徳島で働き始めました。


by lulucchi

賽は投げられた。

監督の続投が決まりましたね。

これで社長・強化部長・監督のトロイカがやっと揃ったことになります。去年より決定時期は少し遅くなりましたが、おそらく実際には来年に向けて始動している…と思っています。

ここ数年、いつも思うのはチームの方向の大幅な方向転換。その度に期待されて入ってきた選手たちが何人も構想外となって去っていきました。攻撃的な戦術、守備的な戦術、若手の重用、ベテランの参加による活性化、自前の選手によるチームの組織化、レンタル選手による欠点の補強…それらはそれぞれに利点と欠点を持ち、どちらも清濁併せ呑んだ上でチームを総合的に強化していく手腕がチームには求められていると思っています。「〇〇がダメだったから、今度はこういうサッカーで」では、チームは強くならないと思います。

大事なのは、今後数年にわたってヴォルティスがどういうサッカーをしていくか、ということ。
「目標としての順位」はもちろん必要です。それは監督の仕事。「目指すサッカーのための人員確保」…たぶん、それは強化部長の仕事。それらはもちろん大事なのだと思います。
けれども、その根底にヴォルティスの目指すサッカー像、目指すチーム像が見えなければそれは単年度の成果に終わってしまうのではないか…と危惧しています。そのグランドデザインが引けるのは、社長をはじめとするひとつのチームだけ。
今は、それが少し見えなくなっているように思います。

1年だけ黒字にして…あるいは、1年だけよい成績で…というのは、優秀なビジネスマンならそう難しくないことなのかもしれません。大企業や大きなチームからすれば、ヴォルティスは企業としても小さいですし小さなチームだとは思うからです。でも、ヴォルティスには規模以上の人々の目と、そして期待が込められている、それがプロスポーツチームのあるべき姿なのだと、そのように感じます。そのためには、今後何年にもわたって皆が愛着を持てるチームに、こんなチームだよと誇らしく思えるチームにヴォルティスがなること。強さと親しみを併せ持つチームにヴォルティスがなることを、ファンは望んでいると思います。

これで来年の陣容を決める準備は揃いました。今回の編成には一個人として同意していますが、正直言えば、今年の刷新はあまりにも大きすぎてサポーターの動揺は収まっていないように思います。今はとにかくどのようなチームを作るのか見ること。既に賽は投げられ、チームは川を渡ったように思います。あとは、様々な意見を吸収し大きくしていくこと。カエサルのような度量があれば、きっといつかよい結果に結びついていくのではないか…そう思います。
[PR]
by lulucchi | 2008-12-16 20:55 | ヴォルティス