徳島で働き始めました。


by lulucchi

鳥栖戦戦評

片岡・玉乃・ジョルジーニョと攻め手が復活して期待大、守備では鳥栖・新居をどうやって押さえ込むかが大事な試合であった。
守備に関しては何度も破綻しそうになりながらもよく守ったという印象。ただ、正直そこからどうやって攻撃に繋いでいくのかが前半はあまり見えなかった。チャンスはあっても前線に人数がおらず、クロスがあわない。またサイドても数的不利に追い込まれてしまう。フィールドを広く使う意識はあるけれども チーム全体でのおしあげがたりない・・。もっとサイドから追い越してボールを貰うようなサッカーがみたいけど・・・。
攻撃ではジョルジーニョの素晴らしいフリーキックにはしびれた。後半、大島を入れてFW三人でパワープレイを仕掛けた時の攻めは迫力があってよかったんだけど・・・後一点が遠かった。
あれ位の積極性を、中盤の苦しい時間帯でみられないものだろうか・・・。

個人的にはこれから何週かスタにいけないだけに、悔しい敗戦でした。次、勝ってくれよ。
[PR]
by lulucchi | 2006-07-02 00:39 | ヴォルティス