徳島で働き始めました。


by lulucchi

ライバルを知れ(ヴァンフォーレ甲府戦)

今節は金曜日、4月15日に鳴門にてヴォルティスvsヴァンフォーレが行われる。初のナイターだ。
ここまでヴァンフォーレは2勝1分け2敗と奇遇にもヴォルティスと同じ順位。前節では新布陣の効果か、鳥栖に3-1と快勝している。だが、この試合では鳥栖が後半に2人の退場者を出すなど荒れた展開。必要以上に警戒をすることはないかもしれない。
<ヴァンフォーレ 予想布陣>
   バレー   小倉
石原         水越
   倉貫   藤田
杉山 オリベイラ 池端 津田
       鶴田

それよりも甲府を気をつけなければならないのはセットプレイだ。ここまで甲府の得点は11点。そのうちの7得点がCK.FK.PKなどいわゆるセットプレイからの得点になっている。(ところで、ヴォルティスって開幕の石川のFK以外にセットプレイってあったっけか・・ちょっと気になる)中でも藤田のキックはどの位置からでも十分いいボールを供給できるいい選手だ。ゴールに近い距離なら「レフティーモンスター」小倉のキックもある。チーム唯一の代表経験者としてチームの武器となる。ゴール前でのセットプレイではバレー(190cm)、オリベイラ(186cm)といった選手めがけてボールが飛んでくる。とにかくセットプレイは与えたくないチームだ。
一方でそれは流れの中からの特典が少ないということでもある。まずは中盤でのボール保持率を高めて、相手にチャンスの目を作らせないことが重要になってくるだろう。そして、守備では相手に前を向かせないこと。前節では危険なクロスを守備陣一体となって多々弾き出しただけに、今週末も楽しみにしています。
[PR]
by lulucchi | 2005-04-13 12:59 | ヴォルティス