徳島で働き始めました。


by lulucchi

昔の勉強も役に立つ。

不思議なもので、29日に入れていた仕事の予定が、人員が確保できたので休みになりました。
親友の引越しを手伝う約束をしていたのですが、昨日トラックが確保できて無事終わりました。

めぐりあわせ、というものはあるのかも。
そう思うと、昔学んだ天命という言葉が思い出されました。

かつて日本学科というけったいなカテゴリで学んでいた私にとって、一番つらかった授業が日本思想史でした。江戸思想?ちょっと面白そうと思ったのが運の尽き。授業…というより実習であったそれは、毎時間予習として10P、荻生徂徠が論語について記した白文を口語訳まで持っていくことが必要なのでした。
レ点つけて、書き下して、さらに現代語訳。
しかも生徒が11人しかいないので、ほぼ必ずどこかのページが当たるのです。
それをとっていた学生は二人で、あとは院生でした。ヤラレタ。

毎週死にそうになりながら予習を作っていくとある日突然スラスラとできるようになる…なんてことは勿論なく…というか哲学ぽいから訳してもそこから意味を考えないといけないという…

そんな中であった天命という言葉。五十にして天命を知る。
よく、その言葉から悟りを得たとか、逆にこうだから仕方がないとか、そういう風にとらえてしまうけれども。
奇跡的ななんとかとか、そんな解釈する人もいるけれども。
そうではなくて、すべての物事はすでにそこにあって、単に自らが知るということなのだと。
知って、どのように行動するのかということが大事なのだ…という言葉を10年ぶりくらいに思い出しました。

そうしたら、とりあえずやれることをやるしかないんじゃないか、と思ったり。
意外と勉強って役に立つじゃない。

とりあえず、行ってみようと思います。
[PR]
by lulucchi | 2010-04-29 10:38 | 雑記