徳島で働き始めました。


by lulucchi

緊急事態と消化不良-第6節 徳島vs水戸。

最下位水戸と0-0。詳細はJ’sGoalさんのこれ。ま、水戸とやるといつもこんな感じになっちゃいますね。試合は徳島が押していたけど、ゲームの雰囲気は水戸の感じだったと。

今日の試合は前節から大きく変更。GK,DFは変化なしだがボランチに挽地・丹羽。サイド(というかオフェンシブハーフ?)に岡本・小山。岡本は初先発だ。そしてFWには大島とルーキー麦田。麦田は本来はMFの選手だが羽地・小林の欠場で急遽出番が回ってきた。突如として野戦病院状態のヴォルティスだがこれを災い転じて吉とできるか。

試合はヴォルティスが押し気味に進めるものの決定的なシーンを作ることができない。大島・麦田ともにスペースを生かすタイプの選手だが人数をかけて守備を固める水戸のディフェンスには手を焼いている感じでした。もちろん質的に優位な状況を作ることもできるのだがどうしてもサイドに流れてしまいペナルティエリア内で主導権を握ることができない・・というのが試合を膠着させた原因といえるだろう。いなくてわかる羽地の偉大さよ。

後半には足を捻った大島に代えてルーキー高橋が登場。彼も本来はMFの選手だがあとの控えはDFの選手しかいないのだから仕方がない。去年の石田の例とかもあるように、希望とは違う場所での出場機会もこれからあるだろうし。最後攻め込まれる部分もあったけれども、守備に関しては危なっかしいという部分はほとんど見られませんでした。島津-西河-河野の三角形だけは何があっても崩しちゃだめですね。
ルーキー二人の評価については・・・麦田はちょっとサイドに流れてしまうきらいはあったけれども、積極的にプレスをかけていてよかったと思います。個人的には好きなタイプの選手です。高橋は出場後一時フリーでボールを持ったときに、本来のポジションの習性か周りを見すぎるところがあってそこが物足りなかったように思いました。とはいえ、終盤には積極的に攻勢をかけていたし、そこは評価していい部分に感じましたが。テクニックは非凡なものがありそうです。

今年ヴォルティスは3人のルーキーを獲得しています。ヴォルティス・アマチュアも形になってきました。これは去年までに比べて、自前で選手を育てていく意思の表れだと、私は感じています。人によりどう感じるかはわからないけれども、少なくとも僕はルーキーの選手にはもっとがむしゃらなプレーというか、多少の失敗があってもいいから積極的にチャレンジしてもいいのではないか・・と思ったり。金尚祐(彼も昨年のルーキーです)も一緒ですが、失敗があってもそれを上回るチャレンジ・成果を残せれば、それがチームに新しい風を吹き込むことになると思うのです。もちろん彼らの失敗は、中堅・ベテラン選手の献身的なサポートがあってリカバリされるのが望ましいわけですが。48試合、長い日程の中では今日のような緊急事態ももちろんあるのは仕方がない。ただ、そういうときこそチャレンジとリカバリの役割分担で応援に来たサポーターを魅せてほしいと思います。その点では、ちょい不完全燃焼な試合だったかもしれません。

とはいえ、今日の不満を明日の喜びに変えることができるのも試合を見た人だけの特権。ルーキーの成長を見守り「あいつのデビューはな・・」といえることができる日が、今日始まったとも言えるでしょう。引分による勝ち点1は最低限のものとして不満に感じるところもあるでしょうが、将来に種を蒔いたと思って今日はよしとします。

・・・・あーでも、やっぱり悔しい。水戸は全力であれなんだから、勝てる試合だったよなぁ・・・・・。
[PR]
by lulucchi | 2007-04-02 00:30 | ヴォルティス