徳島で働き始めました。


by lulucchi

1-0には、頑張り続ける、信じ続ける強さが必要vs富山@富山陸上競技場

アウェーでほぼ1年ぶりの勝利。涙ぐむ人もいたりして、ひたすら嬉しい。
前半はほぼ完璧な内容。後半は足が止まって苦しい展開もあったけれども…最後まで守りきったのは大きいと思います。

1-0というスコアは、とにかく忍耐を求められるもので…何しろどれほどゲームを支配していても、1点取られれば引き分けになってしまう。まして、今日のように後半押し込まれる展開の中では選手を信じるしかない。いろいろな意味で、これまでのヴォルティスを越えるコトを試されるゲームだったのかもしれません。

1-0にはチームを勢いづける先制点が必要。徳重のシュートにはいつも驚かされます。ゴール裏から見ていると、今のシュート、誰が決めたんだ!?と思うことが多くあるのですが…それは裏返せば神出鬼没にゴール前に現れるということ。2列目から精度の高いシュートを決めることが出来る徳重の力は、間違いなくヴォルティスにとって大きなものになっています。

また、その影には最前線でつぶれ役になっているFWの頑張りも記しておくべきもの。前線でキープした羽地にしても、裏を狙い続けて相手DFを撹乱したファビオにしても、その役割を十分に果たしたといえるでしょう。逆にファビオの運動量の落ちた後半は富山に安心感を与え、前線で脅威を与えるにいたらなかったことは次節への課題であるといえます。今のままでは90分持つ運動量ではないでしょうから…菅原や石田がファビオの動きを継承するのか、それとも彼ら独自の存在感で変わりに脅威を与えるのか。そのあたりが見えてくると終盤の得点力に結びついてくるように感じました。

今日のサイド攻撃は北陸出身の麦田が中心。大きく攻めあがることで空いたスペースをどのようにケアするかという問題は、今日は米田が右サイドをカバーすることで対応していました。倉貫・青山・米田の中盤での共存は多くの可能性を持ちつつどのチョイスがベストか難しい問題ですが、前半についてはある程度の回答が得られたように感じました。後半については…三田を投入することで安定感の回復を狙っていましたが、やはりどこかで落ち着かせてほしいような気がします。逆サイドを守っていた筑城の動きは、相手をよくケアできていたように思います。

後半リスクを負って攻め続けていた富山を止め続けたのは、上野ー三木ースンジンのトライアングル。中でも今日目立っていたのは二人のCBの攻撃参加。スンジンのシュートは惜しかったね…。後半は押し込まれる展開だったけれども、最後までチェックを怠らないのはさすがです。上野の飛び出しも今日はいい感じで見ることができました。

カターレの攻撃で素晴らしかったのは、常に前線の二人がよく動いていたところ。特にFW長谷川の体を張った攻撃は不発に終わったとは言え将来を感じさせるものでした。あと、キャプテンをまいていたMF朝日のチャレンジ。(朝日と上園とごっちゃになっていました。どちらも素晴らしい選手だと思います)
なんとなく、J昇格間もない頃のウチのチームを思い出しました。応援もね。色々これから大変なこともあると思うけれども、信じて応援を続けていれば、きっといいチームになるはずです。

久しぶりのアウェーでの勝利。課題も色々あるけれども、それでもチャンスをモノにして勝つチームになってきたところにプロとしての強さを感じます。ホームでも、アウェーでもこのような勝利を。これからも信じて応援を続けていきたいと思います。
[PR]
by lulucchi | 2009-04-06 00:59 | ヴォルティス