徳島で働き始めました。


by lulucchi

ヒリヒリするゲームが見たい。vs柏@日立台

ようよう帰ってきました。
まぁ、なんというか・・・厳しいゲームでした。
でも、本来ならば0-6になるゲームではなかったと思うのですよ。
スコアが問題なのではなくて、一番問題なのはゲームマネジメントを放棄したことではないかと思うのです。


以前にもこんなゲームを見たことがあります。あの時はアンドレが退場して中盤でまったくつなげなくなり、ゲームが崩壊していました。監督も気持ちが切れていたし…。
今日の試合、美濃部監督はどう見ていたのでしょうか。いっぱい語ってくれているけれど、正直よくわからないのですよ。


今回の試合をシーン毎で見るのならば、まずは両サイドを徹底的に狙われたということ。その結果ラインが下がってしまいよいときに見られたときのようなコンパクトなサッカーが指向できなかったという問題。

先制点を早めに与えてしまったことにより、気持ちに焦りが生まれ、またラインが下がってしまったことで(運にも左右された部分はありますが)ファウルがPKを与えることになるなど致命傷になってしまったこと。

前線と最終ラインが大きく広がってしまったため中盤に大きく穴ができ、青山や濱田が必要以上に走らされ終盤にかけて疲弊してしまったこと。フォローも少なかったし、狙われていましたね。

決定機の少ないことへの焦りから決定機に臆病になったり、無理なシュートを狙ってしまっていたこと。

スンジンの交代は仕方ないことだったけれども、あの局面で徳重や六車を入れたことはどうだったのだろう?と思っていたりもします。

勝ちに行くサッカーが見たいけれども、でも、それが厳しいのなら最後まであきらめないサッカーが見たい。
相手に嫌がられるサッカーが見たい。
戦力差があるのなら、それを相殺できるようなそういう真剣勝負が見たいと思います。
[PR]
by lulucchi | 2010-05-17 10:13 | ヴォルティス