徳島で働き始めました。


by lulucchi

カードの切り方-第12節 徳島vs福岡。

0-1。サマリーはJ’sさんのを。数字だけ見れば山形戦と同じだけれど、持ち味を出して戦えていたんじゃないかと思います。試合を通して主導権を握っていたのは福岡だったけれども、カウンターから鋭い一撃を与えることはできていたんじゃないかと。それがゴールに突き刺さっていればなぁ。

福岡の勝因はサイド攻撃が非常に良く、強いボールをきっちり繋いできたところかと。前半のピンチは島津の超人的なスーパーセーブでかわす事ができたけれども、相手の積極的な攻撃で振り回されたのか後半徳島の足が止まり押し込まれた感じだったかな。かなりの暑さも影響あっただろうなぁ・・。その辺は全体の判断を見越して焦らず攻撃し続けた福岡の作戦勝ちだったのかもしれない。

とはいえ、徳島にも惜しいチャンスはあった。前半一気の反攻からアンドレが相手GKと1対1を作ったり、終盤もポストを叩く惜しいシュート(丹羽だったのか。あれも入ったと思ったんだがなぁ・・。)あれらが入るようになればね・・・。

それにしても、失点の時間が非常にもったいなかった。もう少し早い時間帯であれば追撃するためにカードを切ることができるけれども、あの時間からではパワープレーも限定的なものになってしまう。とはいえ、押し込まれながらも膠着しているとも言える状況ではこちらから仕掛ける選手変更も難しい。カードの切り方って、難しいね・・・。
[PR]
by lulucchi | 2007-04-30 03:21 | ヴォルティス