徳島で働き始めました。


by lulucchi

鳥栖戦@スカパー。

やっとスカパー中継を見ました。
落ち着いてみてみると、けっこう危ないシーンもあったのだけれども…。
それでも、これまでにはない良い場面がいくつもありました。

攻撃面がまずよかった。これまでは攻撃は右サイドに偏っていたけれども、挽地にしても、塩川にしてもよく攻撃に絡んでいました。特に挽地は積極的に上下動を繰り返していて、これまで見た中でのべストマッチの一つといえると思います。元々スタミナはある選手だと思うので、あんな形の攻撃が見られれば素晴らしいかも。

関連して石田とソウザの攻撃も向上していたように思います。悪い時のヴォルティスはFWが前線でただ孤立するだけだったけれども、他の選手が二人を追い越すときにはソウザがキープしたり、石田がサイドに展開する時は中央にもう一人攻撃の選手が絡んだり、スピードを上げてフィールドを広く使うコトで、ヴォルティスの攻撃面のよさを引き出していました。オフサイドになったけど、あのプレーなんかしびれるよね。

それから、中盤の形が変わったのかな?とも思いました。これまでは中盤は各自が奮闘するような苦しさを感じていたのですが、前線からボールにチェイスする玉乃、ゲームメークをする倉貫、底でボールを散らす米田と役割があったように感じ、結果的に相手の焦りからかインターセプトを多く取れたように感じました。もちろん、その影には塩川・挽地・藤田の精力的なカバーがあったようにも思いますが。

それから…守備。綻びをみせる時もあったけれども、とにかく最後まで西河や登尾が引っ付いていた。やっぱり鳥栖のFWは怖かったね。相手のシュートミスに助けられた部分もあるけれども、それは最後まであきらめずプレッシャーをかけ続けたからだと思います。後半序盤に苦しい展開もあったけれども、みんなで守りきったのが大きかった。あそこで同点にされたら、ずるずる行きそうだったから・・。島津もかなりいいセーブを見せていましたね。

そして、何より一番大きかったのは、みんなで勝ちに行こうという姿勢だったのかな…と。阿部もソウザの後をしっかり埋めたし、そして林!河野!練習試合では姿を見ていたけれども、やっぱりずっと待っていたから心を動かされました。現場で見られたら、どれほど幸せだっただろう・・・。

なんかね、もう遅いかもしれないけれども、ここでやっとチームが結実した気がします。でも、今年にはもう遅いかもしれないけど、来年にはまだまだ早いのだから…このチームをベースに、もっともっと強いチームにヴォルティスがなっていってほしい、録画を見てそう感じました。
次は広島。チャレンジャーとして戦うしかないですね。応援に行きますよ。
[PR]
by lulucchi | 2008-11-25 23:34 | ヴォルティス