徳島で働き始めました。


by lulucchi

熱さは確実に伝わっているvs札幌@ポカスタ

前半0-2から後半目の覚めるような攻撃で3-3へ。
あと一歩で勝利をあげることは出来ませんでしたが、素晴らしい試合だったといえるのではないでしょうか。

札幌は3人の外国籍選手の活躍が素晴らしいチームでした。
ダニルソンは中盤で倉貫を厳しくマークし仕事をさせず
クライトンはゴール近くで陽動し徳島の守備陣を混乱させるパスを供給しました。
そして何よりキリノ。百戦錬磨の三木でも突進を止められないドリブルと、
シュートの正確性には舌を巻きました。


でも今日はくじけなかった。
そしてそれを形にしたのが、若い戦力であったことを正直嬉しく思っています。
1点目はペナルティエリア内で佐藤がファールをもらって得たPKを徳重が決めたもの。デビューの横浜戦では逆転ゴールこそあったもののほとんどボールを収められませんでした。
けれども前節の岡山戦、そして今日の試合では苦しい体勢になりながらも何とかボールを収めたり競り合うことに成功しています。
もちろん、今はがむしゃらさがプラスに作用してのコトもあるのでしょうけれども一試合ごとに成長している姿を感じさせてくれます。
2点目は値千金の追撃ゴールになった菅原のもの。佐藤にベンチのポジションを奪われていたものの、久しぶりの出場機会をきっちりゴールに結びつける辺り、FWとして大事なゴールへの強い意志を感じさせてくれます。
3点目は登尾。この日は守備でもキリノを何とか押さえ込もうとしていました。昨年は大柄な体が脆さをかんじさせる部分もありましたが、今年は自分を武器に、非常に有効に使っているように感じました。
そしてもう1つだけ挙げるならば途中出場した六車。私が目を見張ったのは彼が惜しいシュートを放った後悔しそうに頭を抱えるシーンでした。テクニックは間違いなくあるのだけれど、去年まではどこか飄々とした感じで、あまり感情を表に出さないようなイメージだった六車のプレーでしたが、必死に追いかける姿、前述のシュートなど素の感情を見せるシーンが多くありました。それに伴ってコールも大きくなる。
終盤のコンサドーレの攻めは激しいものでした。選手の中にはスタミナを切らしていた選手も見受けられました。それでも、一丸となって守りきった意味は大きい。最後惜しいシーンがあったけれども、あれが決められるようになった頃チームはまた一段階成長しているのでしょう。


テクニックはあるんだけれど…とか言われながらそれを発揮する機会を持たず去っていった選手がヴォルティスには数多くいました。実力はあるんだけどおとなしい、そんな選手にもっと熱いプレーを見せてほしい、そう歯がゆく思った時代もありました。
けれども、今日のピッチには熱さがあった。ベテラン選手の存在が若い選手に刺激になっていたり、あるいはチーム内での競争が熾烈になっていたり…いろいろな部分があるのかもしれません。
負けていた試合を追いついたという喜びももちろんあるのだけれど…今日は、そういう熱さが若手選手にまで伝播しているコトを感じ取ることが出来たという意味で本当に素晴らしい試合だったと、そう思っています。
[PR]
by lulucchi | 2009-05-10 21:39 | ヴォルティス