徳島で働き始めました。


by lulucchi

勝ったから言えることもあるvsFC岐阜@ポカスタ

前半半ばまで得点のとれない展開に当初不満を覚えていました。個々の技量は徳島の方が間違いなくあるように見えるけれども、攻めの起点を潰されて前に出ることが出来ない。前線の選手にスピード感が少ないため、なかなかダイナミックに攻撃がつながらない。この前まで大学生だったJリーグ的には無名の選手たちにスピードで競り負けている…脳裏に浮かんだのは、去年の国士舘大学戦でした。いやな思い出。

けれども、チャンスはやってきます。ファビオが倒されてPK。今日のファビオはやや性急過ぎるプレーもあったけれども、キーパーに対してプレッシャーを与え続けました。なかなか結果には結びつかないけれども、こういうチャレンジは重要だと思います。
そしてPKを徳重が決めて先制。きっちりゴールを決めるところは精神力のタフさというか、さすがです。

相手GKの退場については、相手の守備陣の呼吸が合わなかった部分を狙ったよいプレーであったように思います。監督も言っていますが、相手の経験の足りない面をついたよい攻撃だったのかも。崩したという美しさはないけれども、ある意味してやったりなのかもしれません。

そして2点目、3点目。相手GKのファンブルをきっちり押し込むシーン、羽地のごっつぁんゴールといってしまえば簡単だけれども…こういったシーンを去年見ることはほとんどできませんでした。された記憶はけっこうあるのだけれどね。それは選手が最後まで追えるようになった証左でもあるし、また闇雲に放り込むのではなく攻撃の完結として最後までやり遂げている、というチーム全体の証になるのかもしれません。FWが決めるともりあがりますね。
菅原のゴールにしても、コーナーキックからのセットプレーでの得点。ゲームを決める1点が欲しい所でCKから追加点を決める…こういったシーンを去年見ることは(ry。された記憶はものすごくあります。結果を残すことって、練習が間違っていない、チームのゲームコントロールが間違っていないと示すことでもあるから大事ですね。試合後も盛り上がれるだろうし。
あ、あとこの写真はなんか好きかも。

もちろん、課題もありました。一番の問題は後半一人少ない相手に対してゲームを支配されたこと、失点してしまったところ。守備の安定感…という点では格段に改善されたけれども、後半はセーフティに行くのか、それともさらに得点をとりに行くのか、そのあたりの統一感がないように感じました。これは前半に感じた部分にもつながっていくのですが、とにかく前線のメンバーにスピード感が少ない。今日の苦しい展開の時間帯は倉貫一人がハードワークしているように感じた部分もありました。あの時間帯、失うもののない岐阜の攻撃は鮮やかでした。徳重や六車、あるいは前線のFW二人に求められる役割はそこではないのはわかっているけれども…そこで時間を稼ぐ、相手の自由にさせないことでもっと精神的に優位にたつことが出来たのではないか、そのように感じました。交替した選手にもそのあたりは同様の感想を抱いています。プレーの中で緩急をつけることが有効なように、ゲーム展開でもそういうのがもっとあれば。途中、一本調子になってしまったこともあるのかもしれません。

時間の使い方といえば…昨年負けている時、ロスタイムあたりに相手にボールキープされていらいらする…ああいった大人のプレーというか時間の使い方…プレーとしては美しくないのかもしれないけれども、あんな落ち着きが徳島にも出てくるのでしょうか・・・。

最後失点してしまったけれど、結果を見ればよい勝利。結果が出ることで内容がついてくることもあります。次節は昇格組の富山と対戦。アウェーだけれども、ぜひ連勝を見たいですね。
[PR]
by lulucchi | 2009-03-30 00:04 | ヴォルティス