徳島で働き始めました。


by lulucchi

vs湘南ベルマーレ@スカパー観戦記。

平塚での湘南戦。前回の対戦では2度追いつくも最後に突き放される悔しい展開。今節ではそのリベンジを狙いたい。

両チームのスタメンは以下の通り。

徳島          湘南
  大島  羽地         柿本
    伊藤            加藤
富士      金    坂本       鈴木
  筒井 秋葉       佐藤   中里
挽地 谷奥 谷池  城定 田村バリシッチ 永里
    高橋            小林   

前節のレッドカードで白井を欠いている湘南は田村を内にいれて城定を起用。ヴォルティスは前節好プレーを見せた挽地がスタメン、昨年までベルマーレにいただけに古巣に意趣返しができるか。
サブメンバーとして湘南はJFL佐川東京から獲得した池田を登録。一方のヴォルティスは小山が初登録、原田も名を連ねている。

試合は序盤から攻勢を強めたい湘南が風上を選択。序盤から佐藤がミドルシュートを放つなど中盤からプレッシャーをかける。が、中盤でのプレスはヴォルティスの方が強く、すぐにサイドからきりこんでいく。4分にはゴールラインまで進んだ伊藤の絶妙な折り返し。左サイドからは富士のスペースを突いた攻め上がり。そして8分。富士からのクロスを中央フリーになった大島がヘッド。こぼれたボールを金位漫が押しこんでゴール!!。ボールを綺麗に繋いだ徳島らしいゴールで先制する。
その後も流れはヴォルティスに傾く。その後も両サイドの領域を確保。前線にボールを送りこむ。特に富士は前半空いたスペースを一気に駆け上がり、何度となくいいボールを供給していた。湘南はバリシッチを中心にゴール前の制空権を元に守ろうとするがいくらかスキが多く、羽地・大島に惜しいチャンスが何度か訪れる・・・・が、惜しくもゴールには結びつかない。
一方の湘南も全体的な旗色は悪いものの加藤望が中央で存在感を見せ、前線への柿本へとボールをつないでいく。柿本も前回と同じくDFを振りきりながらゴール前に飛びこんでくるが、挽地、谷奥が必死に食いついてゴールを許さない。
なにより中盤での早いチェックが効を奏して湘南に攻めの形を作らせない・・・のだが、32分。ゴール前へのボールに飛びこむ中里を金が倒してしまい黄紙。PKを与えてしまう。位置は微妙だったが・・・。これを加藤望に決められて同点とされてしまう。試合はそのまま前半戦を終えた。

後半に入っても序盤は徳島優勢。7分には大島がゴール前でシュートチャンス。そして9分には相手キーパーとDFが交錯するチャンス。が、これを決められない・・・・。
対する湘南は形成逆転を狙って幾つか手をうってくる。まずは前半好調の富士に対して鈴木・中里が厳しくチェックに入る形を選択。コースをさえぎられた形の富士は持ち味のドリブルによる攻め上がりが見られなくなってしまう。不足した攻撃面ではDFを下げて佐野を投入。後半になって中央のスペースを生かし始めた佐藤・加藤から柿本・佐野の両FWにボールを供給する形を作り出す。これが効果的。一気にヴォルティスは劣勢になってしまう。魔の時間帯だ。
この攻撃でセカンドボールが拾えず苦しいヴォルティスは伊藤に代えて小山を投入。小山はJ初出場だ。中盤での機動力を取り戻す作戦に出る。中盤での攻防は湘南のカードを次々に表に出す。左からの攻撃ができる池田のJ2初投入。舵取りとして疲れの見える中里に代えて浮気を。プレッシャーが襲いかかる。けれどもこれを秋葉・筒井の両ボランチのカバーリング、挽地の柿本への激しいマーク。谷池・谷奥と合わせた守備でゴールを割らせない。コーナーからの佐藤の危険なクロスも高橋がしっかりセーブする。
防戦一方だった徳島にも逆転のチャンスが訪れる。82分、審判への抗議?でバリシッチがこの日2枚目のイエローカード。退場。謎な判定だ・・・。これで10人の湘南に徳島が襲いかかる・・が、どうしてもゴールを奪うことができない。ロスタイムには秋葉が痛恨のイエロー(累積で次節出場できない)。結果は1-1のドロー。徳島は秋葉を、湘南は白井に加えてバリシッチをも次節失うと言うまさに痛み分けの結果となった。


えーと・・・いい流れのサッカーはできている。できているんだけど、流れを変えることのできる瞬間がなくって、そのままずるずるいってしまうというか・・・・。おそらく、ゲーム全体の流れを見る事ができる余裕がまだできていないんだろうけれども、そういった部分をもっと後ろから鼓舞していけるといいんじゃないかな・・・と思ってみたり。あと、伊藤を下げた後に攻撃にアクセントをつけられる選手が出てくるといいのかもしれない。そういう意味では今日ベンチ入りした田中や原田がどこまでできるのか。次節は好守の要である秋葉を欠くだけに、そういった部分でそれだけ新しいことが見えるのか、それを楽しみに見なければいけないのだろう。今日のPKは不運だったと思うけれども、それ以外はチーム全員が自分のタスクをきちんとこなしている・・感じではある。次節、不安もあるけれども楽しみに応援しよう。
[PR]
by lulucchi | 2005-05-15 22:19 | ヴォルティス