徳島で働き始めました。


by lulucchi

vsヴェルディ戦プレビュー。

仕事で某メーカーの工場へ出張。すげえ。やっぱメーカーはすごいわ。
カイゼンへの努力が半端じゃない。

んで、帰りしなにエル・ゴラッソが駅売りされてたので買ってみる。
ヴェルディとの戦いは「同布陣・同戦術・違いは選手」という屈辱の見出しが。
キーポイントとなるプレイヤーとして、ヴェルディは前川崎のマルクスが、ヴォルティスは玉乃がフィーチャーされていた。ちなみに予想布陣はこんな感じ。
                               (参考:7/12神戸戦・練習試合)
      ジョルジーニョ  羽地                  小林   大島    
           玉乃                         伊藤
     片岡   挽地   大場             金尚佑  挽地  岡本
    石田 井手口 石川 金位漫           尾上 辻本 秋葉 天羽 
           島津                         高橋

同じ戦術。どちらが戦術通りの行動を徹底できるかが問われる「ミラー・ゲーム」。であるならば、このシステムを先に導入し磨きをかけてきたヴォルティスにも有利な点はあるではないか。
あるいは、あえてシステム/戦術を変えて奇襲を挑むこともできるが、たぶんやらないほうがいいだろう。
どこまで愚直にマルクスを抑えられるか。どこまで自分達のサッカーで押しとおせるか。
相手チーム首脳陣の急造シフトに後塵を拝するようなことがあれば、それはヴォルティスの戦略の大きな間違いを意味する・・そのくらいの気持ちで戦ってほしい。
[PR]
by lulucchi | 2006-07-15 22:12 | ヴォルティス