徳島で働き始めました。


by lulucchi

ちょっと頭を休めてみては。vs福岡@スカパー。

昨日の代表戦は面白い試合でした。
結局は、自分たちの持っている武器をどう生かすか、ということだと思うのです。
これまでは中村や本田や遠藤や…そういった個の話ばかりで、それをどう連動して生かすかという話がなかったように思います。
長谷部や阿部がサポートし、大久保が足りない部分を埋める。
チームでは彼らが主役の一人だと思うけれども、代表における自分の必要な役割を果たしてエッセンスを加えるプレーは非常に楽しいものでした。あと、川島は称えなければいけませんね。
正直言えば、このままスタメンで彼を使ってほしい。今の状況も、4年後も含めて。


昨日はスカパーで福岡戦を見ていました。0-1で敗戦。
福岡はいいサッカーをしていましたね。中町はともかく、永里がこんなにいい選手だとは思いませんでした。あと、中払はよく見てるなぁ。
ヴォルティスも今年タレントが増えました。島田や柿谷、濱田に徳重、青山に倉貫と中盤の豪華さはJ2でもかなりのものだと思います。ただ、不振に陥ってからはそれが有効に生かされているとは思えない戦いが続いています。

福岡戦でも、長所を生かせず押し込まれる展開を見ました。もちろん反撃もしていたけれども…それは散発的で、ちょっと無理なプレーな感じも。
でも、動けていないわけではないと思うのですよ。
以前であれば、明らかにスタミナ的な問題で運動量が落ちるチームもあった。でも今年のチームではそういう感じではない。どちらかというと、リスクを恐れていたり、プレーへの共通認識が醸成されていず足が動けていない、そういう感じがしました。

昨年であれば攻撃は徳重・羽地を軸に石田・倉貫・柿谷らが絡む。そういった感じがありました。
ベテランの選手がいるから、若い選手も思い切ってプレーできる。守備でも同様な効果がありスンジンや登尾が成長したのは記憶に新しいところです。
今年はそこに迷いが見られます。守備はラインを上げられず、中盤は誰を軸にしているのか分からず、若い選手は責任に焦りと戸惑いを見せている。

個人的なことを言えば、今年のメンバーはもっと上の順位を、あわよくば・・・と考えられるような選手層だと思います。でも、結果が出なくてもそれはそれ。やりたいことを懸命に努力していく姿が
大事なのではないかと。脂の乗ったベテランと勢いのある若手が融合していられる年数を考慮して、どういうチームを作り、どう組み立てるか、そのあたりはチームの状況次第なのだと思います。

なんだかプレッシャーが多すぎてあまりよくない感じではないのでしょうか。
とりあえず頭をリフレッシュして、もっと話し合ってこういうサッカーをやっていこうと、そういう方向に進んでいくといいように思います。
[PR]
by lulucchi | 2010-05-31 10:12 | ヴォルティス