徳島で働き始めました。


by lulucchi

福岡戦、結果がでなくても、戦うしかない。

0-3か・・。セールの初日で仕事したが不発。失敗した。仕方なくスカパーで観戦。湘南戦は悲愴感の漂う感じで、一生懸命戦っているのが切なかった。が、今日の福岡戦はそれ以上に地力の違いを感じた。悔しい。

それでも、同点までの戦い方は危ういながらも形になっていた。けれども、相手チームに点が入るほどに攻めざるをえない≒選択肢が限定される感じを受けた。こちらの想定するゲームプランが相手の予想の範疇に入っているんじゃないか。それでは相手を慌てさせられない。確かに、現状点の取り合いになれば劣勢は否めないけれども・・。勝ちに行った末の敗戦、なのか。
正直勝てない試合もあるだろう。でもその時は、勝ち負けを超える何かを見せてほしい、そう思う。徳島との試合はタフなものになる、そう相手に思わせてほしい。


そういえば、2戦前スタジアムでスタメンを見たときに、2年前との違いを思い出して考え込んでしまった。1年目から変わったこと。2年目のこと。選手の移り変わりの激しいJ2では、今の選手と戦えるのは今しかない。去った選手には新天地で頑張ってほしいとは思うが、もう以前のように応援できるわけではない。結局手段はどうあれ、ヴォルティスを応援することでしか、サポーターは選手を応援できない・・・と思う。今年はヴォルティスにとって長期計画の1年目かもしれないけれど、今いる選手、サポーターと共に戦えるのは今しかない。凹むこともあるし、意気消沈することもあるけれども、最後まで真っ直ぐ戦おう。
[PR]
by lulucchi | 2007-08-04 02:36 | ヴォルティス