徳島で働き始めました。


by lulucchi

ヴォルティスvsコンサドーレ@スカパー観戦記。

2つの海を越えて札幌ドームにコンサドーレ札幌との一戦を迎えるヴォルティス。前節勝利した勢いをこの試合にも繋げたいところだ。一方の札幌は前節仙台に大敗。気を引き締めてくるか、それとも悪い流れを断ち切れないか。

両チームのスタメンは以下の通り。

徳島                札幌
   羽地  小山          中山  相川  
     伊藤             上里  砂川
 金       大場      和波       岡田
   秋葉  筒井            西嶋
 小峯 挽地 谷池       池内 曽田 西澤
     高橋               菅野
徳島は前節と同じ。札幌は1ボランチに西嶋を起用。攻撃的な布陣だ。

試合は開始早々札幌の強い攻め。開始早々やられてしまった前回を教訓に、早い寄せと前へ前へと進むボール回しで試合を支配する。その結果前半1分、6分とゴール前いい位置からのFK。が、このシュートはクロスバー。ヴォルティスはなんとかこの苦境をしのぎきる。

札幌は1ボランチの分攻撃に厚みがあり、ボールを奪ってから数的優位な状況を生かして素早くゴールを狙う戦術。一方のヴォルティスは後方でゆっくりボールを回しつつ、DFの間をすりぬけゴール前への飛び出しを狙う。この戦術は効果が結構あって、札幌のカウンターに対してもそれほど決定的なシーンを作られることがない。が、一方で攻め手という点では多少力不足の部分もあり、前線では羽地がキープするもののフォローが少なく孤立していい形に持ちこむことができない。どちらのチームも、サイドはお互いつぶしあっていてDFの裏を取れずにいる感じだ。

拮抗していた試合は30分過ぎから動き出す。札幌がカウンターからの速攻よりも人数をかけて圧力をかけはじめたからだ。中央から高さを生かして、あるいはコーナーからと攻め寄る。相川・中山に加え、セットプレーではDFの曽田も上がってくる。しかし、ここはヴォルティスDFがラインを揃えて防御。越えたボールもGK高橋が積極的な飛び出しでカバーする。この辺りの連携は甲府戦のころに比べて非常に向上している。前半はこのまま終了。ヴォルティスとしては、後半一撃を決めて逃げ切るだけの有効な武器が必要だ。

後半早々の札幌の攻撃を5バック気味に落ちついて処理すると、ヴォルティスはゴール手前からのクロスをペナルティエリア陣内へ入れる攻撃で反撃する。左サイドからの大場のクロスが何度かいい角度ではいってくる・・・が札幌のゴール前も固くなかなか決定機を作ることができない
。さりとて中央から攻めあがると仁王様の如き曽田が立ちはだかる。(今日の曽田は攻守にすごかった・・・)

停滞した前線を打開すべく伊藤に代えてトップ下に片岡を投入。本来はサイドの選手だが、監督コメントにもあるようにトップ下で打開を図ってほしいという思いでの投入だが、札幌に傾きかけた流れを止めることはできない。

が、今日はヴォルティスゴールキーパー、高橋選手の日だった。

73分には途中出場の札幌・石井との1対1からのシュートを弾き出し、
74分にはDFを振り切ってサイドから駆け上がった曽田のシュートもカバー。
83分には石井との再びの1対1を鋭い飛び出しで止め、
85分にはまたもや曽田の打点の高いヘッドをDFと協力して食いとどめる。
その後も札幌の攻撃は止むことがなかったが、その間にも富士・小林と次々にフレッシュな選手を投入。なんとかドローに持ちこんだ。

終わってみれば何とか勝ち点1をもぎ取った感のあるこのゲームだが、一言でいえば「ノリヲ様ありがとう」というゲームといえる(Optaが楽しみだ)。けれども、相手の形ではありながらもそれを食いとどめた・・・という試合でもあり、また2位との勝ち点差を9にとどめた・・という意味でも、やはり全員の力で乗りきった試合ともいえる。次節は首位の京都戦。最後まであきらめず、粘り強い戦いをすれば結果はついてくるはずだ。



 
[PR]
by lulucchi | 2005-06-12 23:24 | ヴォルティス