徳島で働き始めました。


by lulucchi

「ブラッド・ダイアモンド」・・善悪を超越することの怖ろしさ。

内戦を含んだ映画は見終わった後、もやっとするかもなぁと思いつつ、見てきました。
いや、驚いたわ。真っ当で力の入った作品でした。そして重くのしかかる感覚。

ブラッド・ダイヤモンド(公式)」とは紛争地域で採取されるダイヤモンド。それを巡って政府と反政府ゲリラが争い、住民を拉致し採掘させているのだが・・何しろ争いの描写が恐ろしい。それぞれの主張はもはやなく(せいぜいが民族自治、とかその程度のものだ)主張に沿わないものは簡単にただ殺されていく。殺されていく人々の描写において、そこに意味なんてない。いや「意味がない」ということが、それ自身が意味を持っているというか。これほど軽い人命の扱い方が、存在することが恐ろしい。巷間話に上る銃撃事件の何倍もの人命が失われていて、そして(本来モデルがあったであろう)その出来事について、私は今までほとんど何も知らなかったのだ。

シエラレオネ・反政府ゲリラは自らの主義主張を広げるために少年を拉致し”教育”する。そこで生まれるのは善悪の判断を持たない恐るべき超人だ。善悪を判断できないまま成長していく人間の怖さ。笑いながら銃を撃つ表情には、もはや命を奪うことの罪悪感など存在しない。これはもはや、映画の枠を超えてしまうのではないかと。

一方で、この国を良くしようと動いている人たちもいる。孤児を教育したり、難民を援助したりする人々。が、大きな破壊の力に対して彼らの創造の力はあまりにも非力だ。

だが、この映画を映画として踏みとどまらせているのは主役たるディカプリオの力だ。彼は生きるためにはどんなこともする。知恵を尽くす。彼や、彼のパートナーとなる息子を探す黒人だけがこの映画の中で「生きて」いるとも言える。作中において何度か出てくる「TIA」・・これがアフリカだ、という自嘲をも含むような言葉があるが、その中にはいつか、子供に残せるよりよい国を作りたい・・という思いが入っているように感じた。だからこそ、私は彼らのわずかな希望が達せられるようにと、見ながら願っていたのだ。

見終わった後に紛争ダイヤについて、アフリカについて考えることができる。映画の力は大きいね。ハリウッドも、本気出せばこんなすごい映画を作ることができるのかと思いましたよ。しっかりしたものが見たいなら是非に。
[PR]
by lulucchi | 2007-04-20 04:43 | 映画