徳島で働き始めました。


by lulucchi

大日本@羽曳野大会観戦記(前編)。

8/21日、羽曳野に(羽曳野行くのって10年ぶりだ!)プロレス観戦へ。
今年、個人的には1月全日本・2月NOAH・4月DDT・7月新日本/ゼロワンMAXと万遍なく見に行ってることに気がついた。そして今日は大日本プロレス。そこに大阪プロレスとNEO、J2Kも協賛し、雰囲気はミニ「WRESLE EXPO」状態だ。見たことない選手も多いので楽しみだ。

会場となるはびきのコロセウムには5時に到着。スポーツセンターぽくていい会場だ。ロビーで待つと気がつけばそこかしこに選手が!こういうときの自分は超人見知りするので恥ずかしくてなかなか声がかけられないのだが、勇気を持って写真をお願いしたらちゃんとポーズをとって撮影に応じてくれた。嬉しい。こういう所が大日本のすばらしさだと思うよ。

1.J2Kタッグマッチ 金森・×佐々木vs○南斗・葉山
 ・地元団体の一戦。
 ・金森選手というのが妙に熱いのが印象に残りました。
 ・第1試合としてはいい感じじゃないかと。

2.NEO女子シングルマッチ ○田村欣子vs松尾永遠
 ・女子プロをライブで見たのは初めてだったのだが、ロックみたいな感じの王者「田村様」に 松尾選手が挑むという図式はわかりやすかった。
 ・田村様かっこええ。
 ・終盤のジャーマンからフォール合戦に行く部分はあわやと思わせる部分もあり手に汗握る。

3.シングルマッチ ○ビリーケン・キッド(大阪)vs塩田秀樹(フリー)
 ・「(いろんな意味で)神が降りる男」塩田が「ちょい悪ヒール」ビリーケンに挑む一戦。
 ・開始2秒でラリアートを一発もらい危うく3カウントとられそうになる塩田選手(汗
 ・四方のお客さんのリクエストに答えコーナーを変えつついたぶるビリー。ちょい悪だ。
 ・もうダメかと思わせて二ールキックで反撃する塩ちゃん。
 ・でもやっぱり負けてしまう。地力の差があるなぁ。時々いい攻撃を見せるのだから、どこかに腰を落ち着けてやっていけば、開花するんじゃないかって気もするんだけど・・。「神が降りる」というのも、一生懸命やってる現われが出てるんだと思うしね。

4.タッグマッチ ○ミラクルマン・Men'sテイオーvs大黒坊弁慶・×くいしんぼう仮面
 ・ミラクルマン・くいしんぼうは大阪プロ、テイオー・弁慶さんは大日本。ネタ試合の予感。
 ・ミラクルvsくいしんぼうの争いにレフェリーが巻き込まれ、危うく3カウントとられそうに。
 ・この体たらくにテイオーぶちきれ。「俺がレスリング見せてやる」くいしんぼうビビリまくり。
 ・と思いきや二人の戦いはどう見てもダンス。
 ・ミラクルさんと弁慶さん。どんな攻撃もデカイ弁慶さんには効かない。
 ・ミラクルが弁慶を羽交い絞めにしてテイオーが攻撃連発。そのたびに抑えてる味方のミラクルがコーナーに押しつぶされて息も絶え絶え。「わ、わざとやってますよね?」
 ・今度はくいしんぼうに対してコーナー攻撃。ミラクルの攻撃は成功するのに何度やってもテイオーの攻撃は迎撃される。ダメージ大でも無視してコーナーにテイオーを振り続けるミラクルさん。どう見ても仕返しです(ry
 ・最後はあっさりミラクルさんがくいさんをフォール。
[PR]
by lulucchi | 2006-08-22 04:10 | 雑記