徳島で働き始めました。


by lulucchi

誰もが問いかけなければならない。

「社長だけの責任か?」という横断幕が掲げられた中で始まった今日の試合。
結果は0-3と、残念なものでした。何より見ていて心苦しかったのは、前後半通じてシュートが3本しかなかったこと。たとえ届かなくても、そもそもシュートを打たなければ勝てないです。力の差があったとしても、勝つためのサッカーをしてほしいと思っていたのですが…実際見ている側としては、データ以上の気持ちの差を感じました。

山形は公益法人制度をとっているクラブで、そのため強化にそれほど予算をかけられず、その予算規模もヴォルティスと同じ程度です。けれども、今日見せられたサッカーにはスピードとフィジカルと、その両面で力の差を感じました。なにより、ラインを割りそうなボールを最後まで追いかけている。2点目の失点も、きっかけはキーパーまで迫った豊田のプレーだったと思います。ヴォルティスの選手のプレーとして見たかったのは、ああいうプレーなのです。
後半のプレーにはほんの少しだけその思いを感じたけれども、それなら最初から取り組んでほしかった。昇格間近な相手の勢いに飲まれてしまったのかもしれません。

J'sGoalの美濃部監督のコメントを読むのが辛いです。あれだけ熱心に指導してくれる監督に、こういう言葉を話せさせる現状が悲しかったり。でも、個人的なお願いとすれば、来年も監督には指揮を執ってほしいと思っています。そうでなければヴォルティスは立ち上がれないんじゃないかと。

試合後、各サポータグループ合同で意見書を出しています。詳細は各HPで確認していただければいいと思うのですが、あれはヴォルティスを応援するサポーターチームみんなで考えたものです。私の意見も、その中に入っています。もっといい意見もあったかもしれません。でも、真摯に考えたものを持ち寄って集めたものであることは間違いありません。
今ヴォルティスがうまくいっていないのは、誰の中にも理想とするチーム像があるんだけれども、それが選手やスタッフやサポーターの中で一致していなくて、それぞれの人は頑張っているんだけれども結果に結びついていない、そういうことなんじゃないかと思います。
勢いのあるチームは皆のベクトルが同じ方向を向いて進んでいます。大事なのは、お互いを尊重すること。一朝一夕には変わらないかもしれないけれども、お互いの今の問題を共有して問い続ける姿勢こそが、必要なのだと感じています。
[PR]
by lulucchi | 2008-11-09 23:31 | ヴォルティス