徳島で働き始めました。


by lulucchi

仙台戦とか新加入選手とか。

気づけば明日はもう、仙台との試合だったという移り変わりの速さ。
なんか一週間があっという間の感じでしたな。

まずはいいニュースから。
東京ヴェルディから、小野雄平選手がレンタル移籍。ポジションはボランチ・・が本職のようです。ここまで3年間で出場は3試合にとどまっていますが、ぜひともヴォルティスで出場機会を増やして、ゆくゆくは徳島で不動の地位を気づいて欲しいです。ボランチは激戦区だな・・・。


そして明日の試合。相手側予想フォーメーションはこんな感じらしい。システムは変えてこないようだ。
ベガルタ戦と言うとあの開幕戦を思い出してしまうのは郷愁が過ぎるのかもしれないが、あの試合のように受身にならず常に向かっていく姿勢を保って欲しいところだ。
明日の試合では今までと違う展開が予想される。今シーズンのベガルタといえば、強力なブラジル人3人(ボルジェス・ロペス・チアゴネーヴィス)の個人技の印象が強かったが、一方でその攻め手を封じられると脆いという諸刃の剣の様相も見せていた。
が、次節はロペスが欠場。さらに大柴・中島の起用でよりスムーズな動きが行われるだろう。
ロペスと共に熊林も欠場するので、中盤のボールの出だしに関して厳しいチェックを行えばあるいは優勢圏を確保することができるかもしれない。

徳島では石田・井手口が出場停止。おそらく大森・アンドレ・天羽の3バックで守りきることになるだろう。中盤に入る挽地・伊藤らが中盤を落ち着かせ、丁寧に攻めていきたい。先取点を取れれば、仙台の焦りを引き出せるはずだ。サポとしては、選手を声で支え、相手を押し込めていきたい。
[PR]
by lulucchi | 2006-09-12 23:19 | ヴォルティス