徳島で働き始めました。


by lulucchi

一粒で二度美味しい/vsロアッソ熊本@ポカスタ

勝ちましたね!熊本に3-0。麦田と倉貫と徳重のゴール。言うことないですね!
色々な言葉を重ねても、勝利の喜びの大きさにかなうものはありません。

それにしても、本当に面白い試合でした。
前節に比べて好転した理由は色々あると思うのですが、ひとつは麦田・大島という初スタメン選手の頑張りにあったように思います。序盤から常に前に出る意識をチームに植え付けたからこそ、麦田の開始すぐの得点に結びついたのではないか。あの得点が入ることで、チームもサポもぐっと気持ちが楽になったように感じます。

チームに前の意識が出てくることで、羽地・ファビオの両トップも持ち味が生かされてきたように感じます。
ファビオの体幹の強さであったり、羽地のキープ力であったりという面がクローズアップされたかと。
羽地はゴール裏から見るとあと一歩で得点できなかったり、色々歯がゆい思いをさせてくれる選手ではあるのですが…VTRで見返してみると、何人かのマークを受けながらもひきつけて2アシストを演出していました。例えばあれが若手選手のプレーだったらよく頑張ってるとなるのでしょうが…ストライカーは辛いね。
ファビオのオーバーヘッド(今はバイシクルって言うんでしたっけ?)はとりあえず素晴らしかったです。
あとは二人とも得点が入れば、こちらももっと乗って来るのではないでしょうか。

熱心に応援するサポーターからすれば、そういう意味では気持ちの強さを見せてくれる選手が感情移入しやすいわけで、ここのところの活躍で言えばそれは倉貫や米田のプレーのようなあきらめず走りぬくこと、競り負けず戦うようなメンタルの強さを見せる選手に共感を覚えるのかもしれません。そういう点では筑城のプレーなども、前を向く意志を強く持ったプレーでハートをつかんでいるように感じます。今日は上がった選手のフォローもありつつ難しい舵取りでしたが、CBの選手と合わせてよく守れていました。

CBといえば三木とスンジン。ここまで一失点でいられるのはひとえに彼らの活躍があってこそ。スンジンの相手を自由にさせない強さと前線へのフィード力は攻守両面に効いていますし、三木のカバー力と、何よりチーム全体に落ち着きをもたらす存在感はこのチームに欠けていたものを補って余りあるものであるように感じます。以前はゴール前での不用意なファールとセットプレーの脆弱さがチームの弱さになっていましたが、今年は心を強くして見ることができます。とにかく怪我だけしないでほしい・・・。

セットプレーの強さといえばGK上野の活躍も見逃すことは出来ません。キャッチングの数が増えたことで安定感が増し、また前線への強烈なフィードは反攻の起点として力強い足がかりとなっています。全力を出しすぎるからかおお?という飛び出しもあったりしますがそれもご愛嬌。ヴォルティスとしては久々に見る攻撃的GKであり、見ていて楽しいです。こういう積極さも、後ろにベテランの高桑選手がいるコトから来るのかもしれません。

ベテランといえば昨日は何度も攻撃で顔を出した徳重選手の働きも忘れてはいけないです。今日は正直消化不良なプレーも見られましたが、悪い時には悪いなりに1得点、結果を残したことはやはり上手さがあるんだなぁと感じました。プレーに華を感じる選手なので、もっともっと仕掛けていってサポーターを魅了してほしいですね。魅了するプレーで言えば石田選手も。2点目の起点となった落としのプレーであったり、ゴールにはつながらなかったけれど菅原の惜しいシュートにつながった折り返しも最後まであきらめない気持ちとテクニックが一体になった素晴らしいプレーでした。菅原のいい場所にいる嗅覚は天性のものですね。あと試合後はあなたがMIPです^^

熊本は…以前のフィジカルの強いサッカーから色々変わろうとしているのでしょうか…。藤田選手を中心に、今は変革中なのかもしれません。

こういう試合が続けば、みんなが幸せになれるように感じます。次はセレッソ。強い相手だけど、今日のようなサッカーで果敢に挑んでいきたいと思います。
[PR]
by lulucchi | 2009-03-22 12:56 | ヴォルティス