徳島で働き始めました。


by lulucchi

もう1つの戦いvs名古屋@TSV(サテライト)

サテライトリーグ第2戦、グランパスとの試合でした。
試合は3-3で同点
幸先良くファビオが先取点を取ったもののその後鮮やかに2点を奪われ、さらに巻にゴールを許すなど前半はどうなってしまうのかと苦しむ展開。前線にボールが収まらず守備陣は振り回されるというつらい時間帯を過ごしました。
特に名古屋は寄せが早く、またボールをワンタッチでつなぐなど全体にスピードの速いサッカーを展開、そのことが大きくリードを許す要因になったといえます。

流れが変わったのは後半交替選手を投入してから。それまででも前半に比べ守備に落ち着きが見られていたのも大きかったですが、片岡、小泉の投入により中盤が厚みを増しボールを持つことの出来る時間帯が増えるようになりました。奪ったあとの速攻などではまだまだな部分もありましたが、それでも相手ゴール近くまで運ぶことが出来るようになったのは大きい。前半とポジションを入れ替えた藤田と麦田、今日は突破がよかった片岡らが最終ライン近くまであがってクロスを上げることも多くありました。
そこで2得点を奪った菅原は見事。チャンスを正確にゴールマウス内に結びつける精度は素晴らしかったと思います。
さらにヴォルティスは大西、大原を投入。縦への鋭い突破は名古屋ゴールを脅かします。
これらの攻撃を支えていたのはMF井上。古巣相手の戦いということもあり気合が入っていたのか、キープ、パスとも鋭いものを見せていました。移籍してきた当初は線の細さを指摘されていたこともありましたが、なかなかどうして、気合の入りが攻撃に現れるよい選手だと思います。必ずチャンスをつかんでの再出場も近いように思いました。
相手がユース勢を入れてきたことも一因かもしれませんが、後半は井上片岡六車小泉の4枚がバランスよく中盤を抑えることが出来ていたように感じ、それもヴォルティス優勢を思わせた原因かもしれません。

新聞でチーム全体の底上げが出来ているといった記事を読んだのですが、それを図らずも裏付けるような今日のサテライト戦でした。今日の奮闘がリーグ戦に反映されるように願っています。
[PR]
by lulucchi | 2009-05-11 20:05 | ヴォルティス