徳島で働き始めました。


by lulucchi

「消去法」の戦いはどうだったか?・・第10節 徳島vs山形。

0-1。詳細はこちらをお借り。惜しくて、そして差を痛感したゲームだった。帰りに山形サポの方とお話しする機会に恵まれた(ありがとうございました)のだが、向こうも内容に不満を持っているという何だかヘンテコな感じに。相手の良さを消すかわりにこちらもストロングポイントを出せないという消化不良気味の展開が試合後のもやもやにつながったのかなぁ。特に前半はね。
個人的にもちょっと応援しきれんかったかも。反省だ。

そもそも前半思うようにチームが攻められず、やたらとドリブルを選択しているのを見て「あれかな、メッシのゴールに触発されたんかな」などと思ってみたりしたのだが、よく考えればそれだけ山形の寄せが激しく思うようなパスコースを取れない・・ということだったのだろう。山形のスピードは相変わらず脅威だ。あとレオナルド。強いね・・。

失点シーンは・・あれは臼井(と豊田)を誉めるしか。山形相手に先制を許すことの厳しさを考えると、クロスの起点をファール覚悟でつぶすのも選択肢の一つだったかもしれない。判断、難しいね。それでも、相手の攻撃に対するケアは良くできていたように思う。中盤の選手にとっては難しいゲームだったけれども、丹羽のカバー振りには頭が下がった。岡本・石田・挽地あたりも良く動き回っていたしね。

残念だったのは攻撃陣か。「裏を狙う」という攻撃の意図は読み取れたけれども、FW陣の連携といったそこから先のイメージがあまり見えなかった。セットプレイを狙う・・という感じだったのかな。JsGoalには3トップ気味といったような表現があったけれども、麦田・小林が入るくらいまで正直そのフォーメーションを生かせなかったような気が。前線で堪えていた小山は大変そうだったが。それでも、終了間際にはよかった攻めも。ポストに嫌われた麦田?のシュート、アレは惜しかったなぁ。入ると確信したんだが。

観客が2200人強と晴天の土曜としてはさびしい入りだったのが残念(選挙とかなの?)だが、これは個人的に思うんだけどホームでやるときは相手の良さを消す戦いより、相手にない自分の良さを出す戦いを見せたほうがいいんじゃないか・・などと感じたり。アウェーではもちろんいいんだけどね。仙台戦にはそれがあったけど、今日の試合にはそれがなかった。勝ち負けももちろんあるけど、それがちょっと不満だったかなぁ。そういうのをたぶん端的に言うと「勝利への気持ちをみせる」とか言うことになるのかもしれないけれども。次こそ「勝利への気持ち」みせたいね。


あと、ホント関係ない話なんだが日焼け対策したつもりだったのに顔洗ったらヒリヒリ状態・・。
誰かオススメの日焼け対策を教えてください。

[PR]
by lulucchi | 2007-04-21 20:53 | ヴォルティス