徳島で働き始めました。


by lulucchi

通過儀礼の役割vs横浜FC@ポカスタ

雨対策、万全の支度をしてスタジアムに向かったのですが年間パスを忘れていることに到着してから気づきました。もったいなかった・・・。

さて、昨日はホームに横浜FCを迎えてのゲーム。結果は柿谷・羽地のゴールで2-0と快勝しました。

徳島はセレッソより移籍の柿谷が初出場。初日の紅白戦からスタメン組で出場していたので、これはベンチ入りがあるかも…と思っていましたが…期待の高さがうかがわれました。
実際プレーでも大器の片鱗をうかがわせる部分を随所に見せていました。ああ、今年のヴォルティスに欠けていたのは、こういうテクニカルな魅力なのかな…と思ってみたり。堅実なプレーヤーも確かに必要なのですが、ボールを持つと何を見せてくれるのだろう?と思わせる選手も、やはり興行という意味では必要なのかもしれません。もちろん、そればかりでもいけませんが。

実際、1点目のプレーも羽地が相手DFをひきつけて潰れた部分を上手く生かし、相手GKを股ぬきして決めるというプレーだったわけですが、二人の強さと華麗さが両立して生まれたゴールなのかな…という印象を持っています。ぶっちゃけ両方出来る選手というのはなかなかそうないわけで、それぞれの良さを生かすのがこれからのヴォルティスの目標なのかな、と思いました。話はそれますが、交替した選手にもそれぞれの役割があるわけで…リザーブの選手にはその部分を意識してプレーしてもらえると、後半もっと良かったのかもしれません。2点目は…石田のクロスから羽地のヘッド。美しい連携でしたね。羽地のゴールは泥臭いイメージが多かったのですが、今回はどんぴしゃのタイミングで決めてくれました。

また、今節は三田に代わって藤田が初先発。ここのところの練習ではいいプレーを多くしており、こちらも楽しみでした。藤田とスンジンの両SBというのは初めての試みなのですが、実は二人ともロングスローを得意とする選手。敵陣奥からのスローインがセットプレー並みの効力を発揮するという点で、非常に面白かったです。なかなかそういうチーム、ないですよ。

イケイケだった前半に比べて後半はやや停滞した感じとなりました。1つには横浜FCが須藤を投入したことで中盤が引き締まったということもあったのですが、やはりヴォルティス側の運動量が落ちてきてつなげなくなった…という部分も大きいのではないか、とも思ったりします。
最近のリードしている展開ではなかなかこの時間帯にボールを落ち着かせることが出来ず、終盤危ないシーンを連発するという状況が多く見られます。もっと攻めろという指示の下送り出されているので修正は難しいのかもしれないですが、どういう形でゲームをクロージングするのか、そういった意思の統一も必要なのかな…と感じたりもしますね。
今日の終盤の交代では米田や六車の投入はそういった意識を感じましたし、林には羽地の代わりのプレーが求められているのかな、とも感じました。そして柿谷にはとにかく90分出ることで経験を積ませる形なのかも。佐藤復帰後のポジション争いも気になりますね。

試合終了後の柿谷のインタビュー、「セレッソを落として徳島がJ1に行きたい」というのには喜ぶと共に、彼の若さや気持ちの強さを感じました。若い選手がプレーヤーとして一人前になっていくには、とにかく経験をつむこと。テクニックや体力は練習の中でも培えると思いますが、ファンの信頼に応えることや選手としての名を高めていくことは試合の中でしか達成できない。今日のゴールやインタビューは、間違いなく彼にとって通過儀礼として必要なことだったのではないかな、と個人的には思っています。

次は水曜日の岐阜戦。岐阜にも若い選手が数多くいます。中にはルーキーにして中心になった選手も。
彼らにも負けず、勝ち点を伸ばしていけると良いと思います。
[PR]
by lulucchi | 2009-06-21 09:31 | ヴォルティス