徳島で働き始めました。


by lulucchi

京都戦。それと今の思い。

昨日は西京極まで京都との試合を見に行ってきました。
結果は1-2で敗戦。途中までは本当に見ていて辛かった。

今シーズン思うのが、とにかく一歩目の動きが鈍い。相手が難しいところにボールを入れてきた時に、誰が対処するのか判断に躊躇している感じ。結果として動きが後手になるし、怖がってハードに行けていない。

最近では最終ラインの選手が上がるのを抑えた感じになっているので以前よりは安定したように一見見えるけれども、それでも人数をかけて守っているような感じでもないので不安定な局面もあったりする。逆に追い越すような動きはほとんどないから、前線の選手は囲まれたり入念にケアされてしまい余計に苦しくなっている。
チーム内の連動もないし、前線から守備ラインまではコンパクトでないし、頑張っている選手も多かっただけに本当に見ていて辛かった。

リスクとチャレンジは表裏一体だと思うのだけれど、なんだか今のサッカーにはチャレンジがないような気もするのですよね・・・。

昨日の試合でワクワクしたのは、太田が投入されてから。今シーズン初出場だった選手がサイドを切り裂いて相手陣内に攻め込むことで、相手を下がらせることに成功する。そこでやっとチームにエンジンがかかったような感じ。とは言え、追いつめられての覚悟という感じでその攻撃には確かな手ごたえという感じはなかったような気もしたり。もちろんワクワクしたけれど。ドウグラスは今シーズン初ゴールかな。結果が出て本当によかった。
守備陣の頑張りや他にもとっても頑張っているのはすごくわかる、わかるんだ・・・


色々な人の文章を読んでいると、今は我慢の時といったような論調を見かけるのだけれど、本当にそうなのだろうか?今していることが、数年後に花開くと考えているのだろうか?
ここ数年のヴォルティスは、言ってみればとにかく手持ちのものを成熟させることに全力を費やしているような感じだった。ユース・大学生の育成は低い優先順位に置かれ、今戦える選手層を充実させることで順位を上げてきたように感じていたり。去年から今年というのは、それが一番実る時期だったじゃないのかって。

でも今のサッカーは新しいメソッドでチームを作り直す作業をしているように感じていたり。これはヴォルティスが本当に望んでいたことなのだろうか?もしそうなのだとしたら、何年かのちを見据えているのなら、今年も(そして去年も)日本人の新人を獲得できていない現状はそれに合致する施策だったのだろうか?もちろん他チームの若手や外国人選手による補強はあったのだけれども・・・。種をまかなければ、花は咲かないのに。

とにかく今はチームに他をねじ伏せるようなポリシーを感じない。
チームがどんなだって応援するのは変わらないけれど、それでもヴォルティスがどこへ向かっていくのかぐらいは知っておきたいなぁと思ったりするのです。

でも、やっぱり本当は今いる選手が得意なプレーで頑張って、笑顔で勝利してサポーターと気持ちを分かち合いたいよ。やっぱり今の喜びが欲しいのです。
[PR]
by lulucchi | 2012-05-15 00:01 | ヴォルティス