批評家をけなしてるのを見ていつの時代も変わらんよねと思ったり。
シュルレアリスト・マグリットは鳥の絵の中に雲が描かれてる絵が有名だけれども、今回は「光の帝国」がかかってました。かっこええ。現代美術って説明してもらわんとわからんとかそういうアレなのが多いけれども、これは単純にいいなぁと。ブルトンのシュルレアリズム宣言は大学のとき読んで10分で降参したんで、理論はさっぱりわからんが・・・。いや、いい展覧会でした。
[PR]
by lulucchi | 2007-04-15 23:37 | 雑記