徳島で働き始めました。


by lulucchi

誰かの代わりができる人。vs岐阜@ポカスタ

5日に行われた岐阜戦は終わってみれば4-0の大勝。気持ちよかったですね。
とはいえ、前半が終わった時点ではこの結果はなかなか予想できませんでした。
倉貫からの絶妙なパスにうまく反応した平島のシュート、あれがいろんな靄を吹き飛ばした感があります。
津田のバースデーゴール、濱田のミドル、徳重のだめ押し。そこから全てがうまく機能していましたね。

一方で好調だった岐阜を無失点に抑えた守備陣。
こちらのほうはいくらか危ないシーンもあったけれども、それでもこれはいけるんじゃないか、という予感を前半からもたらしていました。個人的にポイントとしてあげたいのはスタメンに戻った青山の守備。彼がヴォルティスの守備に落ち着きをもたらしたように感じます。わたしがライターなら彼をMOMに挙げます。
そう特筆すべき点は2点ありました。
まず第1には相手がボールを持った場合での寄せとブロック。攻撃時のボールの展開能力、大きなパスだしでは六車に一歩譲る感のある青山ですが、その代わりに相手がボールを奪取した時点での激しい寄せと潰しは大きな魅力です。実際のところ、こういうプレーで青山の代わりができる選手は今のヴォルティスにはなかなかいないような気がします。昔でいえば秋葉・鎌田・ダシルバがそういうキャラクターに近かったでしょうか。
寄せが外れても相手の攻撃は多くの場合遅延され、鋭さを失った攻撃は三木・登尾の網にからめとられていました。
第2にサイドバックが上がった後のフォロー。ここのところの失点パターンの多くに、上がりきった状態でのカウンターで最終ラインが3人しかおらず、マークがあいまいになったり振り切られたりというものがありました。
結果的にサイドが上がれずさらに攻撃できない悪循環に。
ところが今回の試合では、三田が上がった後のポジションに青山が入ったり…ポジションの相互補完が頻繁になされていました。これはシーズン序盤、ヴォルティスがよかったころにもよく見られていた事象のように感じます。
そういえば三田選手も今回は非常によいプレーを見せていました。ベテランらしい落ち着きが売りの選手だと思っていましたが、今回では勝負どころでは緩急のついたプレーとよいクロスを披露。輪湖のような上がりを見せるシーンもありました。自分らしさとチームコンセプトをうまく融合させたプレー、というのでしょうか。

サッカーのよいところは誰がどのポジションをする…という部分にとどまるのではなくて、ゲームの中で各自がお互い補完しあいながら数的優位を形成していく部分にあると思います。「彼にしかできないプレー」というのももちろん大事なのだけれども、それはチームの強化ではなくてあくまでも個人の強化。
先制点を取った平島選手も含め今日いいなと思った選手も強烈な個、というよりも全体の中で生きてくるタイプの選手。でも、それは決して「誰かの代わり」なのではなくて、全体の状況の中で、その部署で生きる自分の持ち味を遺憾なく発揮することでなしえた殊勲だったのではないか、と思ったりもします。

シーズンを通して長い変動の中、うまくいかない時期もあるとは思うのだけれども…なかなか正しい答え、というものがすぐに見つかるわけでもないし、それはそんなに簡単なものであるとも思えないように感じます。
けれども、その中で今ある環境で足りない部分をどう埋めていくのか努力する人。今あるものに接木しながら少しづつでもよい状況を作り出そうとする人に非常に感動させられた一戦でした。
本当にありがとう。
[PR]
by lulucchi | 2010-05-07 17:25 | ヴォルティス