徳島で働き始めました。


by lulucchi

ライバルを知れ(コンサドーレ札幌篇)

徳島ヴォルティスは30日、鳴門で札幌を迎え撃つ。
ここまでの札幌は9位ながらも、京都・福岡といった上位勢に対して2分けとしぶといところを見せている。昨シーズンは大きく崩れて最下位と低迷していたが、今シーズンは加賀・高原といった旧磐田選手をレンタルで獲得。昨シーズン足りなかった部分の補強を着々と進めている。
ところで、札幌の布陣はヴォルティスと同じ3-5-2。ここまでJ2で継続してこのシステムをとっているのはこの2チームだけであり、ある意味システムの機能性を問う一戦でもある・・・が、ここにきて前節に引き続き左サイドの和波の出場が微妙だという話。やりくりが必要になってくるだろう。おそらくDFの西嶋をいれてくると思うが・・・。ちゅうか西嶋といい曽田といい、元FWって紹介が多いな・・。
ここ5試合でわずか1得点と精彩を欠いていた相手攻撃陣。おそらくヴォルティスDF陣の身長から考えて、今節も両サイドからひたすら上げて、FWの高さで勝負するという形になると思われる。まずはサイド攻撃をはやめにチェックすること。高さのある相手FW陣・・特に中山を自由にさせないこと。あとは・・後半のがんばりですね。
一方のヴォルティス。攻撃面はいい形を作れているので、180cmを超える札幌DFに対抗するためにも、足元への正確なパスがポイントになってくると思われる。前節でもいい動きをしていた伊藤。あるいは終盤に出てかきまわす事のできる田中。引きつけて羽地・大島へのいいチャンスメーク。そして正確なシュート。とにかく速い段階での先取点・追加点で、相手に戦術変更を余儀なくさせる戦いを仕掛けてほしい。
[PR]
by lulucchi | 2005-04-28 14:25 | ヴォルティス