徳島で働き始めました。


by lulucchi

録画した中継を、何度も見返しています。

5-0で勝利。何度見ても飽きないね。

1点目が入った時に、はじめは誰が決めたのかわからなかったのだけれども、石田が決めたのを知って嬉しくなりました。挽地と麦田が右サイドから絡むようになって、サイドの攻撃に厚みがでたように感じました。でも、まだ油断は出来ませんでした。

前半半ば、相手をフリーにしてシュートを打たれてしまったとき、島津が体に当てて止めたのを見て、今日はいけるんじゃないか、少しだけど、そう感じました。

前半が終わった時に、観客の入りを見て嬉しくなりました。
ヴォルティスを応援する前、東京に住んでいたことがありました。たまにあった休日に適当な試合を国立や味スタに見に行ったりしていました。土曜の試合のスタンド、決してJ1や代表のスタンドに遜色なかったよ。なんだかそう思って、切ない気持ちに。

2点目は麦田がとってくれました。勝負してほしいところで勝負してくれた。チーム個々人がやるべきタスクを理解して必死にやってくれている。一体感を感じたのは、このころからだったように思います。

3点目は菅原がやりました。前線からチェイスするのは大変だったけれども、あきらめず取り組んでくれた。それが嬉しかったです。

4点目が入った時かな、石田や玉乃たちがゴール裏に走りこんできた時に、とても熱いものがこみ上げてきました。ただひたすら選手の名前をずっと呼び続けていました。
玉乃があんなに熱い選手だとは思わなかった。あれだけ激しくプレッシャーをかけ続ける、昨日のプレーは、今まで見た中で最高のプレーだったように思います。

そして5点目。テレビで見るとすごいシュートだったんだと、改めて気づきました。ファーストタッチから決めた、大西のゴール、美しかった。

そして中盤の選手も、守備の選手も最後まで集中を切らさなかった。倉貫・米田・玉乃の3人がうまく役割を分担しながら中盤を支配していたところが、愛媛を自由にさせなかった要所であったし、藤田や大島の突破も有効だった。西河・登尾の守備は安定感があった。ダシルバは最後まで追ってくれた。

最後は、涙が止まらなかった。

たぶん、誰もがやるべきコトをやったから、あのように勝てたんだと思う。あとはそれを続けていくだけ。

チームも、スタンドも、ここからまた新しい一歩を踏み出せると信じています。
[PR]
by lulucchi | 2008-09-29 04:51 | ヴォルティス