徳島で働き始めました。


by lulucchi

水戸戦をスカパーで観戦。

以下感想。

前節3点取った勢いで今日も水戸の守備(通称ミトナチオ)をこじ開けたかったんだが・・。
前半13分で10人になってしまっては、現状では厳しい。でも、その中で選手は必死に守っていた・・と思う。そしてサポーターも、少ないながら良く声が出ていてよかった。

失点はパンチで弾いたところをミドルシュートを打たれたもの。ペナルティエリア内を人数かけて守るという選択はよかったと思うが、いいシュートを打たれてしまった。何とかコースを寄せたかった・・。
攻撃面においては(運もあったけれども)相手の攻撃を凌ぎつつサイドからの活路を見出す・・という昨年のようなスタイル。ただ、今日は10人でフォローが少ないのと、クロスの精度がいまいちだったのが残念だった。攻撃の機会は同じように作っているのだが「決定的」なシーンが作れないのも、その辺にも原因の一端があるのかもしれない。片岡・大場とも非常に走ってはいるのだが・・。
走っていたといえば今日最も印象的に走っていたのは伊藤だと。トップ下での起用だと思われたがチームの緊急事態に最後尾まで戻って守備する献身ぶり。石田の退場でDFラインに下がっていたアンドレも良く動いていたのではないだろうか。

水戸自体の攻撃方針は守備を固めつつ前線のアンデルソンに回すもので、これ自体は以前と変わらないが、その一方でサイドを使った攻撃を見せたり緩急をつけるようになっていた。結果を残している・・ということもあるがいい意味で漸進的にチームを作っているのだろう。決定力がないのか高橋選手の頑張りか何とか耐えていたのだが・・。

終盤小林・大森を投入。大森は久しぶりの出場だ。大森の投入は次節井手口・石田を欠くDFラインへの布石?なのだろうか。2点目は必死にくらいついて欲しかった。
ただ、交代はしたものの戦術自体はあまり変化がなくどうにも攻めあぐねているという感じを崩しきれなかった。努力はしている。それをひらめきに、点を取るアイデアにもっとつなげてほしい。そのためにどうするのか、共通理解を、チームも、サポも。
[PR]
by lulucchi | 2006-09-10 04:11 | ヴォルティス