徳島で働き始めました。


by lulucchi

守備的なカードを切ることが最も攻撃的なこともあるvsセレッソ@長居

正直、前半が終わった時にはこれは手も足も出ないのでは…と思わせる展開だったのです。
得点の匂いがするのは前半終了間際のファビオのヘッドくらいで。
立ち上がりから20分頃まではサイドからの攻撃で優位に立っていたのですが、前半中頃くらいから…特に失点前後くらいから足が止まってしまい、どのように攻めるのかという意思統一が見られない展開が続いたからです。そしてセレッソの攻撃はシュートを多くの確率で枠内に収めてくる。プレッシャーや状況もありますが、それでも実力の片鱗を見せ付けられました。

これまでの傾向からすると交代は疲れた選手をリフレッシュさせるという目的が多いヴォルティスの選手交代でしたが、この日は違いました。後半開始から石田に代えて登尾を投入。「顕徳サイドバック?それは…」と思ったのもつかの間、そこに描かれた陣形は麦田・筑城を中盤にあげた3バックのシステムでした。
そもそもここ1~2年のJ2においては3バックは主として上位チームの取る戦術。昨年の広島しかり、今年のセレッソ然り、個の技術の高さをベースに中盤でのポゼッション率を高め、圧倒的な攻撃力により相手チームの戦意を喪失させるやり方でした。ヴォルティスも一時期採用していたけれど結果が・・・。

しかし昨日に関してはこの采配がぴたりと当てはまります。サイドの二人があがれるようになり、結果的に攻撃に厚みが増して後半は互角の展開に持ち込む。支配領域が増えることで2列目からの攻撃も冴え、徳重の反撃となるゴールを生み出す。その後も押せ押せ。羽地の惜しいシュートや菅原のポスト直撃のシュート…
あとちょっとだったんだけれど…。それでも、あくまで攻撃的にいくといった監督の意志を選手が感じ、攻撃につなげたこと、そして最後まであきらめず勝利を求めたことは、非常にこれからを占う意味で重要だったのではないかと感じています。

それにしても、セレッソは強かった。クロスバー直撃のシュートを浴びたり、セレッソGKの身体能力のすごさに驚いたり。乾の丁寧なシュートといい、首位のチームの強さを感じました。けれど、どうにもならないという感じではなかった。だから、あとちょっとで手が届かなかったコトが、なおさら悔しいですね。
次の岐阜戦では、この悔しさを晴らす快勝を期待しています。


全然話は変わりますが、長居の忘れ物、弾幕を預かっています。岐阜戦もって行くので、よろしくお願いします。
[PR]
by lulucchi | 2009-03-26 10:29 | ヴォルティス