徳島で働き始めました。


by lulucchi

富山旅行記。

初めての富山。せっかくなので、行きかえりやスタジアムの印象など、書き記しておきます。

今回は団体で乗り合わせていくために夜中に出発。ETC割引で混み合うかな?と思いましたが、そのようなこともなくすいすいと進みました。

気がつけば7時ごろに福井あたりの南条SAに到着。福井といえばソースカツ丼。ご飯にキャベツをのせてとんかつ、ソースをかけていただくアレです。岡山のデミカツ丼(だいたい想像通り)と並んでけっこう好き。
売ってるかな?と思ってSAのメニューをのぞくと…異様なものを見つけました。

a0000243_21395681.jpg
大人様ランチ。なんでしょう。こう、見本を前にして圧倒されます。一日に必要なカロリーを軽く凌駕するふてぶてしさ。まさに大人様の称号がふさわしい一品です。いつかだれかにチャレンジしてほしい、そう思わせる圧倒感がありました。私?無理無理。

そんなわけでミニソースカツ丼を食べたのですが、このあとバスに揺られるコトを計算していなかったので酔ってしまうという失態。スタジアムで体調は戻るのでしょうか?

石川を抜け富山へ。左手には日本海の海が見えます。木々が風にきしいで風格のある姿に。自然の力ってすごいなぁ…と思いながら、いよいよ決戦の地、富山にやってきました。

a0000243_21434681.jpg
富山のスタジアムは陸上競技のトラックが併設。とはいえ、このスタジアムには他にないよい部分がいくつもありました。
ひとつは1階が芝生席になっているため、2階の客席が高い位置にあること。高い位置から俯瞰することで試合の全体像も容易に把握できます。臨場感なら1階の芝生でも楽しめます。
また、スタジアム全体がすり鉢的な構造になっているので応援の声や歓声が反響しやすい!だから、声を出していて気持ちがいい!試合展開もあるけれども、響くってけっこう重要なことなのですよ。関西圏なら神戸ウイングなんかも気持ちいいですよね。ポカスタに屋根がつく日が来たら、ぜひとも音の反響についても検討してほしいです。ライブとかも出来るといいなぁ・・。

アウェーといえば楽しみなのがスタグルメ。アウェイ側には売店はなく、メインのほうに行かなければいけませんでしたが魅力的なものが色々ありました。焼きそばやたこ焼きなど定番なものに加えてインド料理店とブラジル料理店が!インド料理のほうは3種類から辛さが選べるカレー。「超激辛」「辛口」「辛くない」・・・。辛さ選択、ギャンブルだなぁ。タンドリーチキンが入っていたり本格的でした。実際に富山でお店をしているみたい。
a0000243_21592247.jpg
今回私が選んだのはブラジル料理。牛肉串(300円)も美味しそうでしたが、今回はブラジル弁当(すみません、正式名称を忘れてしまいました)なんか家庭料理らしいのですが、、見た目は小豆とチーズをご飯にまぶして食べる感じ…。が、甘くない。意外と美味しかったり。ファビオにひとつ、プレゼントしてあげたかった…。というか次富山に行くなら、チームの人はぜひ買ってあげてください。
あと31アイスとかも売っていたよ!夏になったら食べてみたいかも。

ひとつ気になったのはちょっと探した感じだと飲料を売っているところがほとんどなかったこと。いや、売っているんだけどラッシーとガラナではちょっと応援でがぶ飲みする飲料としては…。ウーロン茶とかコーラとか、もっと気軽に買えるといいですね。ちなみにペットボトルはキャップ没収でした。
イベント的なのは越中おわらと阿波踊りの対比での紹介。実演、ありました?もしなかったら、あればいいのにって思いました。
a0000243_2219152.jpg写真はスタジアムを出るときにもらったペットボトル。勝ち点の上、富山の名水までいただけるとは・・・♪と思い後ろの表示を見ると「原材料名:水道水」の表示が。浄水場で取れた水なんですね^^帰りのバス中、渇いたのどを潤してくれました。

まだまだ書き足りないことも多いのだけれど、今回はこんなところで。また、アウェーの時には思い出したコトを色々書いてみたいと思います。
[PR]
by lulucchi | 2009-04-08 22:23 | ヴォルティス