徳島で働き始めました。


by lulucchi

ライバルがまた一人。

今日の公式サイトの発表で、本間康貴選手の現役引退とサガン鳥栖GKコーチへの就任が発表されました。

『徳島のサポーターのみなさんには、徳島ヴォルティス・アマチュア時代よりアツイ声援をいただいて本当に感謝しています。現役を引退し、今後は指導者の道へ進むことになりました。新天地でも頑張ります。
徳島のみなさん、今まで本当にありがとうございました。』
というのがコメント。

本間選手といえば思いだすのは去年のセカンド時代のこと。チームの守備を引き締め全国大会に持っていってくれた安定感のある守備であったり、あと、ゴール裏で共に応援してくれたこともありました。

トップチームに移ってからはなかなかチャンスを与えられず日々練習していたけれども、こうして早くから指導者としての道を歩むのもよいことなのかもしれません。練習試合などを見るとGKとしては上背のない部分を色々カバーしようと努力していた部分も見受けられました。大分のシャムスカ監督も27歳で監督をはじめたり、これからは現役時代の実績だけでなく、若いうちからコーチとしての能力を磨かれた人材が大成してくるのかもしれません。岸野監督の下で指導を学びつつよいコーチになってほしいと思います。

今年また、ヴォルティスと戦うライバルが一人増えましたね。
[PR]
by lulucchi | 2009-01-23 19:04 | ヴォルティス