徳島で働き始めました。


by lulucchi

休息も必要vs栃木SC@ポカスタ

しばし休憩の後、18時30分からは栃木SC戦を観戦してきました。

今季のヴォルティスは間隔を置かない連戦に苦戦している印象があります。
以下にあげるデータを参考にすると・・・
中6日・・2勝1敗(熊本・富山/水戸)
中5日・・2勝1分(鳥栖・愛媛/仙台)
中4日・・4分 (大阪・鳥栖・栃木・札幌)
中3日・・2勝1分2敗(岐阜・福岡/湘南/大阪・草津)
中2日・・1勝2敗(横浜/岡山・甲府)
人により印象は異なるでしょうが・・こうしてみるとインターバルの少ない状態で臨んだ戦いは苦戦した試合が多く、またその中で勝利した試合も相手のミスに助けられたり辛勝した試合が多かったように感じます。

前回の栃木戦はヴォルティスの武器の1つである麦田の上がりを封じられ、惜しいオフサイドなどもあり悔しい引き分けとなっていました。今回も前回と同じく中4日での対戦となりました。

ここまで4得点、好調のルーキー佐藤を負傷で欠くヴォルティスは六車をトップ下に据え、羽地を中央に徳重と麦田を左右に配する4-3-3の布陣を採用。J2では湘南なども採用している攻撃的布陣で両サイドの突破を狙いました。
一方の栃木SCは巧将松田監督の基本布陣である4-4-2を使用。とはいえ元新潟FWの河原や前回破壊力のあった入江をサイドで起用するなどこちらも攻撃的です。栗原・佐藤悠介などテクニックのあるベテランを外し、若手中心のスピードある陣容です。

試合は序盤からお互いに蹴りあうような展開になってしまい、ヴォルティスの持ち味である中盤の組み立てが思うように出来ない状態が続きます。とにかく栃木は出足が早く、なかなか思うようにボールをつなぐことができません。こちらの有利な局面はがんがんライン外にクリア、セットプレーの機会からヴォルティスは徳重が次々といいボールをゴール前に送り込むのですが…相手の懸命の守備もあり得点を得ることが出来ません。まぁ、今から考えたらこのクリア方針が後半のアレを生んだのかもしれませんが・・。

一方で栃木は数多くスピードのある攻撃を展開、ヴォルティスもオフサイドなどで相手を止めますがミドルレンジからもシュートを数多く放ってきます。決定力はそれほどありませんでしたが・・
しかし、積極性が残念ながら好機に結びつけられ、左サイド裏からの突破を河原に決められてしまいます。
守備では小針の下堅い守備。前半終了時には重苦しい雰囲気がスタジアムに漂っていました。

雰囲気が変わったのは後半から。美濃部監督の激が効いたか麦田に変わって途中出場の石田がアクセントをつけたのか、はたまたハーフタイムイベントの101発花火やエイサー(面白かったです)の影響か、攻撃に前半に見られなかった積極性が生まれます。羽地を中心に徳重・石田のユーティリティ性が生かされ若干マークがルーズになったコトで好機を生み、53分に石田がヘディングシュートをゴール隅に入れます。セレッソ戦の劇的な同点ゴールといい、難しい局面での石田はやってくれますね。

その後は一転して打ち合いの試合に。試合の多くの局面はヴォルティスが支配するのですが決定的なシーンを演出するまでには至らず。一方で栃木は中盤こそ苦戦しますが鋭いカウンターを何度も繰り出します。上野のファインセーブも数多く見られました。
均衡を破ったかに見えたのは徳重の一瞬の飛び出しからのシュート。一瞬決まったかに見えたシュートはオフサイドの宣告。スタンドは歓喜のあと落胆に包まれます。

ただ、プレッシャーは栃木を徐々に押し込んでいました。途中出場で前線から懸命に走っていたファビオのオーバーヘッド気味のボールを河原が誤って自陣内に入れてしまうオウンゴール。先制点の選手が絡んでしまうというのは悲劇的・・・。とは言え、どのような点であれ決勝点は決勝点。終盤の栃木の猛攻を何とか凌ぎきり2-1で勝利。他会場の結果ヴォルティスは5位に浮上しました。

ゲームプラン的には相手に一歩譲る形になってしまったけれども、こういう試合を勝ちきることができるようになったコトは大きいです。昨年まではプランがずばりと当たった試合でなければ勝利することが出来なかっただけに、悪いなりに結果を残すことが出来るのもヴォルティスが進化してきている証左なのでしょう。
次節は日曜日のホームゲーム。中6日とは言え札幌・厚別での長距離遠征試合です。ゆっくり休息をとって強敵相手に会心の勝利を得たいところです。
[PR]
by lulucchi | 2009-06-08 22:34 | ヴォルティス