徳島で働き始めました。


by lulucchi

失った2・初めて得た1-第4節 京都vs徳島

1-1。いや、勝てる試合だった。ヴォルティスの思惑通りに進んでいた試合だっただけになぁ・・。
あと一点、欲しかったですね。サマリーはJ'sgoalさんのを見て。以下感想。

・京都サンガFC(今期からチーム名変わりました)のマスコット(パーサ君・鳥)がアウェイにもやってくる。いいやつだ。それなのに売店で焼き鳥売るのはどうなのか。
・ヴォルティスは前節と同じメンバー。相手2トップをどう封じ込めるか。過去の対戦では押してることも多いのに、個人技でやられるというのが多かったしね・・。
・サンガはDFの軸、チアゴが怪我で欠場。代わりは秋田。角田秋田手島森岡て、すごいDFラインだ。
・立ち上がりは今ひとつ。呼吸が合っていないというか、中盤でキープできず相手主導の展開に。大きくサイドを変え攻め込まれるがラインを保ち崩されずに耐える。これが今年のいいところだ。
・とはいえ攻撃面では見るべき部分・・はあまりなく。今日こそ頼むよ。

・後半になってヴォルティスが押し始める。低い位置から両サイドの裏へとボールを入れるような戦術に代わった?前半は競り負けることも多かったが小山らが競り、ボールに大島や羽地が絡むようになる。この攻勢は見ていていい感じ。
・そして羽地の先制ヘッド!西京極初得点ですよ!高さを生かしました。盛り上がる徳島サポ。
・あせる京都は森岡が2枚目のイエローで退場。守備を欠いたまま攻めざるを得なくなる。
・ここからお互い打ち合いのような展開。京都の攻撃も島津を中心に耐え忍ぶ。
・攻撃面ではダ・シルバの果敢な走り、テクニックが随所に。いや、面白いわ。
・得点後片岡に代えて挽地・大島に代えてクレベルソン。二人ともよく走り回ってました。
・サンガの渡辺はすごい選手という噂だったが、ちょっと見る余裕ありませんでした。ただ、交代辺りから攻められる度合いは増えたかも知れないです。
・逃げ切れるかと思った終盤、ゴール前の混戦の中でPK判定。うーん・・どうなんだろうね。
・最後、小山の惜しいシュートもあったもののそのまま終了。京都から初めて勝ち点奪取。よくやった。あと少しで勝てていたから、悔しいけどね。少なくとも、今年の徳島は簡単に負けるようなチームではない・・ということを見せつけることはできたんじゃないかな。
[PR]
by lulucchi | 2007-03-21 20:53 | ヴォルティス