徳島で働き始めました。


by lulucchi

恐るべき若手たち-第13節 C大阪vs徳島@スカパー。

1-1。J’sGoalのレポートはこちら(セレッソ、シュート5本だけだったの?)。いや、よく引き分けに持ち込んだなぁというのが正直な感想。サイドを深く攻められ、マイナス方向からのクロスに走りこまれる。あるいはそれをスルーして2枚目、3枚目の選手が飛び込んでくる。やっぱり元J1チーム、上手いね。チームがボールを持った時の、全体の動きが違うんだろうか?

突破されっぷりではここまで随一だったようにも思うけれども、それでも後半まで失点せずに耐えていたのは選手同士の意思疎通が出来ていた上でヴォルティスの選手が最後まで走れていたからだと思いました。相手攻撃陣に高さがないためにチェイスし続けることでボール精度を落とさせ、ゴールを揺らせなかった。個々の戦闘では負けていなかったかと。戦略は間違ってないけど、それを遂行する戦術レベルでは厳しかったという感じですね・・・・。

後半早々の失点は前の敵選手が囮になったため古橋からのシュートを皆が見てしまったように感じました。敵ながらいい位置取りだったよな・・。とはいえ、その後クレベルソンのゴール!よく押し込んだよね。そこに至る羽地のボールの貰いかたといい、やっぱり強豪チームに対するセットプレイはホント大事。

終盤はほとんど相手ボールな展開で劣勢を強いられたけれども、最後まで集中を切らさず守りきれたことは非常に良かったかと。去年はこういう状況で守りきれなかったからね・・・。やはりセンターラインが落ち着いていることと、中盤からのチェックが効果あったのだろうか。片岡も復活。今のチームにどうアクセントがつくのか、今後が楽しみです。

それにしてもセレッソ、柿谷-中山のラインとか途中から入ってリズムを変えた香川とか、どんだけ若手にタレントがいるのか。これで大きな森島とか苔口とかもいるとは・・・末恐ろしいチームだね・・。終盤入ってきた金も力のある選手のようだし、今後は要注意だ。
[PR]
by lulucchi | 2007-05-04 02:54 | ヴォルティス