徳島で働き始めました。


by lulucchi

コンフェデ杯 日本vsギリシア


どちらも負けが許されない一戦。日本は4バックを導入、前線に玉田を入れてきた。

開始早々はギリシャのペース。フィジカルを生かして進むギリシャを日本は止めることができず、ファールで止めるしかない。が、全般に動きは鋭くなく、中央からの日本の突破を再三許すことになる。中央で中村・小笠原・中田・福西が上手くポジションを代えてボールを繋ぎ、高いラインから1タッチで前線に繋いでいく。これに前線2人やドイツで変身した加地(ここまでになるとは・・)が絡んでいき何度も決定的なシーンを作り出す・・・・というかあそこまで決定機作りながら・・。もう少し冷静さがほしい。

様々に作られた決定機の中でも18分の加地のシュート、39分の中村から玉田へのパスからの絶好機など、見ごたえはあった。

試合は後半。後半からギリシャは高さを生かしたプレーで攻めこむ・・が足が止まっている。レーハーゲル監督も色々手はうつものの、間延びするラインをどうしても抑えられない。実質キーパーのニコポリディス一人でこらえている状態。時にはゴール外まででてボールを必死にクリアしている。それでも、その頑張りが効を奏して日本は得点を奪うことができない。

そして76分、もどかしいこの状況を打開したのは大黒!中村からのパスをすりぬけて受け、丁寧にゴールに流しこむ!これがほしかったんだよ・・・・。その後遠藤・中田浩を投入して逃げ切った日本が、予選突破に望みを残した。

日本1-0ギリシャ 得点:76.大黒

・とりあえず加地はブンデスにいってドイツに備えたほうがいいんじゃないか。それくらい素晴らしい出来だった。
・それを引き出した中村・小笠原の前線もいい出来。
・FWは・・・。大黒先発でいいんじゃないの?
・アレックスは技術はあるのにそれを前へどうして向けないのか。
・DFは1回だけバックパスのミスがあったけど、高さに対してきっちり最後まで意識を保ってきた。いいことだ。

ってメキシコ1-0ブラジルかよ!メキシコのラインをあげた守り方はすごいな。
これで日本は、ブラジルに勝つしか道が残されないのか・・・・。正念場だ。
[PR]
by lulucchi | 2005-06-20 01:58 | サッカー