徳島で働き始めました。


by lulucchi

ライバルを知れ(サガン鳥栖篇)

ヴォルティスは26日、ホーム鳴門にサガン鳥栖を迎える。
ここ数年の鳥栖というと、正直戦う以前の部分が多いチームだった。一言でいうと、長期的なビジョンがない、そういうチームだ。だが、今年は運営母体も変わり、意欲的な補強も行っている。また、監督も2年目とあって、今年は目指すべきスタイルを徐々に構築していく年になるのではないか。なおかつ、ここまでの成績も1勝2分けと好調だ。
先に今シーズンの基本布陣を記しておく・・・と思ったら、キャンプ中の3バックからいきなり4バックに変更。おそらく守備の安定を狙ってのことだと思うのだが、まだその効果が発揮されているとはいいがたい。
<予想布陣>
    鈴木   氏原
   (筑波大) (名古屋)
  高橋      宮原      
           (福岡)
    落合  ビジュ
         (京都)
 矢野 井手口 八田 山道
(G大阪)    (広島)
     シュナイダー

とはいえ、その内の6人が今期の新戦力。まずはセーフティーにいくというのは常道というべきだろう。
そんな中好調の中心にいるのが、何といってもGKのシュナイダー潤之介。今季からキャプテンになった効果か開幕からファインセーブを連発し、チーム総失点も1点(!)、チーム自身も6位となかなか好調の中心にいる。とにかく1対1でのシュートに抜群の反応を示しており、それほど安定していない(特にサイド)守備陣を鼓舞している。以前からビッグセーブもする代わりにやや不安定な出来もあったりと波のあるキーパーだったけれども、大変身したのだろうか。
一方で総得点数が2というのはこちらは不安な数字だ。それでも横浜FC戦では大卒の鈴木が積極的にシュートを放ってきているものの、まだ中盤での主導権を握るには至っておらず、まだまだこの状況では心もとないといったところか。現段階のtotoでも徳島の勝利予想が50%を超えていることも、優勢な中盤を軸に押し切れると踏んでのことであろうし、実際その公算は高い。しかしながら、鳥栖には両サイドに竹村・小石、サブFWに新居と流れを変えることのできる選手も多く、その点は脅威だ。

ヴォルティスとしては、まずはどんな形でもいいから先取点がほしいところだ。鳥栖の松本監督は「意識的に負けないこと」をコメントの節々に強く意識させる監督だが、それは裏を返せばモチベーション勝負がJ2の大きなポイントであることをも示している。ホームで早めの得点をとれば、勝利の可能性はぐっと大きくなる。そのためには相手のサッカーに付き合わず、サイドからの攻めで相手の裏を取っていくことだ。
[PR]
by lulucchi | 2005-03-24 01:55 | ヴォルティス