徳島で働き始めました。


by lulucchi

今の目標を決めよう。

色々考えてしまって書けないのはいやなので、とりあえず更新。

ヴォルティスの試合、水戸戦は1-2で敗戦。
福岡戦や甲府戦は正直見るのが辛い試合だったけれど、今日の試合は選手の気迫を見ることができたと思っていたり。少なくとも大きな意味のある試合だったと思う。

一つ目はシュートの本数で相手を上回ったこと。
サッカーはシュートを打つ競技ではないけれど、打たなきゃ入らない。

二つ目はPKで点が入ったこと。徳重選手が点を決めたこと。
どんな形でもいいから、点を入れることが大事だ。取らなきゃ勝てない。

そして三つ目は試合終了後、ミスをした選手が悔しさを表に出し、そして周りの選手が支えていたこと。
今日の試合中には多くの選手が闘志を表に出していたし、そしてそれがたくさんの繋がりを生んでいた。
シュートだけは相手GKの好守に阻まれてしまったけれど。

この前の試合、わたしはその場に居なかったので何も言えないけれど、聞いた話だと「選手は頑張っているのだから」とチーム関係者の人は話したという。
頑張るのは誰だって当たり前。それが所作や状態に表れているのがプロなのだと思う。
だから、甲府戦はダメだったし水戸戦はダメではないのだと私は感じている。
もちろん、勝つのが一番いいのだけれど。


少し話を広くすると、徳島のサッカーは正直うまくいっていないのが現状だ。
わたしの個人的な意見からすると、それはサッカーの方法を変えたからだと思っている。

美濃部監督のサッカーは守備においてはリスクを抑え、個人の能力や発想を生かして攻撃するサッカーを志向していたように感じる。
それはそれまで不安定だった守備の改善に成功し、それからセットプレーなどでの攻撃力の強化に顕著だったかなぁと。
一方で、個々の能力に依存するため起用される選手が限定されたり、より強力な選手層をもったチームとの対戦で苦戦するといった結果もあった。

一方小林監督のサッカーではまだその全貌を窺うことはできないが、おそらく志向しているサッカーは守備陣の攻撃参加であったり前線の流動的な攻撃であったり、リスクをとって従来よりも複雑な攻撃をしようとしているように感じる。
ただ、その場合において一つのミスが致命的な結果を引き起こしたり、それから、より連携の習熟が必要になってくるのではないだろうか。それは力の低いチームがJ1で生き抜いていくためのドリルのようなものだ。昇格勢の明暗を見れば、それは確かに必要なことなのかもしれない。

現状の戦術的問題点で言えば、そのドリルが体得できていない、ということなのだろう。そこに得点できない焦りが加わっているのかもしれない。とは言え、その問題の一つは今日の試合で改善の兆しがある、と思ったり。
得点はPKだったけれど。


そして一番難しい戦略的な問題点、それはチームが当初の目的を達成できなくなりつつある、ということだ。

ヴォルティスは11試合を終えて勝ち点8。目標勝ち点は84だから残り76を31試合で取るためには1試合当たり2.45の勝ち点が必要だ。2010年、柏で38試合を勝ち点80で優勝したのだから現実的な難しさはわかるだろう。必要とされる勝ち点のラインが下がらなければ、達成は困難な状況だ。

そこで取るべき方法は二つ。6位を目指し、より現実的な戦術に修正するか。
それとも今年は来年への種まきとして、戦術の習熟と若手の底上げを図るか。

二つを求めて果たせないよりも、どちらかを目指して努力する時が来ているようにあります。
チームにとって今の目標はどちらなのでしょうか?
[PR]
by lulucchi | 2012-04-30 21:53 | ヴォルティス