徳島で働き始めました。


by lulucchi

勝利のためのスタイル・・ブンデスリーガ28節・コットブスvsフランクフルト。

ブンデスリーガ、今節はJスポーツで3試合とも見ることができました。順位表を見つつ。

・ハンブルガーSV2-4シュツットガルト
いい試合。前半すごいゴール3つで0-3。それでもハンブルガーのアトゥバ、3人交代後の負傷で交代できない中、利き足に包帯巻いて必死にプレーしてた。ああいうシーン、見ていて泣きそうだ・・・。

・ブレーメン1-0ニュルンベルク
倉敷金子コンビがいうように、試合としては見所のない試合だったかと。ブレーメンは何とか優勝戦線に踏みとどまる。

・コットブス3-1フランクフルト
前節ブレーメン相手に0-0と大健闘したコットブスだが倉敷アナの話だと8-0-1-1というような超ドン引き陣形だったらしい。そして今節も再び。守備時PA内に8人とかいる状態は徹底的に守備してやるという強い意志の表れ。玉際は最後まで諦めず競りに行く。ボールとられたらファウルもらってでも取り返すディフェンスは健在。27試合でカード72枚というのだから割り切っているのだろう。正直プレーとしては美しくないけれども、自らの目指すサッカーを貫徹するという意味では断然支持するね。
フランクフルトは高原先発。前回は高原のゴールで勝利しており期待もされている。が、ここまでスペースがないと高原の良さはいかせんわな・・・。
試合は膠着状態の中フランクフルトDFのクリアミスをラドゥがしっかり詰めて先制。途中追いつかれるもののゴール前しっかり攻め込みオウンゴールで追加点とコットブスが勝利した。

これでブンデスリーガは1位から4位までが勝ち点6差、そして7位から17位までが勝ち点5差という至上稀に見る混戦となった。16位以下は降格となるのだがフランクフルトはギリギリの15位・・。コットブスやマインツ、アーヘンなど好きなチームは残ってほしいね。
[PR]
by lulucchi | 2007-04-11 00:57 | サッカー